[Optimus_Report]タブレット端末を大画面テレビに接続!Optimus Pad L-06CのHDMI接続を試す【レポート】


Optimus Padを大画面テレビで!
LGエレクトロニクス製のタブレット端末Optimus Pad(L-06C)の下部にはHDMI接続端子があり、あらゆる画面をHDMI接続でテレビに出力できるようになっている。

今回は、そのHDMIケーブルの接続と実際の使用感のレポートをお届けする。

Optimus PadのHDMI端子は一般的なHDMI端子より一回り小さいミニHDMIと言う規格だ。ちなみに、このミニHDMIより小さいマイクロHDMIと言う規格もあるが、こちらはデジタルビデオカメラやデジタルカメラ用の端子に多く採用されている。
とにかく、Optimus PadでHDMI接続するにはミニHDMIーHDMI(テレビ側)のケーブルが必要となる事だけは間違えないようにしておこう。

01
筆者は通常のHDMIケーブル(両方とも)を持っているので、HDMIをミニHDMIに変換するアダプターを購入してみた。オス側がミニHDMI、メス側がHDMIという形状となっている。

02
このアダプターをHDMIケーブルに装着して、Optimus Padへ接続する。

03
テレビ側をHDMIに切り替えると、Optimus Padの画面が表示される。Optimus Pad側で特に設定のための設定をいじる必要は無いので簡単だ。

04
ブラウザを表示してみた。HDMI出力中は横画面に固定されるようだ。

上下スクロール程度であれば、手元を観ずに操作できるが、細かい操作はOptimus Padの画面を見る必要があるため、集まった仲間に別画面でwebサイトを見せる場合や、ビジネスなどのプレゼンなどの用途なら問題ないだろう。

YouTubeはどうだろうか?
05
トップ画面の筒のように表示される3D表示を大画面テレビで左右にスワイプさせると、より筒の中にいる様に感じる。

06
HDMI接続時は、動画の部分だけをテレビに出力し、Optimsu Padの画面はYouTubeのプレビュー画面のままとなる。いちいち最大化などの設定をする必要が無くこれは便利だ。

ゲームやビジネス系アプリもそのままHDMI出力されるので、PCを持ち運ばなくてもOptimus Padで簡単にプレゼンができ、今後様々なシーンで活躍してくれそうだ。


記事執筆:mi2_303






■関連記事
迷子になりやすい方も安心!「地図メール イマココ」【iPhoneアプリ】
高速通信「EMOBILE G4」に対応した「PocketWiFi GP01」!新旧PocketWiFiを比べてみた【レビュー】
布団に入ってもなかなか寝れない!不安なことが多い!そんな時に聴いてみませんか?「eSleep Lite」【iPhoneアプリ】
AKB48の板野友美がイー・モバイルの新キャラクターに!早速カタログをゲットしてきた!
通信回線の速度測定が手軽にできる!スピードテストの定番アプリ「Speedtest.net Speed Test」【Androidアプリ】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

KDDI、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」を開設

KDDIは、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」開設した。この「世界一横に長いTOPページ」は、「au Smart Sports」のエコキャンペーン「Green Road Project」の一環として提供される。auは、携帯とPCを連携した新サー…

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…

ハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」の省エネ技術をさぐる【最新ハイテク講座】

地上デジタル放送の完全移行まであと2年あるはずが、なんと1年早まる可能性がでてきている。地上デジタル放送の特徴は美しいハイビジョン映像を楽しめる点であるが、そのためにはハイビジョン対応のテレビが必要なる。こうしたことも…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…

ビジネスはフットワークだ! 振動にも水にも強いタフな相棒【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…