【速報】稲垣潤一さんも登場!日本初の3D番組「Panasonic 3D MUSIC STUDIO」発表会レポ


3D映画が大ヒットとなり、3D収録のコンサートも劇場公開されるほか、家庭用の3Dテレビも続々発売されるなど、いよいよ3D時代へのフェーズシフトが加速している。そうした背景を踏まえ、ビーエス朝日とパナソニックの2社が新たな展開を開始した。

ビーエス朝日(BS朝日)とパナソニックは2010年10月1日、パナソニックセンター東京 ホールにおいて報道関係者向けに、3D新番組発表会を開催した。レギュラー音楽番組としては日本初の3D制作番組となる。
発表会には、出演アーティストの代表として、稲垣潤一さんにも応援に駆けつけ、番組への思いなどを語った。

■1人でも多くの人に3D番組を見て頂きたい - ビーエス朝日 風間社長
発表会は、株式会社ビーエス朝日 代表取締役社長 風間 建治 氏の挨拶から始まった。
株式会社ビーエス朝日 代表取締役社長 風間 建治 氏

風間社長は、「今年は3D元年と言われている。パナソニックさんをはじめ、各社から3Dテレビが販売されている。3D番組は、11月1日より3ヶ月間、毎週月曜日から金曜日の23時50分から10分間、3Dでオンエアを開始する。3D番組による臨場感と迫力をいち早く担えることで、大変光栄に思っている。1人でも多くの人に3D番組を見て頂きたい。」と、番組に掛ける思いを語った。

■3Dのリーダーとして業界を牽引していきたい - パナソニック 西口本部長
パナソニック株式会社 役員 デジタルAVCマーケティング本部 本部長 西口 史郎 氏
パナソニック株式会社 役員 デジタルAVCマーケティング本部 本部長 西口 史郎 氏

西口本部長は「業界に先駆けて、4月23日に「3D VIERA」を発売させていただいた。ぜひ、3Dのリーダーとして業界を牽引していきたい。少し販売のほうに触れさせていくと、予想を上回る売り上げを記録している。これから年末商戦に向けて頑張っていきたい。」と、今後の抱負を語った。

パナソニックは、「新しい世界を見よう」をキャッチフレーズに、今年を家庭での3D元年として、プロモーションを展開していくとしている。

■スケール感が出ていて驚いた - 稲垣潤一さん
発表会には、3D番組の参加アーティストを代表して、稲垣潤一さんが出席した。
参加アーティスト代表 稲垣潤一さん

稲垣潤一さんは、「ライブやミュージッククリップが3Dになって、スケール感が出ていて驚いた。演出の雪がまるで本物のようだった。今後は、3Dを意識して作って行かなければならない。」と、3Dの臨場感あふれる番組への素直な感想を述べた。

■日本初の3D制作番組って、なに?
BS朝日とパナソニックは、より一層身近に高品位な3Dコンテンツを広く楽しめるよう、音楽レギュラー番組として日本初となる3D放送番組を制作し放送する。

新番組は、音楽レギュラー番組での放送としては日本初となる3D制作の番組だ。パナソニックが番組の制作・著作を、BS朝日が放送を行う。民放キー局系列のBS局としても初めての3D番組放送となり、音楽業界、放送業界からも注目される新しい歴史を刻む番組になるものと考えられている。

視聴者は、3Dテレビ「3D VIERA」などで、家庭のリビングにいながら、まるでコンサート会場にいるような迫力と臨場感で、ライブパフォーマンスを楽しむことができる。

■大人が毎晩リビングでじっくり楽しむプライベートコンサート
番組は最新ヒットチャートで上位を占める楽曲を紹介する情報番組ではなく、平日の23時台に40代以上の世代にじっくりと音楽を楽しんでもらう番組を目指し、実力派のアーティストが3Dならではの演出とともに、「家庭のリビングルームに毎日プライベートコンサートを届ける大人のための音楽番組」をコンセプトに、制作をしていくという。

