話題のスマートフォン「Nexus One」の必須アイテムが登場【カリスマ店長の一押し】


「Google Nexus One」は、Android OSを提唱したGoogleが自ら出した端末であることから、今もっとも熱いスマートフォンだ。熱狂的なモバイルユーザーの中には、すでに入手した人も多いだろう。

「Google Nexus One」を充電する際、クレードルがあると、本体をクレードルに挿すだけで充電することができる。さらにシンク機能があると、非常に便利だ。

そこで今回は、秋葉原のモバイル専門店「モバイルプラザ」の古川店長に、「Google Nexus One」用のUSBシンク充電クレードルを紹介してもらおう。

■使いやすさが自慢!USBシンク充電クレードル
「シンク充電クレードル for Google Nexus One」は、予備バッテリチャージ機能付きのUSBシンク充電クレードルです。接続したクレードルの台座に乗せて、パソコンとのデータシンクや本体の充電に対応することができます。

またバッテリ単体での充電にも対応しており、標準の予備バッテリだけでなく、サードパーティ製の大容量バッテリも充電することが可能となっています。

クレードルに乗せたままでも操作ができるので、音楽を聴いたり、動画を見たりするのもハンズフリーで便利に使用することができます。

■大容量バッテリーにも対応する?
スマートフォンの中には、駆動時間を伸ばすためのアイテムとして、オプション扱いで大容量バッテリーが販売されることが多い。そのような大容量バッテリーが登場した場合に、今回のクレードルは使用することができるのだろうか?
モバイルプラザの古川店長

古川店長にうかがってみると、
「こちらのクレードルにも対応したNexus One用の内蔵タイプ大容量バッテリが近日入荷予定です。バッテリーカバーは標準のまま使えるタイプなので、ケースなどもそのまま使用することが出来きて便利です。」

シンク充電クレードル for Google Nexus One

モバイルプラザ
PalmなどPDAなどモバイル専門店「イケショップ」の店長を務めた古川敏郎店長が独立して開店する。
モバイルプラザの店長日記

ITライフハック
ITライフハック Twitter

カリスマ店長の一押しの記事をもっと見る
まるでスライム!iPhoneやケータイを固定するアイテム
海外で人気の携帯電話が日本上陸!「Google Nexus One SIMフリータイプ」
人より輝くスマートフォンに!フレームで個性を出す
落とすのが前提?iPhone/Bold 9000向け耐衝撃ケース

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…