鉄人28号が復活!最新技術でパワーアップしたリアル二足歩行ロボット【真ロボット伝説】


ロボットといえば、SFやアニメで活躍する人気キャラクターも多い。マジンガーZや機動戦士ガンダム、マクロス、エヴァンゲリオンなど、近年に至るまで様々なロボットが登場しているが、巨大ロボットの先駆者といえば、鉄人28号だ。

鉄人28号は、、横山光輝氏の原作による漫画から、ラジオドラマ、特撮テレビドラマ、テレビアニメ、特撮映画、劇場版アニメ、舞台演劇、ゲームまで展開されている。そして、鉄人28号はリアル二足歩行ロボットとしても開発・販売がされていたが、2006年 好評のうちに完売した。

しかし、今、その本格的な二足歩行ロボット「鉄人28号」が復活した。
ヴイストン株式会社ととロボクリエーションが、ヒューマノイドロボット「TVアニメ版鉄人28号」の追加増産・受注を開始したのだ。

■「TVアニメ版鉄人28号」は、さらに進化
前回の販売完了から4年を経て二足歩行ロボットの技術も進歩した。そこで、今回の鉄人28号は、制御するメインのCPUボードを「ロボット用コントロールボードVS-RC003HV」に変更している。同時に脚部には、ハイトルクなサーボモータ「VS-S281J」を採用することで、安定した動作・歩行を実現している。

特許技術「SHIN-Walk」を引き続き採用して、鉄人28号の世界観を崩さない自然な歩行ができるのだ。
また、鉄人28号の代名詞である「ガオー!」と叫ぶ音声機能も搭載しているので、操縦者は、まさに金田正太郎の気分に浸れるというわけだ。

「TVアニメ版鉄人28号」の主な特徴
1.高性能なロボット用CPUボード「VS-RC003HV」を搭載
サーボモータの制御能力が向上し、音声出力機能とスピーカを搭載し、迫力のあるモーションを実現しております。

2.ハイトルクサーボモータ「VS-S281J」を採用
脚部分の動力源として、28.5kg/cmの高出力を誇るロボット用サーボモータを採用、前モデルに比較して歩行などの動作が格段に安定。さらにモーションの再現性も向上。

3.ジャイロ加速度センサボードを搭載
機体を安定させるセンサ「VS-IX001」を搭載。2軸のジャイロセンサと3軸の加速度センサを内蔵し、本体の状態を常に把握できる。センサからの情報をモーションにフィードバックすることで、安定性がさらに向上。

4.ロボット専用無線コントローラ「VS-C1」を付属
ゲームパッドと同様の操作感を実現する「VS-C1」により、無線コントローラにありがちな混信や接続の不安定性を大幅に低減。高性能ロボットを意のままに操縦することができる。


500mlペットボトルとの大きさ比較

ヒューマノイドロボット「鉄人28号」仕様
大きさ:380×185×140mm
重量:約2kg
自由度構成:17自由度(片腕3、片足5、腰1)
サーボモータ:VS-S281J×12、S9551×5
搭載センサ:VS-IX001(2軸ジャイロセンサ、3軸加速度センサ内蔵)
CPUボード:VS-RC003HV
インタフェース:USB
ソフトウェア:RobovieMaker2
電源:専用バッテリ(NiMH 7.2V)、専用充電器付属
無線操縦機:VS-C1
その他:両眼LED 、音声出力スピーカ
販売価格:399,000円 (本体価格280,000円+コントローラ・組立費用)

ヒューマノイドロボット「鉄人28号」

ネットで購入ならNo1の品揃えロボットショップ
アキバ随一のロボットショップ「ヴイストン ロボットセンター」

ヴイストン真ロボット伝説の記事をもっと見る
最先端のロボットを実際に見てみよう!「Robovie-R3」がやって来た
タタミ一畳でオフロード!自分だけのコースつくりで燃えろ
俺のロボットのオリジナルパーツをアルミや樹脂から削り出す
アスリートヒューマノイドは機動力も表現力も伊達じゃない!
情がわかる!可愛すぎる人の心を科学する最先端のロボット


共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線【最新ハイテク講座】

最近の携帯電話は、メール機能や音楽再生機能、デジカメ機能など多機能化が進んでいるが、そんな携帯電話に新たな展開が見え始めている。総務省は2009年1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…

イチバンが好き SSD搭載で薄くてかっこいい最先端をこの手に【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…

小学生女子に大人気の「モフモフ」に、「やわらか戦車」作者も登場「東京国際アニメフェア2009」

世界最大級のアニメーション総合イベント「東京国際アニメフェア2009」が有明の東京ビッグサイトにおいて2009年3月18日(水)に開幕した。2009年3月18日(水)・19日(木)がビジネスデー、3月20日(金)・21日(土)がパブリックデー。…

入力革命!光センサー液晶ノートPC「新生・Mebius」発表会

シャープは2009年4月21日、同社の東京市ヶ谷ビル「エルムホール」において、世界初の「光センサー液晶」を搭載したノートパソコン「新生・Mebius(メビウス)」を発表した。世界初となる「光センサー液晶パッド」は、新しいセンシング方…