『オンキヨー』の検索結果(1ページ目)

地デジとラジオ?オンキヨーの新ネットブックはスゴイ

オンキヨー株式会社は2010年1月21日、地上デジタルテレビチューナーを内蔵した「C411A6」とFM/AMラジオチューナーを内蔵した「C411A5」を2月中旬より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、「C411A6」が5万4,800円(税込み)、「C411A5」が4万9,800円(税込み)。「C411A6」には、Mini PCI Expre…

3Dノートパソコンも登場!オンキヨー、ノートPCの秋冬モデルを発表

3D元年と言われる今年は、パソコンメーカー各社が3Dパソコンを投入しており、3Dノートパソコンまで登場している。そうした3Dパソコンの市場に対して、オンキヨーも一石を投じる。オンキヨーは、A4ノートパソコン「R5シリーズ」をはじめ、長時間バッテリー駆動サブノート「M5シリーズ」、及びフラッグシップスリムタワー「S…

音楽再生環境にこだわった オンキヨーの直販専用秋冬モデル

低価格、3D映像、ゲーム、SSD、コンパクト、スリムなど、何かコダワリを持たせているパソコンは多い。2010年9月30日にオンキヨーから発表されたBTO対応の直販専用モデル「DS715」「DR515」「DM515」は、音楽再生環境を追求したパソコンだ。全モデルにオンキヨー独自の音楽試聴・管理ソフト「PureSpace Music」、音質劣化の…

タブレット市場の覇者となるか!オンキヨー、Android 2.2端末の魅力をさぐる

今後拡大が予想されるタブレット端末市場にいち早く対応し、2010年9月にWindows 7 Home Premiumを搭載した「スレートPC」を発表したオンキヨーが、新たな端末を発表した。オンキヨーは2010年12月、既存のノートブックのラインアップとは一線を画す個性的なモバイル製品「パーソナルモバイル」の新シリーズとして、オープン…

オンキヨーは音が違う!こだわりがハンパでない4シリーズ【Sandy Bridge特集】

ほかのメーカーとは一味違うこだわりのパソコンを投入してきたオンキヨーが、インテルの第2世代Core i プロセッサー(Sandy Bridge)を搭載したマシンを発表した。店頭販売モデルとして高性能スリムタワー「S7シリーズ」、スタンダードスリムタワー「S5シリーズ」の2シリーズを1月22日から順次販売するが、その中で「S721A…

小型ボディに機能を凝縮!2万円台と格安で手に入るオンキヨーのスタイリッシュPC

3DノートパソコンからAndroid 2.2タブレットまで、幅広いラインアップが魅力のオンキヨーが、ONKYO DIRECT直販専用のコンパクトPC「DP315」を発売した。しかも、最小構成モデルで通常3万4800円のところ、ONKYO DIRECTの1周年記念キャンペーンとして2万9800円と格安で提供しているのだ。最大の特徴は、小型軽量のボディだろ…

オンキヨーの切り札か!8万円台でも凄い高性能ゲームPC

オンキヨーは、エムゲームジャパンが提供する大規模対戦型MMORPG「KNIGHT ONLINE Xross」の大型アップデート「Under the Castle」に合わせ、「KNIGHT ONLINE Xross」の動作推奨モデルとして、「DT6200-KX」「DT515-KX」の2モデルを発表した。最小構成価格は、「DT6200-KX」が8万4,800円(税込み)より、「DT515-KX」が5万9…

オンキヨーが人気ゲーム「TERA」をプリインストール!ハイエンドマシンを投入

今夏最大の注目を集めているMMORPG「TERA」がついに本格稼働する。それにあわせて推奨パソコンやグラフィックスカードが登場している。こだわりの高性能ゲームPCを提供し続けているオンキヨーは、「TERA」動作推奨にとどまらず、「TERA」をプリインストールしたハイエンドパソコン「DT6200-TERA」を発売したのだ。ベースと…

