応援の大人が大歓声!日本代表を決めるロボットイベント「WRO Japan2009」レポート


今日の日本は世界的な経済大国だが、戦後の日本を経済大国に押し上げた要因のひとつに日本の「ものづくり」の技術がある。

「ものづくり日本」を支える未来の科学者・技術者の育成と、子供達の創造性・問題解決力の向上を目的としたイベント「ワールドオリンピアード(WRO)2009」国内決勝大会が2009年8月23日、都内の科学技術館において開催された。

全国23の地区予選、700チーム(1,800)から選抜された60チームが、11月に行われる世界大会 日本代表の座をかけて決勝大会にのぞんだ。

■世界に大きく羽ばたくことを期待 - WRO Japan 広瀬理事長
決勝大会の開催に先立ち、NPO法人WRO Japan 理事長 広瀬勇二氏より開会の挨拶があった。
NPO法人WRO Japan 理事長 広瀬勇二氏

WROは世界中の子どもたちが各々ロボットを製作しプログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、今年で6回目を迎える。市販ロボットキットを利用することで参加がしやすく、科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われるのだ。

WRO Japan 広瀬理事長は、「ぜひ、皆さん。日頃の練習の結果を存分に発揮していただきたいと思います。未来を担う選手の皆様が互いの知識と技術への関心を深め、世界に大きく羽ばたかれることを期待しております。」と語った。

■観客も熱くさせた決勝大会
決勝大会の競技は、「レギュラーカテゴリー」と「オープンカテゴリー」のふたつのカテゴリーが用意されている。。

●レギュラーカテゴリー
小学生と中学生、高校生の各カテゴリーに分かれて行われた。
市販の自立型ロボットキットとソフトウェアにより、規定課題を競技する。参加者はその場でロボットを組み立て、プログラミングをしなければならない。

・鉄人ロボットトライアスロン - 小学生競技
競技内容:ロボットはピンポン玉ひとつを持ってスタートエリアをスタートし、障害物コースを通り抜ける。ベースキャンプに到着後、ロボットはピンポン玉をゴールにシュートする。
鉄人ロボットトライアスロン - 小学生競技

・ロボット借り物競走 - 中学生競技
競技内容:ロボットは借り物ゾーンまで障害物のある道を進み、ベースキャンプにできるだけ多くのピンポン玉を運ぶ。
ロボット借り物競走 - 中学生競技

・ロボットビリヤード - 高校生競技
競技内容:ロボットはピンポン玉の丘を通過し、指定された色のボールを運び、同じ色の穴にボールを入れる。
ロボットビリヤード - 高校生競技

各カテゴリーごとに難易度の違いはあるが、規定時間内にロボットを組み立て、車検を通してから競技を行うかたちだ。いかにロボットを早く組み立ててプログラムを作成し、競技前にロボットの微調整を行えるかが勝敗の大きな分かれ目となる。

いずれのチームも地方の予選大会を勝ち抜いた強者揃いだが、制限時間内にロボットを完成できないチームや、本番で実力を出せないチームが続出。競技の応援に駆けつけた学校の先生や親たちは、教え子や我が子の競技に熱い応援を送る。ロボットがコースから落ちたり動かなくなると、「ああああ!」という落胆の声が聞こえ、さながら自分が出場しているのかのようであった。

●オープンカテゴリー
その年ごとに与えられたテーマについて科学的アプローチを持って各自研究し、その結果を反映したロボットを作成してプレゼンテーションを行う。

今年のテーマは「アーティストロボット」。お茶を点てる「茶道マシーン利休」や、スイカを割る「スイカ割りロボット」などのデモンストレーションが行われ、来場者の注目を浴びていた。

レギュラーカテゴリーの競技は受付から終了まで6時間を超える長丁場におよんだ。その後の厳選なる審査の結果、「WRO Japan2009決勝大会入賞者」は下記のとおり決定した。★(星印)が付いた8チームは、韓国で開催される世界大会へ出場することになる。
表1.WRO Japan2009決勝大会入賞者(レギュラーカテゴリーと審査員特別賞)


表2.WRO Japan2009決勝大会入賞者(オープンカテゴリー)
「茶道マシーン利休」さいたま市立日進北小学校/さいたま市立高砂小学校
「スイカ割りロボット」さいたま市立春野小学校/さいたま市立芝原小学校
「緑園西小リキューズ3777」横浜市緑園西小学校
「生産システム研究部」栃木県立宇都宮工業高等学校
「お祭りロボット」さいたま市立大谷場小学校/さいたま市立常盤小学校
「サンダーバード65号」富山市立速星中学校/射水市立大門中学校
※全チームが韓国で開催される世界大会へ出場>

WRO Japan2009決勝大会は、世界大会への出場権を勝ち取るためのイベントということもあり、競技は厳しいルールの中で行われたが、競技を終えた子供たちにはどの顔にも笑顔があふれていた。


WRO2009公式サイト
■もっとロボット情報を見る
仲間同士で闘うから面白い!対戦できる工作キット
エコを体感!6つの太陽発電が体験できる「6in1ソーラー工作キット」
ダミーパーツは荒井店長のアイデア!二足歩行ロボット「KHR-3HV」

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

日本全国が無線LANスポットに!「どこでもWi-Fi」【ケータイラボ】

最近は、無線LAN機能を搭載するデジタルグッズが増えてきた。ニンテンドーDSiやプレイステーションポータブル(PSP)は無線LANで対戦型ゲームを遊べるし、iPod touchは無線LANを利用してネットサーフィンも楽しめる。無線LANは携帯型デ…

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…

リコー、織作峰子氏の写真展「時」のスタート・サイン会を開催へ

株式会社リコーは、銀座のフォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 織作峰子氏の写真展「時」のスタート・サイン会を開催する。●織作峰子展「時」スタート・サイン会織作峰子展「時」の開催にともない、織作峰子氏によるサイン会を…

日本一短いスカートの想い出と政治家は酒杯の陰謀にはご用心【4コマでわかる時事ニュース】

時事4コマは、最新のニュースを笑いあり、風刺ありでお伝えする4コマ漫画です。ちょっと見逃されているようなニュースも、4コマ作家の鋭いセンスで毎日ピックアップ!されています。今週は、スカイマークの制服が廃止、新潟の日本一短い…

iPhoneが開く国境なきビジネス 日本を飛び越え世界で勝負する【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gはスマートフォン市場に大きなムーブメントを巻き起こしたが、iPhone 3G登場の影響は、スマートフォンという端末市場だけではない。それ以上にiPhone 3G上で動作するアプリケーション市場が世界…