livedoorで新しい検索の成功体験を!NAVER検索の魅力を動画で語る


インターネットを利用している人であれば、検索サービスを使わない人はいないだろう。検索サービスには、GoogleやYahoo!をはじめいくつかある。韓国でNo1シェアを誇る「NAVER」も優秀な検索サービスの一つだ。

ポータルサイトlivedoorは、これまでのGoogle検索から高品質な検索技術を評価し、「NAVER」検索サービスを採用する。今回の変更で、livedoorは、検索サービスは「NAVER」、広告パートナーは、引き続きGoogleとなる。

「NAVER」の強みでもあるデザイン、ユーザビリティを最大限に活かし、広告の本数を削減することでユーザー視点に回帰するとも言われているが、検索サービス責任者の窪島氏に詳しくお話を伺った。

■新しい検索結果が体験できる - ライブドア 窪島氏
「9月1日にポータルサイトlivedoorの検索エンジンに、NAVERの検索エンジンを全面的に採用いたしました。NAVERの検索エンジンは、統合検索という大きな特長を持っておりまして、WEB検索・ブログ検索・NAVERまとめ・画像検索といった、様々な検索結果を一度に見られるという、そういった特長を持っております。」 -ライブドア 窪島氏

・ライブドア 窪島氏(動画)

■「NAVER」は検索の成功体験が、GoogleやYahoo!とはひと味違う
インターネット検索サービス「NAVER」は、従来の検索の定義を覆す、全く新しい検索サービスだ。「探しあう検索」をコンセプトに、従来の検索サービスが提供しているロボット型キーワード検索に加え、ユーザー参加型による集合知を活用したアプローチを採用した点が大きな魅力だ。

具体的には、ユーザー同士で検索結果を共有・集約していく“参加型検索”「NAVERまとめ」や、気になる条件を選択するだけでピンポイントに検索できる「スマートファインダー」、大きなサムネイル表示でアルバムを見ているような感覚で画像が検索できる「画像検索」等、多様かつ総合的な検索体験を提供することにより、検索サービスの本質である、ユーザーの「本当に知りたい」という情報ニーズに応えるものとなっている。


検索サービスは一度使うと習慣性があり、乗り換えにくいものだが、今の検索サービスで満足しきれない人は、この「NAVER」を試してみるといいだろう。

検索サービスの責任者に聞く!livedoorがNAVER検索を採用した理由


インターネット検索サービス「NAVER」
ポータルサイト「livedoor」

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【アキバ物欲】″弘法は筆を選ぶ?″できるユーザーこそ、キーボードとマウスにこだわる

パソコンの一番身近な周辺機器といえば、キーボードとマウス。日常的に使うデバイスということもあり、こだわりを持っている人も多い。キーボードやマウスを購入する人は、製品のどこを見て購入を決めているのだろうか。また、キーボー…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【気になるPC】最小・最軽量モデルにCore 2 Duoプロセッサ採用 Let′s note R6レビュー

松下電器産業は、Let's noteシリーズの最小・最軽量モデルR6(CF-R6AW1BJR)を発売開始した。実売価格は210,000円前後。約940gの超軽量コンパクトボディにCore 2 Duoプロセッサを搭載。OSには、Windows Vista Businessを採用している。■…