ドコモスマートフォン向けウイルス対策「ドコモ あんしんスキャン」が提供開始!本当に「あんしん」なのかウイルスを検出させてみた【レポート】


見ないに越したことはない警告表示だが...

ドコモのAndroidスマートフォン向けにウイルス対策ソフト「ドコモ あんしんスキャン」が7/1より提供開始されています。コンピュータウイルスからスマートフォンを守り、安心して利用できるようにするこのアプリ、果たしてどのくらい「あんしん」なのか、実際にこのアプリをインストールしたXperia arcにウイルスプログラムを忍び込ませて検証してみました。

「ドコモあんしん スキャン」を利用するためには、まずアプリをAndroidマーケットからダウンロードします。アプリのインストール後にアプリを起動すると、以後はスマートフォンに常駐してコンピュータウイルスから端末をガードするようになります。

【「ドコモ あんしんスキャン」アプリをAndroidマーケットからダウンロード】
docomo_virusscan_001
【アプリの初回起動時にはウイルス定義ファイルが更新される】
docomo_virusscan_003

アプリが常駐するようになると定期的に端末のスキャンや定義ファイルの更新が行われるようになるほか、アプリの画面から手動でこれらの操作を行うことも可能です。

【アプリ画面からはユーザー操作によって「スキャン」と「更新」が可能】
docomo_virusscan_004

さて、それではいよいよ端末にコンピュータウイルスを忍び込ませます。今回使用するウイルスは「EICAR」と呼ばれており、ウイルス対策ソフトの動作検証用に広く使われるものです。あくまで検証用なので、このファイル自体がウイルスとして悪事を働くことはありません。このEICARを、端末のSDカードにコピーした状態でスキャンを実行すると、警告が表示されウイルスとして検出されました。

【「ドコモ あんしんスキャン」がウイルスファイルを検出】
docomo_virusscan_005

ウイルスが検出された画面で「削除するには〜」という部分をタップすると、ウイルスのファイルを削除することができます。端末がウイルスの脅威から守られた瞬間です。「あんしん」というアプリの名に恥じない働きはしてくれそうです。

【検出されたウイルスファイルは「ドコモ あんしんスキャン」から削除可能】
docomo_virusscan_006

「ドコモ あんしんスキャン」はドコモのAndroidスマートフォンであれば、アプリやウイルス定義ファイルの更新を含めて全て無料で利用することができます。Xperia arcで利用する限り、特に動作が遅くなったりということはありませんでした。未知の脅威からあなたのAndroidスマートフォンを守るための強い味方となってくれるのではないでしょうか。

記事執筆:えど(吉川英一)


[Image] QRコードアプリ名:ドコモ あんしんスキャン
価格:無料
カテゴリ:ツール
開発者:NTT DOCOMO
バージョン:1.0.0.017
Android 要件:2.1 以上
Androidマーケット:http://market.android.com/details?id=com.mcafee.vsm_android_dcm

btn_android


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
NTTドコモ、Android搭載デバイス向けウィルス対策サービス「ドコモあんしんスキャン」を7月1日から提供開始(S-MAX)


■関連記事
ブルーに光る謎のキューブ!コイツは一体ナニモノ!?「i-BLOQ」【キワモノガジェット通信】
オリンパスイメージング、iPhoneでオリンパスPENシリーズのアートフィルターが楽しめるカメラアプリ「PEN pic」を発表
「レコチョク」アプリがリニューアル。曲数大幅増加・メロディコール/待ちうたも対応!【Androidアプリ】
ツインカメラ+裸眼3D液晶搭載 ソフトバンク「AQUOS PHONE 006SH」のスマートファミリンクをチェック【レビュー】
何ができるかな?おしぼりを手に工作しよう!おしぼりアートが作れる「おしぼり」【iPhoneアプリ】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】このサイズでスマートフォン、ノキア「705NK」

昨年中に発売されそうだと予想されていたものの、結局年を越して発売になったのがノキア「705NK」である。Vodafone時代……ひとつ前に出た「804NK」が折りたたみモデルだったのに対して、今回のモデルはストレートモデルである。ウリはな…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…