ゴールデンウィークの旅行にまだ間に合う!ホテルの有線LANに接続できる小型Wi-Fiルーターを試す【レビュー】


ホテルの有線LANサービスでスマートフォンをWi-Fi接続

世間はもうすぐゴールデンウィーク、皆様のご予定はいかがでしょうか。当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」をご覧になっているような方であれば、旅行を考えるときにもスマートフォンタブレットの通信環境が気になる方も多いかと思います。

そこで、今回紹介する小型Wi-Fiルーターを使えば、滞在先のホテルで提供される有線インターネットに接続して、スマートフォンやタブレットをWi-Fiで接続することができるようになります。ゴールデンウィークの旅行のお供にもおすすめできる、この小型のWi-Fiルーターを紹介していきます。

実は、こうした有線LANを接続する小型のWi-Fiルーターは、いくつかの商品が販売されているのですが、今回紹介するのはロジテックの「LAN-W300N/RSW」です。ヨドバシカメラマルチメディア札幌で税込2,950円で購入しました。Wi-Fi規格としてIEEE802.11n/g/b(11nは2.4GHz帯のみ)に対応し、スペック上の最大通信速度は300Mbpsです。

本体はマッチ箱程度の大きさで、スマートフォンと比較しても非常にコンパクトです。この小さなボディの中に、Wi-Fiルーターとしての機能が入っているという事実に驚きを隠せません。

【iPhone 5(写真=左)と比較して小ささが際立つ】
mini_router_001

モバイル環境での利用が想定されているためか、電源はmicroUSBで供給します。付属のACアダプターのほか、スマートフォンにmicroUSB経由で充電するためのACアダプターや、(実用的かどうかはともかく)モバイルバッテリーでも電源供給可能です。また有線LANを接続するEthernet端子は、インターネット側とLAN側のそれぞれに接続する端子が備わっています。


【本体上部に電源供給用のmicroUSB端子】
mini_router_002

【本体下部にEthernet端子。ホテルのLANケーブルは右側の「INTERNET」へ】
mini_router_003

Wi-Fiルーターの稼動状態を表すインジケーターランプは本体左側面に装備。こんな小さなボディーですが、通常のWi-Fiルーターと同様のランプを一通り備えています。


【側面のインジケーターランプで動作状態を確認できる】
mini_router_004

本体裏面にはWi-FiのSSIDとパスワード、およびアプリから自動接続させるためのQRコードが印刷されています。このSSIDとパスワードを用いて手動で接続を確立することももちろん可能です。また接続処理を自動化するWPS(Wi-Fi Protected Setup)を起動するボタンも裏面にあります。


【裏面には接続情報の印字が。下部の黒丸部分がWPSボタン】
mini_router_005

【WPSボタンを押すとルーターのWPSランプが点灯して接続を待ち受ける】
mini_router_006

このWi-Fiルーターと接続を確立する方法として、手動設定やWPSを用いる方法の他に、スマートフォンアプリを用いる方法があります。iOSとAndroid向けに「QRでかんたん接続」というアプリが提供されており、このアプリでルーター裏面のQRコードをカメラ撮影することで接続情報をスマートフォンに登録できます。ただこのルーターの場合はQRコードの印字が小さすぎるため、アプリでうまくQRコードを読み取れない場合がありました。簡単な接続はスマートフォンと組み合わせて使うWi-Fiルーターの肝なので、メーカーには改善をお願いしたいところです。


【アプリでWi-Fiルーターに接続可能...だがうまくいかない時も】
mini_router_007

肝心のWi-Fiルーターとしての性能も気になるところです。フレッツ光ネクスト(下り最大200Mbps、上り最大100Mbps、プロバイダーはぷらら)の回線に本ルーターを経由してWi-FiでiPhone 5を接続して、通信速度測定アプリ「Speedtest.net Mobile Speed Test」で速度測定を行ったところ、下り20Mbps以上、上り40Mbps以上の通信速度を得られました。実用上十分な速度で利用できそうです。


【iPhone 5と組み合わせてWi-Fi通信にトライ】
mini_router_008

【ボディは小さいが通信速度はWi-Fiそのもの】
mini_router_009

最近ではホテルが宿泊客に無料Wi-Fiサービスを提供するケースが珍しくなくなりましたが、その一方で有線インターネット「のみ」が無料で提供されていてWi-Fiが使えない時の悔しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。そんな時の備えとして、旅行や出張のお供にWi-Fiルーターを用意してみるのはいかがでしょうか。このジャンルの製品は各社から発売されており、価格も1,000円台から選ぶことができます。ゴールデンウィークのお出かけにもまだ間に合いますよ!

記事執筆:えど(吉川英一)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
充電機能も搭載!驚きの低価格で購入可能な「Logitec Androidタブレット用ワンセグチューナー LDT-1SA01 」を試す【レビュー】 - S-MAX - ライブドアブログLAN-W300N/RS(ロジテック)

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【気になるトレンド用語】″FON″は無線LANの無料天国をつくれるか?

最近、ITニュースなどでも、盛んに"FON(フォン)"という無料で使える無線LANの話題をよく見かけるようになりました。無線LANはケーブルレスでネットに接続できる便利な方法ですが、どうやって"無料"になるのでしょうか?今回は、無料で…

【モバイル通信の実力チェック】ついに夢の2Mbps超え!高速通信カード″FOMA M2501 HIGH-SPEED″を徹底チェック

先週のモバイル通信の実力チェックでは、イー・アクセスが提供する最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバンド"を利用できるモバイル端末"EM・ONE"の実力を検証した。実はNTTドコモも、最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービス…

【アキバ物欲】外国人・コミケ族にも大人気!アキバ唯一の「カプセルホテル」

秋葉原(以下アキバ)は、家電やパソコンの街として世界的にも有名な人気スポットだ。そんなアキバも近年ではサブカルチャー(以下サブカル)の街として国内だけでなく海外からの観光客が訪れている。今ではアキバを訪れる観光客の目的…