日本だけにこだわるな!App Storeランキングで上位を目指す秘訣とは【iPhoneでチャンス掴め】


App Storeでランキングを駆け上がるための最初の関門は、カテゴリ25位以内(ゲームではサブカテゴリ25位以内)に入ることだ。広告やプレスリリースなどでそこまで入れることができると、あとは、いいアプリであれば、自然の力でランキングを駆け上がれることが多い。

しかし、人気のないカテゴリだとカテゴリで25位以内でも総合ランキングに入ることは難しい。そう、一番手堅いのは総合ランキングに入ることなのだ。

iPhone端末では300位まで見ることができるが、一般の人はなかなか見ないだろう。そういうわけで、総合50位以内を目標にしている業者は多いのだ。

例えば、日本の無料総合ダウンロードランキングでは、1日6000ダウンロードあれば50位以内になるとされる。それで10位近辺まであがり、その効果による総ダウンロード数が3万ダウンロードだとすると6000ダウンロードのための予算で36000ダウンロードが獲得できるわけだから、獲得コストが6分の1になる。300円かかっていたのが50円で獲得できるとなれば、事業としての採算があってくる。

このような「ランキング施策」といわれるマーケティング方法は、ガラケーでも、専門ポータルサイトでもよく行われてきたことなのだ。


最近、Distimo社というアプリのトラッキング専門業者より、主要国における、無料総合50位以内のランキングを獲得するためのダウンロード数が発表されたのでシェアしたい。

無料総合50位以内のランキングを獲得するためのダウンロード数
アメリカ合衆国:25000ダウンロード
中国:10000ダウンロード
日本:6000ダウンロード
韓国:5000ダウンロード
英国:5000ダウンロード
ドイツ:3000ダウンロード
フランス:3000ダウンロード
イタリア:2000ダウンロード
カナダ:2000ダウンロード
オーストラリア:2000ダウンロード

これを見ていると、日本はランキング上位を獲得するのに予算のかかる方の国だとわかる。
もし、広告予算がある企業なら、まずはイタリアやカナダから始めたらいかがだろう。テストマーケティングを少ない予算でやりたいときにはもってこいだからだ。

これからアプリを作るなら、言語依存や文化依存のアプリを作るよりも、ワールドワイドに販売できるようなアプリを作る方がおすすめだ。日本の他に、このようにたくさんの国があるのだから。

RainbowApps - iPhoneアプリ開発を学ぶなら1000人が受講したEagleが運営する東京校が一番!
成長率 888% 毎日 50万台増える Androidアプリに参入しよう。Androidマスターコース
人気のAngryBirds風アプリやスーパーマリオ風アプリが簡単に作れちゃう。ゲームアプリコース
iPhoneの日米人気アプリランキングをチェックするからRainbowApps

【iPhoneでビジネスチャンスを掴もう】の記事をもっと見る
儲かるアプリを真剣に考えろ!iPhoneの世界でゲリラ軍が生き残るには
ジョブズはルパン三世みたいなヤツ!今さら聞けないジョブズの黒歴史
iPhone 4S発売開始!iOS5化で開発者の新陳代謝を促すAppleのロジック
安く発注することはよいことか!焼き畑と化したスマホ業界の真実
これからはAndroidアプリで一攫千金?アプリ開発からデザインまで学べるAndroid講座開設

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…