ローもハイも どんなシーンもおまかせ!ハイビジョンと一緒【思わず撮りたくなるHDカメラ】


最近、デジタルムービーカメラがすごいって知ってる?

動画ならケータイやデジカメでも撮れるからいらない。なんて思ってる あなたはアウト!
時代にしっかり乗り遅れてること、間違いなし。

デジタルムービーカメラは、ケータイやデジカメ動画とはケタ違いにスゴーイ進化をしてるのだ。

ムービーカメラって旅行くらいにしか使えないから無駄だよね。
素人の自分が撮ったムービーなんて人に見せられない。などと思ってるあなた。

これ、三洋の「Xacti DMX-HD2000」がおすすめだ。

「Xacti DMX-HD2000」なら、活躍の場は、旅行だけじゃない。
普段の生活で使えるのが、「Xacti DMX-HD2000」の一番の魅力だ。

グリップ型の本体は、90.0×54.5×112.6mm、約268とちっちゃくて軽い。普段から持ち歩けるサイズなのだ。その上、1.6秒で起動して撮影ができるから、決定的瞬間もバッチリ対応できるのだ。それも画質は、もちろんハイビジョン。3次元デジタルノイズリダクション搭載で、前後の画像からノイズを検出してノイズを軽減する高画質対応だ。

また、285度も回転する2.7型液晶を搭載しているので、ローアングルでも、ハイアングルでも、子供や恋人と一緒の自分撮りもバッチリできちゃう。つまり「Xacti DMX-HD2000」は、どんな体勢からでもハイビジョンムービーが撮れるというわけだ。
グリップタイプの三洋「Xacti DMX-HD2000」ローもハイもバッチリの液晶搭載 三洋「Xacti DMX-HD2000」


上手な撮影を手助けしてくれるのも「Xacti DMX-HD2000」のうれしいところだ。
ムービー撮影時にも、「顔検出」「追尾」機能を搭載しているので、人の顔に素早くピントを合わせてくれるのだ。最大12人までの顔検出ができるうえ、追尾機能も搭載しているからうっかりフォーカスアウトということも防ぐことがでるのだ。

さらに、「Xacti DMX-HD2000」は、撮るだけじゃない。2.7型の液晶画面を搭載し、本体でムービーの不要部分のカットや連結などの編集までできるのだ。

「Xacti DMX-HD2000」があれば、普段からハイビジョンムービーを持ち歩けるぞ。

■主なスペック
・有効画素数:静止画約800万画素、ムービーHD 約531万画素/SD 約200万画素
・撮像素子 :1/2.5型 約810万画素原色CMOSセンサー
・記録媒体 :SDメモリーカード (最大32GB SDHCメモリーカードに対応)
・画像 : 静止画 JPEG形式(DCF*2、DPOF*3、Exif Ver2.2*4準拠)
       ムービーISO標準MPEG-4 AVC/H.264規格準拠 (.MP4)
       音声 48kHzサンプリング、16bit、2ch、AAC圧縮
・レンズ  :光学10倍ズーム 焦点距離
・      f=6.3〜63mm 開放F=1.8(ワイド端)〜2.5(テレ端)
・      35mmフィルム換算 静止画:f=38〜380mm (光学ズーム 10倍)
                ムービー:f=44.4〜710mm (アドバンストズーム 16倍)
・シャッタースピード:静止画1/2〜1/1000秒 (フラッシュ発光時 1/30〜1/1000秒、ランプモード時最長4秒)
           連写:1/15〜1/1000秒 (フラッシュ非発光)
           ムービー:1/30〜1/10000秒 (高感度モード・ランプモード時最長1/15秒)
・デジタルズーム 撮影:最大約10倍
・液晶モニター:2.7型低温ポリシリコンTFTカラーワイド液晶(透過型)
        約23万画素 (明るさ調整7段階、285°回転)
・サイズ:90.0(W)×54.5(D)×112.6(H)mm (最大寸法、突起部除く)、約268g(本体のみ)


「Xacti DMX-HD2000」スペック詳細
三洋電機「Xacti DMX-HD2000」

【デジカメ調査室】をもっとみる
小型でも光学15倍とハイスピードAF! キヤノンの技術が詰まったカメラ
手のひらにハイビジョンが! 知らなきゃ損する?カメラ
デジカメみたいに使っちゃおう カメラ機能満載のムービーカメラ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

カメラの限界を超え始めたデジタルカメラ【気になるトレンド用語】

進歩を続けるデジタルカメラが新しい時代に入ろうとしています。デジタルカメラ(以下デジカメ)は、手軽なサイズと価格ながら、高画質・多機能さから人気を集め普及してきました。フィルムがいらないカメラとして登場したデジタルカメ…

イチバンが好き SSD搭載で薄くてかっこいい最先端をこの手に【ミニノートPC特集】

今、話題のパソコンといえば、6万円から4万円台という低価格がセールスポイントのミニノートPCです。インターネット利用が目的で性能を抑えてはいますが、予想外に仕事でも使えることから、サブではなくメインとして使う人も増えていま…

お花見を100倍楽しむ「小型デジカメ」をゲットしよう【ネット物欲魂】

「暑さ寒さも彼岸まで」の諺どおりに最近は暖かい日が続いており、季節はすっかり春の様相を見せるようになってきた。春一番の行事といえば、何と言ってもお花見だろう。お花見は、春の訪れを寿ぐ古来からの慣習だが、家族や仲間、会社…

インク無しでデジカメやケータイからプリント! ピリッとWasabiなプリンタ【デジカメ調査室】

お花見や入学シーズンを迎え、なにかと写真を撮る機会も増えているが、デジカメだけでなく、いろいろなものが日々進歩しているものだ。この一見、たばこサイズのボックスでケータイやデジカメ、パソコンからプリントが出先でもできてし…

頭脳をもったカメラ? 大切な人を覚えてくれるデジカメ【とんでもなく進歩したデジカメ特集】

どうせデジカメなんて、どれも同じ・・・ なんてこと思ってない?そう思ってる「あなた」は、とてつもなく古い!たしかに多機能化や小型・薄型化が進み価格もすごく安くなり、誰でもデジカメを持つようになって久しい。ところが、デジカメ…