3Dテレビに朗報!プロ野球公式戦の3Dライブ中継を実施へ


3Dテレビが何かと話題になっている昨今だが、3Dコンテンツは徐々に出てきたが、3Dライブ中継はいまだに登場していない。そういう状況の中で、ついに3Dライブ中継が開始される。

株式会社NTTぷらら、パナソニック株式会社、株式会社阪神タイガース、株式会社毎日放送の4社は2010年7月1日、世界初のプロ野球3Dライブ中継を、7月8日に阪神甲子園球場で開催される「阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ」戦で実施すると発表した。

今回のライブ中継は、阪神タイガースが制作するコンテンツ「タイガースアイ」の映像を活用するもので、3D技術統括プロデュースをパナソニック ネットワークサービシズ株式会社、3D撮影機材をパナソニック AVCネットワークス社が担当し、同日、地上波で2Dによる中継放送を行う毎日放送が、3D制作について技術協力を行う。配信はNTTぷららが提供する映像配信サービス「ひかりTV」のテレビサービス「ひかりTV STYLE1 ハイビジョン」にて、同日18時試合開始から終了までの完全ライブ中継を予定している。

今回の3Dライブ中継は、パナソニック製 3Dカメラレコーダーで撮影する3D映像と、地上波放送用の2D映像を3Dに変換した映像を独自にスイッチングして構成し、実況も「タイガースアイ」のスポーツアナウンサーが、3D映像の楽しみ方を交えながら、3Dライブ中継独自の実況を行う。

これにより、従来の2D映像による野球中継の画角やカット割りを単に3D化するのではなく、3Dに適した演出によるベンチサイドで見ているような臨場感のある映像表現と、新しいスポーツの見方を提案するとしている。

また本映像の3Dダイジェスト版は、「ひかりTV」のビデオサービス(VOD)において、7月下旬より提供する予定。

今後の3Dスポーツ中継、とりわけプロ野球中継のひとつの方向性を示すものとして、各社の技術を結集して取り組んでいくとしている。

株式会社NTTぷらら

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
美しい日本の原風景から垣間見られる過疎と生きる時を忘れた街と人たち
名刺管理やメモ書きに新発想!キングジムがデジタル文具2製品を発表
スポーツやアウトドアに最適!好みで選べるインナーイヤーヘッドホン
小さいだけじゃない!原音を忠実に再現するイヤフォン

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…

【気になるPC】外出先のPCがMyパソコンになる!携帯電話よりも小さいLinuxパソコン「wizpy」プロジェクトリーダーインタビュー

ターボリナックスは、手のひらサイズのLinuxパソコン「wizpy」を2月23日より発売する。wizpyは、OSにLinuxを採用した携帯電話よりも小さなパソコンで、パソコンのUSBポートに「wizpy」を接続して起動すると、そのパソコンを自分専用の…

【デジカメ調査室】プロ機一新!キヤノン デジタル一眼レフ「EOS-1D Mark III」発表会

キヤノン株式会社は2007年2月22日(木)、都内 キヤノンSタワー「キヤノンホールS」において、プロ用デジタル一眼レフカメラと、コンパクトデジタルカメラ IXY DIGITALおよびPowerShotシリーズ、計5機種の新モデル記者発表会を行っ…

【デジカメ調査室】システム一新!高性能・高信頼性を追求したプロ用デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」

「EOS-1D Mark III」は、2005年9月に発売した「EOS-1D Mark II N」の後継機にあたる、キヤノンのプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。高次元の快速・快適・高画質と、優れた信頼性を実現するため、本体のみならず周辺…