実写版『黒執事』クランクアップに水嶋ヒロ&剛力彩芽がコメント、劇中ビジュアルも初公開


 累計発行部数1500万部突破、月刊「Gファンタジー」で連載されている枢やなの人気コミック『黒執事』。水嶋ヒロ、剛力彩芽出演で大きな反響を読んでいる本作の実写版映画がこのたびクランクアップし、主演の二人のコメントと、劇中のビジュアルが公開された。

 『NANA』の大谷健太郎監督と、アニメ『TIGER&BUNNY』のさとうけいいち監督がタッグを組み撮影された本作品は、原作から約130年後、アジアの都市が舞台のオリジナルストーリー。巨大企業ファントム社を経営しているイギリスの名門貴族ファントムハイヴ家。男子しか当主になれず、そして代々継がねばならない掟に従い、ファントム社を守る末裔の幻蜂清玄(げんぽうきよはる)だが、その正体は男装の少女・汐璃(しおり)だった。そんな彼女に課せられた難事件解決という女王の勅命。この任務と巨額の財産を“ある復讐”に利用するため、汐璃は完全無欠の執事セバスチャンと契約を結ぶことになる。

 4月1日よりクランクインし、北九州、山口などを中心に5月中旬までオールロケ撮影が敢行された実写版。セバスチャンを演じる水嶋ヒロは、シャープに見えるよう体重を50キロ台に落とし、約4ヶ月間に及ぶアクション練習を経て過酷な撮影に臨んだ。彼が身にまとう特注デザインの燕尾服姿などの衣裳のほか、剛力彩芽演じる主人・幻蜂汐璃(げんぽうしおり)のリビングを飾る豪華なシャンデリアやアンティーク家具、燭台、高級食器といったセットに至るまで、作品の美しい世界観を忠実に再現。国内外で高く評価されている原作がどのように実写化されるのか、続報を期待して待ちたい。

■セバスチャン・ミカエリス役:水嶋ヒロのコメント
「1か月半に及ぶ久しぶりの撮影は、コツコツと地道に進んで行く、まるで登山をしているかのような感覚でした。無事撮影を終え、頂上に辿り着いた時と似たような達成感を味わっています。剛力さんが演じる汐璃はとても素敵で、発する言葉から滲み出る苦しみや悲しみを感じる度に鳥肌がたちました。とても輝いていて、その眩しさに少しでも近づけるようにと思いながら取り組んでいました。この作品には超一流のスタッフが集結しているし、皆さんに楽しんで頂ける素晴らしい作品に必ずなると信じています。20代最後の、俳優として頑張る自分の姿が記録されている記念の作品でもありますし、これから公開が終わるまで、引き続き『黒執事』に力を注いでいきたいと思います」

■幻蜂汐璃役:剛力彩芽のコメント
「撮影が終わってしまって、とても寂しいです。撮影していた映像がすごく綺麗でしたので、これからCGなども加わりどういう画になるのか今からとても楽しみです。水嶋さん演じるセバスチャンは、完璧でスマートな役ですが、水嶋さんのお芝居も本当に完璧で、アクションの動きや手の動き一つ一つが綺麗で、この作品の見どころになると思います。私はついていくだけでしたが、本当に主演が水嶋さんでよかったです」

映画『黒執事』は、2014年 新春公開

【関連記事】
剛力彩芽が男装姿を披露、水嶋ヒロ主演の実写版『黒執事』でファントムハイヴ家の末裔に
世界に通用する“煌めき”を持った人間、水嶋ヒロが“完全無欠の執事”に

『黒執事』 - 公式サイト
@kuroshitsuji_m - 『黒執事』公式Twitter

MOVIE ENTERのTOPへ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…

「すごく綺麗で驚いた」イケメン水嶋ヒロ氏も脱帽の新VIERAケータイ

携帯電話の発表会と聞けば、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルなど、キャリア主催の発表会がよく知られているが、最近では、携帯電話を製造しているメーカーが独自に発表会を開催するケースが増えてきている。2009年5月20日、キャリ…

おもしろフォトで遊びは無限大!充電一発で1.000枚のスタミナ撮影【09夏を撮り尽くすデジカメ】

今年も夏休みの開幕だ。夏といえば行楽のシーズンというわけで、夏の思い出は写真でしっかり残しておきたいものだが、なかなか夏の思い出通りの写真を残すのは簡単ではない。それもそのはず、夏だからといっても使うデジタルカメラは普…

広角から望遠まで!HDムービーも12倍ズームで屋外撮影バッチリ【09夏を撮り尽くすデジカメ】

今年も夏休みの開幕だ。夏といえば行楽のシーズンというわけで、夏の思い出は写真でしっかり残しておきたいものだが、なかなか夏の思い出通りの写真を残すのは簡単ではない。それもそのはず、夏だからといっても使うデジタルカメラは普…

映画人のジャンプを撮影!アレックス・マヨーリ氏の写真展「ONE JUMP!」

株式会社リコーは、東京・銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において、マグナム・フォト所属Alex Majoli(アレックス・マヨーリ)氏の写真展「ONE JUMP!」を2009年9月2日より開催した。●映画監督の北野武氏もジャンプ!「ONE JUMP!」…