[Xperia_Report]ソニエリ公式オンラインストア売れ行きNo.1!Xperiaシリーズ専用ポータブルスピーカー「MS430」を試す



アルミ加工のデザイン性に優れたソニエリ公式アイテム!

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(以下、ソニエリ)がちょうど「Xperiaシリーズ」の1周年にあたる2011年4月1日にオープンした公式オンラインストア「Sony Ericsson Store」にて売れ行きNo.1となっているのが、ソニエリ公式アイテムであるポータブルスピーカー「MS430」です。

このMS430は、Sony Ericsson Storeがオープンした日に同時にリリースされた新製品で、なんと「Xperiaシリーズ専用」というお墨付き!

今回は、このMS430を入手したので、実際に使ってみて、どんな感じなのか紹介していきたいと思います。

MS430は、単4乾電池3本で利用できる持ち運びに優れたコンパクトなモバイルスピーカーです。全身がアルミ加工の円柱状となっており、円状の側面がスピーカーとなっています。また、形状的に単なるスピーカーではなく、Xperiaなどの本体を立てることができるスタンドとしても利用できるのが大きな特長となっています。製品名も「メディアスピーカースタンド」というようになっているくらいです。

01
パッケージは海外製品にありがちな形状が複雑なタイプ。ただし、外装が紙製となっていて、比較的開けやすいです。

02
内容物は、本体と単4アルカリ乾電池3本、簡単な説明書(日本語・英語・言語なし)、保証書といったところです。

03
本体は、直径31mm×長さ110.25mmとコンパクトです。懐中電灯っぽくもあり、サイズとしては、単1乾電池3〜4本といった感じでしょうか……。質量が67gですが、単4乾電池3本を入れると約100gです。

04
実は、先端部分を引っ張ると伸びるようになっています。

05
伸ばした状態で回していき、ちょうど本体側に穴が開いているところに3.5mmイヤホンジャックオスを差し込めるようになっています。

06
差し込んで手を離すと、完全な円柱状になります。先端には、緑のソニエリロゴがあります。

07
円柱状にした状態で少しひねって、引っ張ると乾電池ボックスが現れます。

08
表裏に2本と1本ずつの単4乾電池を装着していきます。

09
こちらは1本側です。乾電池を装着したら鞘に収めて、軽くひねってロックします。ロックがかかっているかどうかは、点で目印がついているのでわかるようになっています。ロックしたら、再び引っ張って、3.5mmイヤホンジャックオスを外側に出します。

10
出ている3.5mmイヤホンジャックオスをXperiaなどの3.5mmイヤホンジャックメスのあるオーディオ機器に差し込みます。これは、Xperia arc SO-01Cのシルバーに装着したところです。カラーリングもぴったりですね!

11
Xperia arc SO-01Cですと、3.5mmイヤホンジャックが側面に配置されているので、スタンドとしては、縦に寝そべった形になり、音楽を聴くだけならいいですが、動画を見たりする場合は、横にしにくいので少し残念な感じとなります。

12
初代Xperia SO-01Bですと、ちょうど画面が横になって置けるので、動画閲覧も非常にしやすいスタンドとして使えます。旅行先のホテルのベッドに寝そべって、ちょっと置いて動画を見たりするのは、いいですよね。


定価は、2980円ですが、今ですと、Sony Ericsson Storeのオープン記念で、特別価格1780円で購入できます。連続利用時間は、アルカリ乾電池を利用した場合でも公称12時間となっています。ホテルで2〜3時間ほど利用するとすれば、3日くらいは持ちそうですかね。充電式の乾電池を利用し、交換用を持っていけば、十分長期間利用もいけそうですね。

スピーカーは、円柱の両端にあるので、音に広がりがあり、音量も部屋で利用するなら十分の大きさで利用できます。少なくとも、Xperiaなどのスマートフォンの本体内蔵スピーカーよりは断然良いです。

※初出で、ステレオと記載していましたが、イヤホンジャックがモノラルタイプでした。お詫びととともに、ご指摘いただいた名無し様に感謝いたします。

モバイルスピーカーとしての音質は、「ソニー系列だから良いはず!」というほどではなく、価格なりのものですが、見た目重視でそれなりに聴ければ良いという人なら十分満足できるのではないでしょうか。もちろん、Xperia専用となっていますが、他のスマートフォンやポータブルオーディオ機器でも利用することができます。

最後に、公式プロモーションムービーを貼りつけておきます。興味を持った人は、検討してみてはどうでしょうか。



Sony Ericsson ソニーエリクソン Media Sperker Stand MS430
Sony Ericsson ソニーエリクソン Media Sperker Stand MS430
クチコミを見る


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニー・エリクソン
MS430 | アクセサリー | Sony Ericsson
メディアスピーカースタンド MS430 | Sony Ericsson Store


■関連記事
スマートフォン&モバイルEXPOで見つけたスマートフォンケースの「さきっちょ」
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2011年5月8〜13日編】
Apple、位置情報取得における問題を解消するiPhone/iPadなど向け「iOS 4.3.3」を公開
Androidが躍進!国内でも2010年度販売台数でiPhoneを逆転とMM総研が発表
新学期の学生に最適!時間割アプリ「時間割 for Android」【Androidアプリ】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…

【デジカメ調査室】光学3倍ズーム搭載で乾電池駆動のコンパクトデジカメ「LS75」

「LS75」は、720万画素CCDと「トリプルブレ補正」を搭載し、乾電池駆動のコンパクトデジタルカメラ。2月9日より発売を開始し、カラーバリエーションはシルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、2万5,000円前後の見込…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【世界のモバイル】なぜ日本国内だけ利用制限?日本の定額データプランの謎

NTTドコモから待望のHSDPA回線を利用したパソコン向けパケット定額サービスが開始された。海外ではすでに多くの通信キャリアが"モバイルブロードバンドサービス"として提供しており、日本もようやく海外と同じサービスが提供されたこと…