公職選挙法に一言あり!ヤフー、ネット選挙解禁に向けた活動を開始


ヤフー株式会社は、2009年10月28日 東京ミッドタウンの同社オフィスセミナールームにおいて、「ネット選挙解禁に向けた活動」についての記者説明会を開催した。

国民の政治参加にとって非常に重要な手段となっているインターネットの選挙期間中における利用解禁について、Yahoo! JAPANとしての考えと今後の取り組みの説明がなされた。

■候補者選択に十分な情報が必要- ヤフー CCO兼法務本部長 別所氏
今や日本のインターネットの人口普及率は75%を超え、パソコンや携帯電話、ゲーム機、テレビなどさまざまな機器を通じて利用されている。しかし、現在日本では、立候補者のみならず有権者個人も、選挙期間中のインターネットを使った選挙運動が、下記のように禁止されている。

選挙期間中のインターネット利用の現状
・街頭演説や政見放送でしか候補者の政策を聞けない
・個人のメールやブログでも立候補者について書けない
・候補者のブログに応援や反対のコメントを入れられないなど

現在、公職選挙法によりインターネットを利用した選挙運動が禁止されている理由は、インターネットが「文書図面」「あいさつ状」に該当すると解釈されているためだ。

しかし、そのために下記のような問題点も指摘されている。
・選挙期間中に、候補者が有権者に対して十分な情報を発信できない
・選挙期間中に、有権者が立候補者に関する情報にアクセスできる場面が限定される
・選挙期間中に、有権者がブログやSNSなどを通じて意見表面や意見交換を行うことができない

実際、選挙期間中に個人ブログで支援している候補者の行動を紹介していたら、突然、警察官が訪ねてきて、注意されてブログ記事を削除したというケースも発生している。

諸外国に目を向けると、アメリカやイギリス、ドイツでは、インターネットでの選挙運動の規制はほとんどない。
選挙運動の手法に規制を設けているフランスや韓国でも、インターネットの利用を制限付きながら認めている。

ヤフー株式会社 CCO兼法務本部長 別所 直哉 氏

別所氏は、「政策、候補者を選択するには、十分な情報が必要となると考えている。議論や意見交換を通じて、政策に関する意見形式を行い候補者を選択することが選挙にとって重要であると私どもは考えている。」と、インターネット選挙活動の解禁が必要な点を強調した。

選挙期間中のインターネット利用が解禁されると、下記のようなメリットが生まれるという。
・ブログやメールマガジンで候補者の活動内容がわかる
・動画で候補者の討論会や演説の様子を見られる
・候補者のブログに応援や反対のコメントを入れられる
・気になる立候補者や政党を自分のブログで紹介したり、SNSで意見交換できる

選挙は、その候補者を通じて、どのような政策が実現されるのかということを選ぶ行為であり、国民が政治に参加するための非常に重要な手段である。

ヤフーは、就労形態、家族形態、居住む環境など、生活のスタイルが多様化した今日において、有権者ひとりひとりが十分な情報を得て選挙に臨むために、従来の枠組みにとらわれず、より柔軟に自らの都合に合わせて情報を手に入れることのできるインターネットを使えることが望ましいと考えているのだ。

■ネット選挙活動の解禁を求める署名活動を開始
ヤフーは選挙期間中のインターネット利用の解禁を求めるため、本日より賛同署名を求めるサイトを開設した。
また、Yahoo!JAPANはインターネット事業者として、さまざまなコンテンツや検索エンジンを通じて、ユーザーに役立つ情報をインターネット上で提供してきた。

選挙は、私たち国民ひとりひとりの生活に影響を与える非常に重要なものだ。
ヤフーは今後、政治に参加するためのひとつの重要な手段として、選挙に関する情報をインターネットを通じて自由に手に入れることができるよう、賛同者の署名を集めた上で関係各所に要望していくとしている。

ヤフー株式会社

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

PCもケータイも不要!インターネットはMID時代へ?【最新ハイテク講座】

総務省情報通信政策局「通信利用動向調査報告書世帯編」によると、インターネット世帯普及率は2000年から急速に加速し、今日では9割超となっている。・通信関連業実態調査:報告書(世帯編) - 総務省情報通信政策局これほどまでに急速に…

フィッシング詐欺を防ぐ!「見える化」が変える利用者の安全と企業ブランド

ショッピングやバンキングなどの実生活の営みが次々にインターネット上で実現されている。店舗までの物理的な距離や固定したサービス受付時間など、様々な制限から解放されたインターネットは、利用者にかつてない利便性を与えてくれて…

4.1インチ大画面、1Ghz CPU搭載のインターネットケータイ「T-01A」【09夏ケータイ ドコモ編】

NTTドコモの09夏モデルのPROシリーズはホットだ。国内初のAndroidケータイHT-03Aの登場だけではない。4.1インチという最大級の大画面液晶を搭載する東芝製インターネットケータイ「T-01A」も同時に出現だ。OSにWindows mobile 6.1を採用…

ミラーでお化粧もUVもニュースもチェック! 情報がみえる「mirumo」【09夏ケータイ ソフトバンクモバイル編】

ユニークなシャープ製ケータイが多い09夏のソフトバンクモバイルだが、そのなかでも注目を集めているのが「mirumo(mirumo 934SH)」だ。mirumoの大きな特徴が、本体前面に搭載された3.0インチ新開発の「メモリ液晶」だ。モノクロながら…

中田英寿氏と強力コラボ!インターネットケータイ「DynaPocket」で新市場を切り開く東芝

好調に成長をし続けてきた携帯電話事業が伸び悩んでいる昨今、個人向けスマートフォンだけは著しく成長を遂げている。2009年3月モバイルコンピューティング推進コンソーシアムによる調査では、日本国内におけるスマートフォンの出荷台数…