NTTドコモ、Android 4.0 IceCreamSandwich搭載スマートフォン「GALAXY Nexus SC-04D」を発表!11月に発売予定



Nexusシリーズがドコモから登場!

NTTドコモは、19日、次世代Android OSとなる「Android 4.0(開発コード名:IceCreamSandwich)」を搭載したサムスン電子製スマートフォン「GALAXY Nexus SC-04D」を開発したことを発表しています。2011年11月に発売予定ということです。

Googleが提供するAndroidプラットフォームの最新バージョンに対する標準的な機能を搭載するリファレンスモデルとして発売されている「Nexusシリーズ」の最新モデル「GALAXY Nexus」のドコモ版となります。

02


昨日行われた「2011-2012冬春モデル 新商品・新サービス発表会」でドコモからも発売されることが公言されていましたが、香港でグローバル版のGALAXY Nexusが発表されたことを受けて、正式に発表された形となります。

docomo NEXT seriesにカテゴライズされ、GALAXY NexusとGALAXY Nexus SC-04Dの違いは、ハードウェアとしての違いはほとんどなく、背面のロゴ以外はほぼ同じとのことです。また、発売時期も世界で最初のグループに入っているそうです。

ただし、ドコモ版GALAXY Neuxs SC-04Dは、グローバル版GALAXY Nexusで対応しているLTEについて、ドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」は利用できないという。また、GALAXY Nexusには、本体内蔵メモリが32GB版も用意されているが、GALAXY Nexus SC-04Dは、16GBのみとなっています。

sc-04d_sl_f


スペックとしては、4.7インチHD(1280×720ドット)の有機EL「Super AMOLED」ディスプレイ、510万画素CMOSアウトカメラ、130万画素CMOSインカメラ、チップセットに1.2GHzデュアルコアCPU「OMAP4460」、本体メモリは、ストレージに16GB、RAMに1GB、外部メモリは非対応となっています。

カメラは、30fpsのフルHD(1080p)の動画撮影や再生が可能。Android 4.0搭載で、YouTube HDや9人同時チャット対応「ハングアウト」などが利用できます。ハングアウトは、Googleのソーシャルサービス「Google+」の登録が必要とのことです。このほか、カメラで顔を認識させてロックを解除する「フェイスアンロック」も利用可能です。

サイズは、大きさが約68×136×8.8mm、質量が約135g。spモード、GPS、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps)、無線LAN(Wi-Fi「IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 3.0+HS、Flashをサポートしています。エリアメールに対応していますが、受信できるのは緊急地震速報のみとのことです。おサイフケータイやワンセグ、赤外線、防水・防塵には非対応。ボディカラーは、チタンシルバー(Titan Sliver)の1色のみ。

03


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
GoogleとSamsung、Android 4.0 IceCreamSandwich搭載スマートフォン「GALAXY Nexus」を発表!11月発売開始 - S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア - ライブドアブログ
NTTドコモ、明日19日にGoogleとSamsungが発表予定のAndroid 4.0 IceCreamSandwich搭載最新スマートフォンを11月に発売へ - S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア - ライブドアブログ
報道発表資料 : 「docomo NEXT series GALAXY NEXUS SC-04D」を開発 | お知らせ | NTTドコモ
docomo NEXT series GALAXY NEXUS SC-04D | 製品 | NTTドコモ

■関連記事
本日発売開始!Xperia PLAY SO-01DはAndroid 2.3.4搭載で本体のみで画面キャプチャが可能【ハウツー】
パワフルで使いやすい、美しいOSを――Google、Android 4.0 IceCream Sandwichの国内向け説明会を開催【レポート】
Motorola、LTEに対応した厚さ7.1mmの薄型Androidスマートフォン「DROID RAZR」を発表
コレクション要素で意外とはまる!ハロウィンをテーマにしたゲーム「Prize Claw Halloween」【Androidアプリ】
NTTドコモ、GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dのフロントカメラに不具合でソフトウェア更新を提供開始

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…