パソコン起動時に予定をチェック!Googleカレンダーの技【知っ得!虎の巻】


Googleカレンダーの便利なところは、Internet Explorerなどのブラウザが使えれば、どこのパソコンでも見られる点だ。紙の手帳のように置き忘れる心配がなく使い勝手も良いので、スケジュール管理にGoogleカレンダーを使っている人も多いだろう。

しかし、その日の予定を確認するためだけにわざわざブラウザを起動してGoogleカレンダーにアクセスするのが面倒に感じた人はいないだろうか。

今回紹介するGoogleカレンダーをデスクトップに表示する方法を知っていれば、パソコンを起動してすぐにスケジュールを確認することができる。


■知っ得 No.0110 Googleカレンダーをいつも表示する
Googleカレンダーをデスクトップに表示させるには、「限定公開URL」というものを利用する。このURLをデスクトップ上に表示させるように設定するというわけだ。
なお、デスクトップ上にWebページを表示するのはWindows XPの機能のため、Vistaでは使用できない。

●「限定公開URL」をコピーしよう
限定公開URLは、Googleカレンダーの設定画面で確認することができる。まずはGoogleカレンダーを表示し、「設定」をクリックする。設定画面が開いたら[カレンダー]タブを選択し、限定公開URLを知りたいカレンダーを選択する(画面1)。
画面1 カレンダーを選択する

詳細設定画面が表示されたら、一番下の「限定公開URL」にある[HTML]をクリックし(画面2)、表示された限定公開URLをコピーしておこう(画面3)。
画面2 「限定公開URL」の[HTML]をクリックする

画面3 限定公開URLが表示される

●限定公開URLをデスクトップに設定する
[スタート]−[コントロールパネル]を選択してコントロールパネルを開いたら、[デスクトップの表示とテーマ]−[画面]を選択する。[画面のプロパティ]が表示されるので、[デスクトップ]タブを選択する。

[デスクトップ項目]ダイアログボックスが表示されるので、[デスクトップのカスタマイズ]をクリックし、[Web]タブを選択し、[新規]をクリックする(画面4)。
画面4 [Web]タブで[新規]をクリックする

[新規のデスクトップ項目]ダイアログボックスが表示されたら、[場所]にコピーした限定公開URLを貼り付け、[OK]をクリックする(画面5)。順々に開いているダイアログボックスを[OK]で閉じると、設定が完了し、デスクトップにGoogleカレンダーが表示される。
画面5 [場所]に限定公開URLを入力する

表示されたGoogleカレンダーは、四隅をドラッグすることで、自由に大きさを変更することができるので、見やすい大きさに調整しよう(画面6)。
画面6 デスクトップ上のカレンダーはドラッグで自由に大きさを変更できる

スケジュールをクリックし、「詳細」を選択すると、ブラウザが起動してスケジュールの詳細を確認することができる。また、スケジュールを変更した際は、メニューから[同期]を選択すれば(画面7)、変更をデスクトップ上のカレンダーにも反映できる。
画面7 メニューから[同期]を選択すれば、同期が実行される

今回のテクニックを使えば、素早くスケジュールを確認できるだけでなく、ブラウザを使う手間も省くことができる。Googleカレンダーでスケジュールを管理している人には、お勧めのテクニックだ。

なお、限定公開URLは、自分だけが専用に利用するために発行されるアドレスだ。くれぐれも、他のユーザーと共有しないよう注意しよう。

【知っ得!虎の巻】をもっとみる
仕事を効率化!Googleカレンダーを使いこなすコツ
フォルダの履歴を利用!目的のファイルを素早く開く技
パソコンの起動をスムーズに!不要なスタートアップを無効にする術
メールでもお知らせ!予定管理に便利な無料ソフト

編集部:池田利夫、篠崎 哲、岡本奈知子(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2009 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

KDDI、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」を開設

KDDIは、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」開設した。この「世界一横に長いTOPページ」は、「au Smart Sports」のエコキャンペーン「Green Road Project」の一環として提供される。auは、携帯とPCを連携した新サー…

窓を振るとデスクトップが片付く「Aero Shake」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7の数ある新機能の中でもっとも特徴的な機能は、Vistaでも採用されていたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」の進化と言っても過言ではないだろう。前回はウィンドウの再配置機能を提供する「Aero Snap」を…

明日に仕事は残さない 働きマンは大画面でテキパキ【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…

ネットブックに最適!デスクトップの整理ワザ5連発【知っ得!虎の巻】

アプリケーションをインストールすると登録されるショートカットや、作成したファイルやフォルダなど、デスクトップを使い込むうちに、どんどんアイコンが増え、乱雑になっていく。特に画面が小さいネットブックでは気になるところだろ…

国内初のグーグルケータイ登場!地磁気センサーで星座も方位も一発表示【09夏ケータイ ドコモ編】

2009年5月19日、NTTドコモは国内初となるAndroid搭載のスマートフォン「HT-03A」を発表した。「HT-03A」は、HTC社製「HTC Magic」の国内向けモデルとなる。「HT-03A」は、地磁気センサーの搭載により羅針盤機能を利用することができる。…