パソコンの入力操作が快適に!無料ソフト2選【知っ得!虎の巻】


毎日使うパソコン、誰しも少しでも便利に、快適に使いたいと思っていることだろう。
たとえばマウス操作。キーボードからバシバシ文字を入力しているときに、マウスを使う操作が入ってくると、その流れが乱れてしまう。ちょっとした操作なら、キーボードだけでできないものかと思う人もいるだろう。

また、文章を入力している時には、何度も同じ文字列を入力することがある。コピペすればいいわけだが、クリップボードには1つのデータしか入れられない。いくつかの文字列をひんぱんに代わる代わる利用したい場合は、いちいちコピーしなくてはならなかったりして手間がかかる。
どちらもちょっとしたことだが、イライラの元はなくせる物ならなくした方がいい。


■知っ得 No.0104 イライラ解消便利ソフト
今回は、Windows上のほとんどのマウス操作をキーボードで行える「KBMouse」と、クリップボード拡張ソフト「金魚鉢」を紹介しよう。

●マウスエミュレータ「KBMouse」
「KBMouse」はカーソルの移動はもちろん、クリック、ホイールの回転までもキーボードで行えるマウスエミュレータだ。マウス操作モードへの切り替えも、スイッチとなるキーを押すだけと簡単だ。必要なときだけ操作モードを変えればいいので、通常の入力作業が邪魔されることもない。

「KBMouse」のサイト(http://www.parof.jp/Software/KBMouse/)にアクセスし、「最新版のダウンロード」の「KBMouse(version09.07.18.01)」をクリックしてダウンロードを実行する(画面1)。ダウンロードしたzipファイルを解凍し、KBMouse.exeをダブルクリックすれば起動し、タスクトレイにアイコンが表示される。
なお、初回起動時にはコンフィグファイルがないため、デフォルトのコンフィグファイルをコピーするかどうかを聞かれる。設定は後で変更できるので、とりあえずはデフォルトのコンフィグファイルを使用するといいだろう。
画面1「KBMouse(version09.07.18.01)」をクリック

まずは使ってみよう。デフォルトのコンフィグを使用している場合、[CapsLock]キーを押せばKBMouseが有効となる。マウスの移動は[↑][↓][←][→]キーで、[Shift]キーを押しながらだと低速移動となる。左クリックは[Z]キー、右クリックは[X]キー、ホイールの回転は[D]キー(上)と[C]キー(下)に割り当てられている。

これらの設定を変更したい場合は、タスクトレイのアイコンを右クリックし、[コンフィグ設定]を選択する(画面2)。操作は最高3つのキーを同時に使うこともできるので、自分のやりやすいように設定しよう(画面3)。
画面2 タスクトレイアイコンを右クリックして[コンフィグ設定]を選択画面3 デフォルトの設定画面。必要に応じて設定を変更する

なお、マウス操作モードになっている場合は、通常のキー操作は実行できない。ただし、コンフィグ設定画面の[キー機能]タブの[パススルー]に設定しておけば、そのキー操作だけは有効にできる。コピー([Ctrl]+[C])や貼り付け([Ctrl]+[V])など、マウス操作をしながらでも使用しそうなキーを設定しておこう。

デスクトップパソコンなど、マウスがあるのが当たり前の機種ではあまり出番はないかもしれないが、ネットブックを外出先で使う際に、わざわざマウスを付けるのは面倒だけどタッチパッドの操作もやりにくい……という場合には非常に便利なソフトだ。
インストールも必要ないし、有効/無効もスイッチのキーを押すだけと簡単なので、ぜひ試してみてもらいたい。

●クリップボード拡張ソフト「金魚鉢」
「金魚鉢」は、クリップボードに転送された文字列の履歴を保持してくれる。もちろん内容は再利用することが可能。履歴はパソコンの電源を切っても残しておけるので、再度起動して前回の続きをやる際にも、前のデータを利用することができる。

「金魚鉢」のサイト(http://molmott.hp.infoseek.co.jp/)にアクセスしたら、「software」をクリックして「金魚鉢」クリック。「ダウンロード」の「金魚鉢 1.531(2009.7.16)」をクリックしてダウンロードする(画面4)。ダウンロードしたlzhファイルを解凍し、hati.exeをダブルクリックすれば起動する。こちらも「KBMouse」同様、インストールする必要はない。
画面4「金魚鉢 1.531(2009.7.16)」をクリック

タスクトレイのアイコンを左クリックすれば、履歴検索ウィンドウが開き、今までにクリップボードに転送された文字列が一覧表示される(画面5)。ここで目的の文字列をクリックすれば、この文字列が再びクリップボードに転送される。[Ctrl]キーを押しながらクリックすれば、直前にアクティブだったウィンドウにそのまま貼り付けることもできる。また、右クリックで不要な文字列を履歴から削除することもできる。
画面5 クリップボードに転送された文字列が一覧表示される

履歴は最大で5,000も保存することができる。そんなにたくさんの履歴の中から目的の文字列を探し出すのは大変では?と思った方もご安心を。「金魚鉢」ではインクリメンタル検索が行える。履歴検索ウィンドウ下部の入力欄に文字を入力していくと、合致した履歴が上の方に表示されるのだ(画面6)。これなら目的の履歴を探し出すのも簡単だ。

「金魚鉢」にはもう一つ、登録した定型文をクリップボードに転送するという機能が用意されている。あらかじめよく使う定型文を登録しておけば、タスクトレイアイコンを左クリックして[定型文挿入]を選択し、目的の定型文を選択すればいい(画面7)。
画面6 インクリメンタル検索で、目的の履歴を探し出すのも簡単画面7 アイコンを左クリックして[定型文挿入]を選択すると、登録してある定型文が一覧表示される

なお、通常は終了しても履歴は保持されるようになっているが、[設定]で終了時には履歴を消去することもできる。履歴検索ウィンドウの大きさ、保持する履歴の数なども設定できるので、使いやすいように設定しよう。

もっと【知っ得!虎の巻】をみる
■こちらもオススメ!PC 最新ニュース
CDやDVDはイメージで残す!イザというときに役立つ「Astroburn」
ネットブックでも便利に使える!仮想CD/DVDドライブ
Windowsを軽快に!RAMディスクでサクサク操作
ネットブックの強い味方!USBメモリー便利ソフト3連発

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2009 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】女性向けのエレガントなケータイ「707SC スワロフスキー・クリスタルバージョン」

「707SC スワロフスキー・クリスタルバージョン」は、女性に大人気のスワロフスキー・クリスタルを全面にあしらった特別モデル。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。スワロフスキー・クリスタルとは、オーストリアのスワ…

【ケータイラボ】タッチ式の液晶パネルで操作するDSスタイルケータイ「D800iDS」レビュー

折りたたみタイプの携帯電話で、液晶画面が2つ搭載していてボタンがついていないというDSスタイルの端末がドコモから発売になった。三菱電機製のD800iDSである。通常の液晶画面と、ふれることで操作ができるタッチパネルディスプレイの…

【ケータイラボ】バツグンの操作性!これがカシオのワンセグ携帯

auから2007年春モデルのトップバッターとして発売されたのが、カシオのワンセグ携帯「W51CA」だ。液晶テレビに使われる高画質な“IPS液晶”を採用し、約5時間30分のワンセグ機としては最長視聴時間を実現している。また、“勝手アプリ”も…