ドコモスマートフォン「Xperia」、11月10日(水)に待望のAndroid OS 2.1にバージョンアップ!


XperiaがついにAndroid OS 2.1にバージョンアップ!

NTTドコモは11月4日、ドコモスマートフォン「Xperia(SO-01B)」のバージョンアップを11月10日に行うことを発表し、バージョンアップの詳細を発表しました。

今回のバージョンアップは発売当初から予告されていたAndroid OS 1.6から2.1へのバージョンアップに対応しています。OSバージョンアップの他、様々な新機能搭載が予定されています。

NTTドコモが今回発表したバージョンアップによる新機能は以下の通りです。

●Android OS 2.1への対応

・ホーム画面を5面に拡張
ホーム画面が従来の3面から5面に拡張されます。

・ライブ壁紙対応
背景として動く壁紙(ライブ壁紙)を設定することができます。

・ブラウザの操作向上
タッチパネルをダブルタップすることでズームインとアウトの操作ができます。ただし、マルチタッチのピンチイン・ピンチアウト操作によるズームイン・アウト操作はできません。また、新たにHTML5の表示に対応しますが、Flashの表示は非対応です。

・Bluetooth 2.1+EDR対応
Bluetoothのバージョンが従来の2.0までから2.1までの対応となり、対象機器とのペアリングの手間が軽減されるとのことです。また、省電力化も実現されるとのことです。


●エンタテイメント機能の強化

・HD(720p)動画撮影
新たにハイビジョン(1280×720ピクセル)での動画撮影が可能になります。

・コンティニュアスAF
カメラにおいて被写体が動いてもオートフォーカスを維持することができます。


●全体的なユーザーインターフェース改善

・キーロック画面の向上
従来の円弧をなぞる操作によるキーロック解除操作に代わって、真横にスライドさせる操作でキーロックを解除できるようになります。

・アイテム表示数の増加
画面に表示可能なアイテム数が4×4の16個から4×5の20個に増加します。

・Timescapeタイル表示の向上
Timescapeのタイルに表示される情報がスクロールするようになり、Twitterなどの全文を読むことができるようになります。

・通話画面の表示向上
通話画面に「連絡先」「スピーカー」などが表示され、通話中でも各種機能が使いやすくなります。

・新しい日本語フォント
滑らかな丸ゴシック体フォントに表示が変更され、見た目が美しくなります。

以上のバージョンアップは11月10日(水)から提供されます。なお、今回のバージョンアップはパソコン接続による方法のみで提供されますので、ご注意下さい。

Flash表示非対応は残念ですが、Android OS 2.1へのバージョンアップに伴い、使い勝手が大幅に向上しそうです。S-MAXではバージョンアップ提供後、バージョンアップの詳細についてお伝えする予定ですので、ぜひお楽しみに!

記事執筆:こば(小林健志)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Xperia(TM) SO-01Bのバージョンアップ情報(NTTドコモ)

■関連記事
ソフトバンク、Androidスマートフォン向け3D対応コンテンツを提供へ!003SHと005SHが対象
ソフトバンク新商品発表会への応援には誰が!?孫社長の発言に上戸彩がドキッ!
iPad対抗馬本命?7インチAndroidタブレット「GALAXY Tab」をアンボックス!【レビュー】
ソフトバンク、ミクシィと連携した「ソーシャルフォン」を発表!2011年2月から開始
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2010年10月31日〜11月6日編】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…