実質1万円切り!16インチの地デジ対応液晶テレビが登場


アナログ放送終了まで1年を切り、地デジ対応テレビへの買い替えが本格化する中、いまだに買い替えをしない人たちのもっとも切実な理由は「お金がないから」ではないだろうか。家電量販店で売られる液晶テレビは、画質も機能も立派だが、日本の住宅事情に不釣合いなほど大きく、価格帯も10万円前後が中心だ。普段、あまりテレビを見ない人にはおいそれと出せる金額ではない。

そうした中で話題を呼びそうなのが、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」からリリースされた「16インチ地上波デジタル液晶テレビ」だ。このテレビは、なんと、価格が16,800円(税込)なのだ。さらにエコポイント対象商品なので、7,000点のエコポイントが貰えてしまう。実質1万円切りというわけだ。
■メインに使える大きさと画質
もともと「情熱価格」からは13.3インチのテレビが発売されていたが、13.3インチだとさすがにメインのテレビとして使用するのは心もとない。しかし、このテレビは16インチで画素数が1366×768ピクセルのハイビジョンパネルを採用。メイン機としても、十分耐えうる大きさと画質を備えている。

デザインは、どんなシチュエーションにもマッチするシンプルなもので、リビングのみならず、子供部屋や寝室に置くセカンドマシンとしてもピッタリだ。
また、字幕機能、画面静止機能、省エネモード、無信号時の自動電源オフ、おやすみタイマーなど、ふだんの生活で必要と思われる機能も備えている。

「テレビをよく見るほうではないが、アナログ放送が終了して、まったくテレビが見られなくなるのはちょっと……」という人にピッタリの1台ではないだろうか。

ドン・キホーテ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
2台同時接続に対応!音質重視のiPod/iPhone向けコンポが登場
3Dの世界を広げていきたい!パナソニック 西口本部長が語るテレビ市場への意気込み
水中撮影って楽しい!最薄防水カメラ TX5で水の中を撮ってみた
3D AQUOSとBDレコーダーを核に取り組みたい シャープ 中村本部長がAV戦略を語る

ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法 (講談社BIZ)
著者:中村 祐介
販売元:講談社
発売日:2010-07-16
クチコミを見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

見ためだけじゃない!パナ、高画質な液晶テレビを発表

パナソニック株式会社は2010年1月8日、高画質と業界No.1の省電力を実現するとともに、充実のリンク機能も楽しめる省エネ設計のベーシックモデル「新・ビエラ」 X2シリーズ 2機種(32v型、26v型)を2月5日より順次発売すると発表した。同…

電源のない場所でOK!東芝、DVD付地上デジ液晶テレビ

- 高精細12V型LEDバックライト液晶を搭載したポータブルテレビ -東芝は2010年01月12日、高精細12V型LEDバックライト液晶を搭載することで、地上デジタル放送やDVDを高画質で楽しむことができるDVDプレーヤー内蔵地上デジタル液晶テレビ…

動画配信!めざましテレビがインフルエンザ予防ソング

株式会社フジテレビジョンは、「フジ♪メロ」において携帯電話向けに、「めざましテレビ」レギュラー陣3名によるインフルエンザ予防ソング「インフルバスターズ」のビデオクリップの配信を2010年1月13日より開始した。着うた・着うたフル…

東芝が大勝負!ブルーレイ液晶テレビ「レグザ」発売へ

東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」の新商品として、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載した「R1BDP」シリーズ2機種を2月中旬から発売すると発表した。価格は、オープンプライス。新…

個性で勝負!シャープ、液晶テレビ「AQUOS」に新製品

シャープは2010年1月19日、カジュアルなデザインを採用した液晶テレビ「AQUOS」NEシリーズ(20V型)を発売すると発表した。価格は、オープンプライス。カラーバリエーションは、シェルホワイト、ショコラブラウン、ピーチピンク、ライム…