オンキヨーのPC部門に変化 SOTECからONKYO、そしてMoneualへ【デジ通】

オンキヨーと言えば老舗オーディオメーカーだが、PC部門もあった。あったというのは以前ソーテックの株式を取得するなどし、PC市場に進出するなどしていたが、持株会社制に移行したため状況が変化した。オーディオ部門は「オンキヨーサウンド&ビジョン株式会社」、PC部門は「オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社…

節電PCやロボット掃除機も! オンキヨーが家電へ進出【デジ通】

先日、オンキヨーのPC関連部門であるオンキヨーデジタルソリューションズ株式会社について解説した。この会社が取り扱うモニュエル(Moneual)の製品を紹介しよう。モニュエル社はオンキヨーデジタルソリューションズの親会社になるので、今後は同社関連商品の取り扱いが増えることが予想される。となると、いままで扱って…

オンキヨーデジタルソリューションズ、業務端末向け10.1インチAndroidタブレット「TA2C-55R3」を12月17日に発売

業務端末向けAndroidタブレット「TA2C-55R3」を発売!オンキヨーデジタルソリューションズは11日、10.1インチAndroidタブレット「TA2C-55R3」を2014年12月17日(水)に発売すると発表しています。価格はオープンプライスながら直営Webストアでは28,000円(税抜)となっています。業務端末向けとして広視野角液晶を採用し、…

オンキヨーがONKYOブランドのAndroidスマホを2017年夏にも発売へ!富士通と協業し、SIMフリーで初年度10万台の販売をめざすと報道

オンキヨーブランドのSIMフリースマホが来年登場へ!写真は協業する富士通のarrows NX F-01J日本経済新聞は23日、オンキヨー(ONKYO)が富士通子会社の富士通コネクテッドテクノロジーズと共同開発で自社ブランドのAndroidスマートフォン(スマホ)を2017年夏に発売する計画だと報じています。記事ではスピーカーなどで培…

オンキヨーが富士通とタッグで2017年にスマホを発売と発表会で表明!最新スマホ「arrows NX F-01J」は協業第1弾で高音質に、タフネスさと虹彩認証も向上【レポート】

富士通のスマホは新製品4モデルと法人向け1モデル!オンキヨーとの協業も富士通コネクテッドテクノロジーズは25日、都内にて「最新スマートフォン・携帯電話の発表会」を開催し、すでに発表されている12月上旬発売予定のNTTドコモ(以下、ドコモ)向けスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01J」などの製品説明などを行…

オンキヨー、富士通と協業したハイレゾスマホ「HI-RES SMARTPHONE」(仮称)を公開!CES 2017で展示し、2017年に発売へ

ONKYOブランドのハイレゾスマホが参考出展!オンキヨー&パイオニアイノベーションズは6日、アメリカ・ラスベガスにて2017年1月5日(木)から8日(日)まで開催されていた世界最大級のIT・家電関連イベント「2017 International CES(CES 2017)」にてハイレゾ音源に対応したAndroidスマートフォン(スマホ)などを展示す…

オンキヨー、高音質オーディオプレーヤーとして使えるSIMフリースマホ「ONKYO GRANBEAT DP-CMX1」を発表!2月末発売予定で、価格は約9万円――楽天モバイルなどのMVNOも販売

オンキヨー&パイオニアのSIMフリースマホ「GRANBEAT DP-CMX1」が正式発表!2月末に発売予定オンキヨー&パイオニアイノベーションズ(以下、オンキヨー&パイオニア)は26日、高音質デジタルオーディオプレーヤーとして使えるSIMフリーのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「GRANBEAT…

オンキヨーの高音質音楽プレーヤー&SIMフリースマホ「GRANBEAT DP-CMX1」が予約受付開始!大阪・日本橋ではタッチ&トライができる期間限定カフェをオープン中、発売記念キャンペーンも

高音質音楽プレイヤー&SIMフリースマホ「GRANBEAT DP-CMX1」が予約中!オンキヨー&パイオニアイノベーションズ(以下、オンキヨー&パイオニア)が2月末に発売予定の高音質デジタルオーディオプレーヤーとして使えるSIMフリーのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「GRANBEAT(型番:…