各社高速データ通信サービスにおける通信速度制限内容まとめ!docomo Xi、SoftBank 4G、EMOBILE LTE、UQ WiMAXの違いは?



shimajiro@mobiler

LTEやモバイルWiMAXといった高速データ通信規格を利用したサービスが各社で導入されてきている。そういった中で通信速度が増すと、通信量も増えることから各社とも一定量のデータ通信を超えるとなんらかの制限を導入する施策を行なっている。

今回は、3月にイー・アクセスが「EMOBILE LTE」が開始したので、各社のLTEサービスおよびWiMAXサービスの通信速度制限内容のまとめた。

区分算定期間閾値制限内容参考URL
docomo Xi直近3日間約1GB通信速度が遅くなる事がある。ご注意事項
当月7GB上下共に最大128kbpsに制限。
2GBごとに2,625円支払いで制限解除
※2012年10月以降に適用
SoftBank 4G当月5GB上下共に最大128kbpsに制限。
2GBごとに2,625円支払いで制限解除
※2012年10月以降に適用
プレスリリース
EMOBILE LTE直近24時間300万パケット
(約366MB)
21時〜26時の間、通信速度を規制。
2014年5月以降、当月ご利用のデータ通信量が10GBを超えた場合、 当月末までの通信速度を制御。
よくあるご質問
UQ WiMAX制限なし


NTTドコモとソフトバンクモバイル(SBM)のLTEサービスについては、2012年10月以降の利用分について、通信量が一定量を超えると速度制限を実施(追加支払いで制限解除可能)するサービスとなっており、事実上「準定額」サービスと言える。

EMOBILE LTEについては、NTTドコモやSBMのように月間の通信量での制限は行われていないものの、直近24時間の通信量が366MBを越えるとトラフィックの多い夜時間帯の通信については制限が行われる。ただし、月間の通信量による規制は2014年5月以降に実施の予定とのことなので、これはしばらく先の話のこと。

今のところ、モバイルデータ通信サービスで唯一速度制限を行っていないのはUQ WiMAXのサービスで、速度制限などなどがなかったので、引越する前は自宅回線として使っていたし、特に一人暮らしの場合は、自宅回線として悪くない選択肢かなと思っている。

記事執筆:shimajiro


shimajiro@mobiler
各社のLTEサービス&WiMAXの通信速度制限内容まとめ | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コ…