驚くほど簡単!iPhoneで動画を見せびらかそう【MovieWriterの快適ライフ】


- 自慢の動画をモバイル機器で持ち歩くテクニック -

MovieWriter は、写真、ビデオ、オーディオの整理と編集を同じ操作で行えるだけでなく、マニュアルを読まなくても簡単に扱えるところが実に使い勝手がいいところだ。さらに、別アプリケーションを起動せずに、DVDやブルーレイディスクが作成できる点も便利なのだ。

そんなMovieWriterには、もうひとつ忘れてはならない機能が備わっている。それは、今人気のiPhoneやiPod、ケータイ、ポータブルゲーム機などに動画を転送できるという機能だ。

今回は、数あるモバイル機器の中でも特に人気の高いiPhoneへ動画を転送してみよう。

■動画変換が必要な理由
「百聞は一見に如かず」というように、言葉で説明するより実際に動画を見せることは、コミュニケーションにも話題の盛り上げにも効果は絶大だ。

現在の生活を見回しても、テレビや映画にはじまり、DVD、ブルーレイ、動画共有サイトなど、動画を生かしたメディアは増大中だ。さらに、iPhoneやケータイ、ポータブルゲーム機など、持ち歩けるモバイル機器で動画が見られるようになったことで、動画の利用はさらに拡大している。

そうはいっても、これまでモバイル機器でパソコンの動画を見るには、機器毎に最適な形式にするために変換作業が必要であったため、そう簡単ではなかった。この変換作業は、かなり面倒なうえ、動画変換ソフトは家電量販店やパソコンショップなどで入手しなくてはならかった。

ところがMovieWriterには、最初からモバイル機器への動画変換機能が搭載されているのだ。

MovieWriterの動画変換機能を利用して、取材現場や出先での編集会議などで取材した動画を実際に見せながら説明や企画のうち合わせに利用している。動画で見せるほうが、言葉で説明するより早く伝わる上に雰囲気も掴めるので、これはかなり重宝している。
MovieWriterの豊富な機器へ出力メニュー

■動画をiPhoneへ出力しよう
早速、MovieWriterで動画をiPhoneへ出力してみよう。

MovieWriterを起動してメニューのコピーから目的のモバイル機器を選択すると、「ファイルをここにドラッグ...」というウィンドウが表示される。あとは、そこへ変換したい動画ファイルを放り込めばよいわけだ。

「デバイスを接続してください。」と表示されている場合には、iPhoneがパソコンに正しく接続されていないので、接続を確認してみよう。

「セットアップ」ボタンを押すと、コピーの画面に切り替わるので、ここで「コピー開始」ボタンを押せば動画ファイルがiPhoneに最適な形式へ変換され、iTunes経由でiPhoneへ転送されるのだ。
MovieWriterでiPhoenへ動画を転送

●ちょっと小技 ビデオの品質を調整しよう
MovieWriterは、ビデオの品質を自動的に調整してくれるが、コピーの画面の右脇に設置された「設定」タブを選択すると、ビデオやオーディオの品質を調整することができる。

デフォルトでは、ビデオは高品質(標準サイズ)、オーディオは標準品質(最小サイズ)に設定されている。品質を上げると、ファイルサイズは大きくなるが、より高品質のオーディオやビデオを楽しむことができる。

■自慢の動画を見せびらかそう
iPhoneで動画を見るには、「iPod」アイコンをタップしてビデオを選択する。MovieWriterからコピーされた動画(ムービー)が表示されるので、再生したい動画を選べばよいわけだ。
自慢の動画があれば、MovieWriterのコピー機能を使って人に見せびらかしてみては如何だろうか。

動画:MovieWriterで変換したパソコンのムービー

MovieWriter の機能を4回にわたり使ってみた。MovieWriterは、ひとつのアプリケーションで写真や動画の編集と管理を一括で行えるうえに、DVDやブルーレイなどの光ディスクへの保存もでき、さらにはiPhoneへの動画のコピーも簡単に実行することができた。

パソコンのアリケーションは、多機能になればなるほど操作も面倒になりがちだが、MovieWriterは、ほとんどマニュアルを読まなくても操作できたのは驚きだった。これはMovieWriterのインターフェイスが直感的でわかりやすいことにほかならない。

Webニュースの現場でも、MovieWriterの実力は十分に役に立つものだった。
機能と操作性のバランスがよく、仕事から家庭での利用まで幅広く使えるアプリケーションだ。

MovieWriterには、30日間すべての機能を無料で利用できる体験版がコーレルのサイトからダウンロードできるので、興味のある方は、試してみては如何だろうか。MovieWriterの機能と簡単な操作を楽しんで欲しい。

画像・動画編集、DVD・BD作成、iPhone変換までできるMovieWriter 2010

「MovieWriterの快適ライフ」の記事をもっと見る
HDDクラッシュで慌てないバックアップ&簡単・楽しいビデオディスク作成
動画編集からYouTubeアップまでマニュアル不要の簡単さに脱帽
編集長も感激! 写真・動画の整理が快適に

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…

スリープモードも機能!BlackBerry Bold専用ポーチが登場

ポケットシステムズはBlackBerry Bold専用のレザーケース「PDair ダブルスリープ ポーチ for BlackBerry Bold」の発売を開始した。価格は3,480円(税込み)。カラーはブラックのみ。「PDair ダブルスリープ ポーチ for BlackBerry Bold…

モンハンやマリオカートに!「どこでもWi-Fi」でネット対戦【気になるモバイル】

プレイステーションポータブル(PSP)やニンテンドーDSi/DSに無線LAN機能が搭載されているのは誰でもご存じだろう。こうした携帯ゲームの魅力は、無線LANを使ったネットワーク対戦ゲームが楽しめることだ。今や、中高生だけでなく、大学…

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…