【速報】孫さんも絶賛!iPad発売カウントダウンイベントを開催


ソフトバンクは2010年5月28日、ソフトバンク表参道において、次世代端末「iPad」の発売開始を記念したカウントダウンセレモニーを実施した。店舗前では、午前8時の発売開始に向けて、徹夜の列ができた。アメリカでは、iPadは一か月足らずで100万台を超える大ヒットとなっており、日本でもブームが期待されている。

■ライフスタイル を変える! - ソフトバンク 孫社長
ソフトバンクの孫正義代表取締役社長は開口一番、「皆さん、おはようございます。今日は待ちに待ったiPadが日本上陸であります。本当に素晴らしいマシンです。毎日の生活が変わります。iPhoneと使いかたが一緒なので、違和感なく使えれ、なぜか、感動が凄いんです。ライススタイルを変える!」と、挨拶をした。引き続き、孫社長は、「スピーカーがいいですね。外で聞くときでもデカイ音で聞けますから。」と、iPadのスピーカーの出来が良い点を強調した。

今回のイベントでは、ファッション雑誌やバラエティー番組、アーティストとしても活躍中の藤井リナさんがスペシャルゲストとして応援に駆け付けた。藤井リナさんは、「リナも前々から気になっていたので、みんなと一緒に早くiPadが欲しいです。」と、素直な気持ちを語った。

カウントダウンは、発売開始となる午前8時の10秒前からから始まった。カウントがゼロになると同時に、カウントダウン参加者は一斉に右手を高くあげ、iPad発売の喜びをかみしめた。

午前8時になると、お客さんは順番に店内へ迎えられ、iPadの契約手続きが開始された。しばらくして、最初に並んだお客さんが店頭に現れ、スペシャルゲストの藤井リナさんから直接「iPad」が手渡された。一番ノリのお客さんは、IT関連の仕事をされている三浦一紀さんで、iPad発売日を楽しみに昨日の夕方の6時から徹夜して並んだというから驚きだ。

三浦さんは藤井リナさんからiPadを受け取ったことについてMCに聞かれ、「嬉しいですね。一生の思い出にします。孫の代まで言い伝えます。」と、その喜びを語った。
引き続き、MCから「iPadを手にして何に使いたいと思っていますか?」と聞かれ、「とりあえずアプリを死ぬほどダウンロードして入れて、何ができるのかを試したいです。」と、答えた。また、MCからの「どんなジャンルのアプリを試したいですか?」との問いに対しては、「子供がいるので、子供が楽しめるやつとか。仕事に使えるものとかですね。」と、語った。
ソフトバンクの孫正義代表取締役社長

気になるSIMロックだが、「iPad」は国内のほかのキャリアに対してSIMロックを掛けているものの、海外のSIMは使うことができる。ただし、ソフトバンクは7月末より海外パケット定額の導入を予定しているので、無理して海外のSIMを使う必要はないだろう。

午前8時の時点で、お客さんは250名を超えていたが、その後も列に並ぶお客さんが後を絶たなかった。店内から出てくるお客さんは皆、iPadを手にした喜びで笑みがこぼれていた。


ソフトバンクモバイル

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■モバイル関連の記事をもっとみる
予約できても安心するな!iPad購入時の思わぬ落とし穴
究極の一石二鳥!ドコモ Xperia専用スタイラスペン
iPadの日本発売日が決定!10日から予約開始
Xperiaの超便利な裏技!SIMカードなしでの利用法と音声検索

iPad Fan 2010 Vol.0 iPadファーストインプレッション編 (MYCOMムック)
矢橋司 栗原亮 日高彰 松村太郎 内山秀樹 戸津弘貴 iPhone*iPod Fan編集部
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 1127

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…