話題のスマートフォン!BlackBerry Bold 9700を国内でゲット【カリスマ店長の一押し】


iPhoneやWindows phone、Android、BlackBerryと、世の中には実に様々なスマートフォンが存在するが、BlackBerryほどビジネスユーザーに好まれる端末はないだろう。BlackBerryを持ち歩いていれば、世界中どこにいても企業用メール、インターネット、電話、SMSテキストメッセージ、オーガナイザアプリケーションなどに接続が可能だからだ。

BlackBerryといえばドコモのBlackBerry Bold 9000が人気だが、上位後継機種にあたるBlackBerry Bold 9700が海外ではすでに販売されているので、日本での発売を待ち望んでいるユーザーも多いだろう。

そんな折りに秋葉原のモバイル専門店「モバイルプラザ」の古川店長からドコモやソフトバンクのSIMで使える端末の販売を開始したとの連絡が入った。早速、古川店長に話をうかがってみた。

■SIMフリーだから日本でも使える
BlackBerry Bold 9700は日本では未発売ですが、SIMフリータイプの機種であるため、ドコモやソフトバンクのSIMで動作することができます。

ただし、BlackBerryインターネットサービスを使う場合は、ドコモのSIMを使うことになり、ドコモのBlackBerryインターネットサービスへの申し込みが必要です。

BlackBerry Bold 9700はBlackBerry Bold 9000と比べると一回り小さくなり、動作がかなり速くなった印象です。BlackBerry Bold 9000ではウイークポイントだったカメラの性能が強化され、2メガピクセルから3.2メガピクセルになりました。さらにWebブラウザのスピードが格段に速くなっています。

速度についてはOSのバージョンアップが大きく影響しているようです。BlackBerry Bold 9000はOS4.6ですが、BlackBerry Bold9700ではOS5に変わりました。OSの変更により、全体の動作速度のアップ、特にWebブラウザの速度が格段に速くなったものと思われます。

BlackBerry Bold 9700 SIMフリータイプ

■少し難易度は高いがここまでやれば完璧
海外の端末となると、日本語の表示が気になるところだ。日本語への対応は、どうなのだろうか。古川店長にうかがってみた。
モバイルプラザの古川店長

「RIMのWebサイトには、世界各国のROMが無料でダウンロードできるようになっています。この中でアジア各国のROMは、日本語のフォントやインプットメソッドを含んでいるものが多いんです。

これらのROMに入れ替えることで、日本語も問題なく使えるようになります。作業はダウンロードしたROMをDesktop Managerで転送するだけで済みます。正直なところ、いくつかの注意点はありますが、問題のないレベルです。」と、日本語化できることを教えてくれた。

モバイルプラザ
PalmなどPDAなどモバイル専門店「イケショップ」の店長を務めた古川敏郎店長が独立して開店する。
モバイルプラザの店長日記

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

もっとカリスマ店長の一押しを見る
古川店長に聞く!今年のスマートフォン ベスト5
使いやすさの秘密は特殊加工!Magicタッチペン
スマートフォンやPDA、充電池もコレひとつ!USBマルチ充電キット
伸縮自在でこれは便利!ストラップ付きスタイラスペン

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

女性も使えるスリムなスマートフォン Dual Diamond(S22HT) 【ケータイ・ラボ】

スマートフォンというとiPhone 3Gに代表されるタッチ操作を思い浮かべる人も多いが、タッチ操作だけがスマートフォンではない。非タッチパネルを搭載して一般のケータイと同じようにハードキーで操作できるスマートフォンもあるのだ。今…

スリープモードも機能!BlackBerry Bold専用ポーチが登場

ポケットシステムズはBlackBerry Bold専用のレザーケース「PDair ダブルスリープ ポーチ for BlackBerry Bold」の発売を開始した。価格は3,480円(税込み)。カラーはブラックのみ。「PDair ダブルスリープ ポーチ for BlackBerry Bold…

Treo PROとBlackBerry Boldの同時充電も可!ポケットシンクmicro+mini USB

ポケットシステムズはTreo PROやBlackBerry Boldに使用できる巻き取り式のデュアルケーブル「ポケットシンク micro+mini USB」の発売を開始した。価格は1,470円(税込み)。「ポケットシンク micro+mini USB」は、microUSBとminiB USB…

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示【09夏ケータイ ドコモ編】

2009年5月19日、NTTドコモは国内初となるAndroid搭載のスマートフォン「HT-03A」を発表した。「HT-03A」は、HTC社製「HTC Magic」の国内向けモデルとなる。「HT-03A」は、地磁気センサーの搭載により羅針盤機能を利用することができる。…

4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」【09夏ケータイ ドコモ編】

NTTドコモの09夏モデルのPROシリーズはホットだ。国内初のAndroidケータイHT-03Aの登場だけではない。4.1インチという最大級の大画面液晶を搭載する東芝製インターネットケータイ「T-01A」も同時に出現だ。OSにWindows mobile 6.1を採用…