2本以上のUSBメモリーでも高速化!強力になった「ReadyBoost」【いまから知っ得 Windows 7】


ReadyBoostは、USBメモリーなどの外部ストレージを使ってOSが利用できるメモリーを増やし、パフォーマンスを向上させる機能だ。システムを手軽に高速化できるので、Windows Vistaのユーザーの中には既にお世話になっている人も多いだろう。

そんなReadyBoostは、次世代OSのWindows 7にもシッカリと継承されているが、よりパワーアップしている。なんと、Windows 7のReadyBoostは複数の外部ストレージに対応したのだ。

■USBメモリーなら手軽に高速化できる
ReadyBoostの最大の魅力は、メモリーモジュールの上限が決まっていて増設できないノートPCなどでも、手軽に導入できる点だ。ReadyBoostに対応したUSBメモリーを購入してUSB端子に挿すだけで良い。

そんなUSBメモリーは、価格の下落が激しい。メーカーやディスク容量を問わなければ、数百円で購入できる。USBメモリーなら安価に手軽にシステムを高速化できるわけだ。

ReadyBoostの設定は簡単だ。ReadyBoost対応のUSBメモリーをパソコンに挿すと、自動再生の画面が表示されるので、「システムの高速化」を選択しよう。プロパティの画面が表示されたら「ReadyBoost」タブの「このデバイスをReadyBoost専用にする」または「このデバイスを使用する」を選択すればよい。

たったこれだけの設定で、Windows 7が見違えるように快適になるのだから「ReadyBoost」は有り難い。
ReadyBoost対応のUSBメモリーが余っている人は、それらをUSBポートに接続することで、Windows 7をより軽快に使うことができるわけだ。


参考:
マイクロソフトのEngineering Windows 7 ブログ
Windows 7 ホームページ

■こちらもオススメ!PC 最新ニュース
面倒な接待が簡単になった!家庭でもスイスイPC同士のデータ共有
セキュリティレベルはユーザー好みに!ユーザーアカウント制御
XPユーザーも安心してWindows 7が使える「Windows XP Mode」ってなに?
面倒なファイル探しにバイバイ!仮想化でファイルをスッキリ管理

もっと【いまから知っ得 Windows 7】をみる

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…