番組は、11月1日より3ヶ月間、毎週月曜日から近況日の23時50分から10分間、3Dでオンエアする。豪華実力派アーティストが、週替りで毎週月曜日から金曜日の計5日間、1日の番組内で1曲または2曲を3D感豊かな演出で披露する。
音楽番組の様子

■日本初の3D放送による音楽番組
番組は当初より3Dで放送されることを前提に企画を行い、収録からすべてフルハイビジョン3Dにて制作する。
パナソニックの業務用3D機器を含めて3Dシステムを構築するだけでなく、アーティストのパフォーマンス、美術、セット、照明など3D用のオリジナルの演出により、より臨場感あふれる3D映像を家庭で視聴できるように番組制作を行っていく予定。

単発やスペシャル番組ではなく、レギュラー番組として3D制作の音楽番組は日本で初めてとなる。また、BS朝日をはじめテレビ朝日・朝日放送系列の放送局として初めての3D番組放送となる。さらに、民放キー局系列のBS局としても初めての3D番組放送となる。

●「Panasonic 3D MUSIC STUDIO」の概要
放送時間:毎週月曜日〜金曜日23時50分〜24時00分

放送予定&出演アーティスト(予定)
1. 11月1日〜11月5日 SPEED
2. 11月8日-11月12日 稲垣潤一
3. 11月15日-11月19日 南こうせつ
4. 11月22日〜11月26日 坂本冬美
5. 11月29日〜12月3日 DAPUMP
6. 12月6日〜12月10日 岩崎宏美
7. 12月13日〜12月17日 谷村新司
他、出演決定アーティスト 青山テルマ

以降の出演アーティストは、決定次第、順次ホームページに掲載される予定。


「Panasonic 3D MUSIC STUDIO」
ビーエス朝日
パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
進化する端末で勝負だ!シャープが「ガラパゴス」で電子書籍サービスを開始へ
3Dテレビも登場!LG、液晶テレビ「INFINIA」で日本市場に本格参入
ネット非対応テレビで「アクトビラ」が楽しめる! AQUOSネットチューナー登場
自然の優しい風合いが美しい!ヤマハ、iPod/iPhone対応オーディオ「TSX-140」

DXアンテナ 22V型地上・BS・CSデジタルハイビジョン液晶テレビ(黒) LVW-224KDXアンテナ 22V型地上・BS・CSデジタルハイビジョン液晶テレビ(黒) LVW-224K
DXアンテナ
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

グリルとレンジを同時に調理!合わせ技で時短調理を実現するパナソニックの新レンジ【最新ハイテク講座】

家電というと、液晶テレビやブルーレイレコーダー、デジタルカメラなどのAV家電が主役と思いがちだが、今、生活家電の進歩に隠れた注目が集まっていることをご存じだろうか。とくに調理家電の進歩は著しく、現在の調理家電の売り場を覗…

3Dの世界を広げていきたい!パナソニック 西口本部長が語るテレビ市場への意気込み

デジタルテレビの市場において、「簡単にテレビ番組を録画したい」「テレビまわりの設置はすっきりしたい」というニーズは高く、録画機能搭載モデルのウエイトが急速に拡大している。そうしたニーズに応えるべく、パナソニックは新製品…

新Cセグメントハッチバック「ジュリエッタ」を日本初公開

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、東京・お台場潮風公園で7月22日〜25日の4日間に渡って開催された「東京コンクール・デレガンス」会場において、新型「ジュリエッタ」を公開した。新型ジュリエッタは、Cセグメントハ…

実質1万円切り!16インチの地デジ対応液晶テレビが登場

アナログ放送終了まで1年を切り、地デジ対応テレビへの買い替えが本格化する中、いまだに買い替えをしない人たちのもっとも切実な理由は「お金がないから」ではないだろうか。家電量販店で売られる液晶テレビは、画質も機能も立派だが、…

【速報】パナソニック、3Dが撮れるムービーを発表

「3D元年」と言われる本年、パナソニックは業界に先駆け、3D対応ビエラとブルーレイ3D対応のディーガを発売した。映画やスポーツなどの3Dコンテンツの普及が進む一方、ユーザーから「自分で3D写真や動画を撮影して楽しみたい」との声が…