人気の「液晶テレビ」 購入前にトレンドと注意点をチェック【最新ハイテク講座】


今年も夏のボーナスの季節がやってきた。電通総研の調査によると、夏のボーナスの使い道のトップは地デジ対応大型薄型テレビ、2位は省エネ家電、3位はアウトレットモール。「100年に1度の大不況」と言われる中でも、地デジ対応大型薄型テレビは相変わらずの人気ぶりだ。
消費者が選んだ2009年「夏のボーナスの使い道」、「上半期話題・注目商品」ランキング(PDF形式) - 電通総研

そんな薄型テレビの代表格ともいえる液晶テレビは、画面が大きくなればなるほど高価になる商品だが、液晶パネルの低価格化が進んだことにより最近はかなりリーズナブルな価格になってきた。特定のメーカー製にこだわらなければ、32型の液晶テレビが4万円台で購入できる時代なのだ。

とはいえ、テレビを購入する基準は人それぞれで、単に価格の安さだけではないだろう。実際、家電メーカーは、他社の製品と差別化するために、さまざまな機能を盛り込んだ液晶テレビを市場へ投入している。

そこで今回は、今注目されている液晶テレビのトレンドにフォーカスしてみた。


■32V型にフルHDは不要か - フルHD vs HD
テレビの画質を決める要素のひとつに解像度がある。解像度が高ければ高いほど高精細な映像を見られるのは事実だが、ハイビジョン対応の液晶テレビを購入する際は注意が必要だ。というのは、縦が650ピクセル以上の液晶パネルを採用した液晶テレビは、一般に「ハイビジョンテレビ」と呼ばれているが、一口にハイビジョンといっても規格がいくつかあるからだ。

現在、放送や映像メディアの違いによって、同じハイビジョンでも解像度が異なる(表1)。大は小を兼ねるので、フルHD画質(1920×1080ピクセル)の液晶テレビを購入しておけば画質に間違いはないが、あくまでひとつの基準に過ぎない。

表1.放送と解像度の関係
映像解像度(ピクセル)画質
地上デジタル放送1440×1080HD画質
地上アナログ放送720×480SD画質
BS/CSハイビジョン放送1920×1080フルHD画質
BS/CS標準放送720×480SD画質

たとえば、32型の液晶テレビには、ハイビジョン画質(1366×768ピクセル)とフルHD画質(1920×1080ピクセル)の商品が販売されているが、32型ぐらいの液晶テレビを少し離れて見ると、両者の差はほとんど感じられないという。

■残像が少ない液晶を実現 - 倍速回路
液晶テレビのの欠点としてよくあげられるのが、スポーツや映画のアクションシーンなどの動きが激しい映像を液晶テレビで表示させると、残像が残ってしまう現象だ。この残像現象を回避するために開発された技術が「倍速回路」という技術だ。

倍速回路を内蔵した液晶テレビでは、映像と映像の間に新たに映像を作り出すことでこの滑らかな映像を実現することができるわけだ。最新の液晶テレビのなかには、4倍速動画表示が可能な製品もあり、倍速表示に比べてよりスムーズな映像を楽しめるようになっている。

■テレビで電子決済ができる時代へ
倍速回路以外の機能として注目なのが、ネットワーク連携機能だ。ネットワーク連携機能を備えた液晶テレビは、自宅にインターネット環境があれば、テレビにネットワークケーブルを接続するだけでテレビ放送以外のさまざまなコンテンツを楽しむことができるのだ。

たとえば、「アクトビラ ビデオ」は、テレビでいつでもビデオレンタルできるサービスがあり、雨の日でも自宅に居ながらにしてビデオを視聴することができる。

また最新の液晶テレビのなかには、FeliCaポート搭載のリモコンを付属したテレビがあり、その場でアクトビラの有料コンテンツの電子決済を行うことができる。
スポーツ観戦から電子決済まで楽々こなす!新ブラビアを体験してみよう - ITライフハック

以上のように、最新の液晶テレビは、これまで弱点とされていた残像現象服したうえにブロードバンド環境にも対応し、電子決済ができるなど、「多機能テレビ」と言えるぐらいに進化を遂げている家電なのだ。


■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース
ネットブック市場を狙う三つ巴の闘い!次世代の高速通信は三国志時代へ
次世代テレビを巡る攻防!LEDテレビ vs 曲がるプラズマテレビ
テクノロジーにアナログで挑む? ハイブリッドカー vs 淵上の足
健康は食から変える!水で焼くオーブン「ヘルシオ」の健康効果
PS3の頭脳がパソコンを救う!驚異の映像処理チップ「SpursEngine」
【最新ハイテク講座】をもっとみる

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】ワンセグ放送が見れる!BRAVIAケータイ「SO903iTV」

「SO903iTV」は、ワンセグ放送を視聴できるBRAVIAケータイ。ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した高画質技術「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載し、コントラストが高く、メリハリのある映像を表現できる。液晶画面は、携帯電話で最…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…