3D映像技術も展示!最先端IT総合展「CEATEC JAPAN 2009」を開催【CEATEC JAPAN 2009】


2009年10月6日〜10日の5日間、千葉の幕張メッセにおいて、アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2009」が開催される。
入場料は一般1000円、学生500円。会期最終日の10日は入場無料。

本年は「デジタルコンバージェンスが明日をつくる、未来へつなぐ。」を開催テーマに、部品・デバイスから完成品まで多岐にわたる最先端技術を駆使した製品の展示と、業界をリードするキーパーソンがビジネスの革新、躍進に役立つ講演やセミナーを開催する。

展示会場は、製品の特性に応じて次の2つの展示カテゴリーに区分されている。

・デジタルネットワークステージ
実用化に向けて進化した3D映像技術をはじめ、超高精細・超解像・高音質を実現したデジタルTV、WEB対応IPTVなど、2011年のデジタル放送完全移行を見据えた製品群が並び、省エネ、CO2排出削減を実現する省エネ家電とともに太陽光発電技術などが紹介される。

また、ARを利用したサービスなど、さまざまな付加価値が付いた携帯電話をはじめ、モバイルネットワークにおける次世代高速移動体通信技術として注目のWiMAXや、第3.9世代携帯電話と呼ばれるLTE、NGN、高速電力線通信PLC、DLNAなど、さまざまなネットワーク規格の最前線を体感することができる。

電子部品・デバイス&装置ステージ
最先端技術を駆使して開発された電子部品・デバイスが一堂に会し、世界に誇る「日本のものづくり」に素早くアクセスできるステージ。

より小型化・薄型化する機器に対応するための極小部品や低背部品、エレクトロニクス技術が他産業分野に広がるのに伴い、自動車向け・住宅設備向けなどにニーズが高まる高耐熱性や高耐久性を有する部品、そしてCO2排出削減を実現するための低消費電力部品などが多数出展されている。

なお、ITライフハックでは、現地から最新の情報を順次お届けする予定。

ITライフハックがブログでもオープン

CEATEC JAPAN 2009
KDDI
■もっとCEATEC JAPAN 2009の記事をみる
さらば電池切れ!KDDI、燃料電池内蔵ケータイ
手で触れるくらいの迫力!ソニー、迫力の液晶テレビ「3Dブラビア」
ため息が出る美しさ!東芝、次世代テレビ「CELLレグザ」を初披露ldn_wos_section_end -->

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…