約200種もの地ビールが試飲し放題!日本最大のビールの祭典が開催へ


ビールはもっとも人々に親しまれている飲み物だ。仕事帰りや風呂あがりの一杯や、宴会の「とりあえず」まで、
日本人にとっても、ビールは生活に無くてはならない飲み物となっている。「ビール」「発泡酒」「第三のビール」など日本のビールも多様化している中で、年々成長しているビールがある。それが「地ビール」だ。

地ビールは、1994年4月の酒税法改正で最低製造数量基準の緩和によって、全国各地のビール会社によって作られている個性豊かなブランドビールだ。地ビールには、大手ビール会社の量産ビールにはない個性あふれる「香り」「味」「のどごし」を備えた多くの銘柄のビールがあり、ビール愛好家に指示されているのだ。

そんなビール好きの人たちには、こたえられないイベント「ジャパン・ビアフェスティバル横浜2009」がまもなく開催される。

■約200種類のビールが試飲し放題
「ジャパン・ビアフェスティバル横浜2009」では、、入場料のみで地ビールを中心とした約200種類のビール、輸入ビールが試飲し放題なのだ。通称「ビアフェス」として親しまれ、毎年オープン前には、1,000名近くが列を作るほどで、今年の総来場者は、なんと2万人に迫るほどだ。

200種類もの地ビールを飲み比べることができるイベントは、このビアフェスだけとなっていることから、ビール愛好家ならずとも、喉がうずくイベントだろう。

■日本生まれの「ブルックリン・ラガー」も登場
今年のビアフェスでは、日本で初めて生樽で輸入するビール「ブルックリン・ラガー」が試飲できる。
今回の「ブルックリン・ラガー」の提供は、世界的に有名なアメリカの地ビールメーカー「ブルックリン・ブルワリー」と日本の地ビールメーカー「木内酒造」(茨城県)の提携により、10月から日本でのライセンス生産に先立って行われるもの。

■日本一はどこだ?「ブルワリー・オブ・ザ・イヤー」が発表へ
「ブルワリー・オブ・ザ・イヤー」は、ビールの消費が低迷している時代の中にあっても、時代に媚びず、世評に流されず、自らの確固たる方針を打ち立て、自信をもってビール事業を展開しているメーカーの経営者を顕彰して、日本のビール業界の振興と発展を願う志から生まれた賞だ。

ビール専門家やビール審査員、ビール業界関係者、一般ビール愛好家から委員を選出し、厳選な審査により選出される。

発表は、2009年9月21日午後1時半ころ、横浜港大さん橋ホール・ジャパン・ビアフェスティバル横浜2009会場において行われる予定だ。

■「ジャパン・ビアフェスティバル横浜2009」
会期:2009年9月19日〜21日の3日間
場所:横浜の大さん橋ホール国際客船ターミナル 2階
入場料は、当日券が4,300円、前売券が3,800円。各コンビニやJTB、e-plus、チケットぴあで購入が可能。

日本地ビール協会
■もっとビール関連の記事を読む
ファン投票No.1は「黄金三麦」!写真で見るビアフェスの地ビール
日本一がんばったビール会社が決定!日本最大のビールの祭典

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…