ワコム、Samsung GALAXY Note 3およびGALAXY Note 10.1 2014 Editionにペン入力技術「Wacom feel IT technologies」を提供!Sペンはさらに使いやすく



Wacom feel IT technologiesがGALAXY Note 3などに採用!

Wacom(ワコム)は18日、Samsung(サムスン電子)が今月4日(現地時間)に独ベルリンで発表した最新スマートフォン「GALAXY Note 3」およびタブレット「GALAXY Note 10.1 2014 Edition」の2機種に同社のモバイル機器向けに最適化した独自のデジタルペン入力システム「Wacom feel IT technologies(以下、feel)」が採用されたと発表しています。

これまでも初代「GALAXY Note」をはじめとした「GALAXY Noteシリーズ」で採用されてきましたが、GALAXY Note 3などでは、feelによる「Sペン」機能がさらに進化して使いやすくなっています。なお、GALAXY Note 3は国内でも10月以降に発売されることが明らかにされています。

Wacomのfeelは、電磁誘導式によるデジタルペンセンサーシステムによるペン入力技術、いわゆる“デジタイザーペン”技術です。ペン側に電磁気を誘導する仕組みを内蔵し、ペンを近づけたりすることでも反応するほか、筆圧検知にも対応し、繊細な描き心地によるペン入力が可能となっています。

スマートフォンとして初めて2011年にGALAXY Noteに搭載され、2012年にはGALAXY Note 10.1、GALAXY Note IIおよびATIV Tab 7、ATIV Tab 5に採用、2013年にはGALAXY Note 8.0とATIV Tab 3へとさらに搭載機種が増えてきました。

Samsungの協力はさらに進展し、今回発表されたGALAXY Note 3およびGALAXY Note 10.1 2014 Editionで合計9機種がfeelを採用したことになるということです。

GALAXY Note 3などで進化したSペンは、これまでの「ノートテイキング」の概念を超えて、ユーザーがスマートフォンを使うための操作をより簡単で効率的に行うために重要な役割を果たすようになっているとのこと。例えば、ペンをスクリーン上にかざした状態(ホバリング)でSペンのボタンを押すと、「Air Command」が起動し、スマホ上でのタスクを素早く簡単に処理するための5つの機能が表示されます。

このAir Commandの機能の1つ「Action Memo」は、手書き入力が可能なことはもちろん、入力した情報を即時にファイル化したり、その内容をコマンドと解釈して自動的にタスクを実行できたりします。さらに、素早く電話をかけたり、コンタクトリストへの新規 連絡先の追加や地図上での住所検索、Web検索、To Doリストの追記などといった作業も簡単で効率的に行えるとしています。

もう1つの機能である「Pen Window」では、Sペンをマルチタスク用ウィンドウを開くために使用し、好きな場所に、好きな大きさのウィンドウを作り、YouTubeや電卓、Webブラウザーなどのアプリをそれまで使用していたアプリを中断せずに、利用することができます。

これらのGALAXY Note 3などで対応した機能は、Wacomの高性能デジタルペンと1チップコントロールICにより実現しているということです。

Wacomでは、今後も、さまざまなモバイル機器上でのfeelの採用を広め、モバイル機器のより直観的で楽しく、クリエイティブな使い方を提案していくそうです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Wacom - 【プレスリリース】 ワコムのfeel™テクノロジーズによって、サムスン電子GALAXY Noteシリーズ新モデルがさらに進化、  Sペンによる新次元の体験を実現

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…

【デジカメ調査室】トリプルブレ補正機能を搭載したキュートなデジカメ「FS1」

「FS1」は、薄さ24.2mmのスリムなボディに、600万画素CCDとトリプルブレ補正機能を搭載したコンパクトなデジタルカメラ。2月9日より発売が開始され、カラーバリエーションは、シルバー、ブルー、ピンクの3色。価格は、オープンプライ…

【ケータイラボ】ほぼフルスペックの高機能ケータイ「W52T」

3インチのワイドVGA液晶画面(800×480ドット)にワンセグ、デジタルラジオ、おサイフ機能にBluetoothなど、現在auの携帯電話で考えられるほとんどのスペックが詰め込まれた高機能端末「W52T」が発売になった。ただ、auの高速通信規格「…

【気になるPC】世界初!Vista新機能″SideShow″搭載のノートPC「ASUS W5Fe」

ASUSから、SideShowを搭載した世界初のノートPC「W5Fe」が発売された。SideShowとは、「SideShowデバイス」というPC本体とは別のデバイス接続して、SideShowガジェットというVista上のソフトウェアから表示を制御する機能だ。W5Feではこ…