ロボットアイドルも駆けつけた! アキバに「ロボットセンター」がオープン


2009年4月29日、秋葉原に「Vstone Robot Center(ヴイストン ロボットセンター)」がオープンした。
ヴイストン株式会社は、同センターオープンに先立ち、2009年4月28日、報道関係者向けに内覧会を開催した。

「ヴイストン ロボットセンター」は、ヴイストン社としては初となる首都圏の直営店だ。「ロボットセンター」としたのは、同社製品を購入できる単なる直営店にとどまらず、ロボットの技術サポートや活用方法の提案を通して、、ロボット情報の発信からコラボレーションの場として市場全体を活性化したいという思いが込められてる。

発表会には、ロボットアイドルとして知られる一之瀬まゆさんも応援に駆けつけた。


■人材育成の場にしたい - ヴイストン株式会社 大和氏
ヴイストン社は、ロボットをはじめとする電子機器・光学装置・ソフトウエアの研究開発および設計・製造・販売を手がけるロボット業界中では、知る人ぞ知る老舗企業だ。

ヴイストン株式会社 代表取締役 大和信夫 氏は、ロボットショップではなくロボットセンターを開設する理由は、2003年に量産型の二足歩行型ロボットを世界で初めて世に送り出して以来、各種ロボット製品実績は1万台を突破し販売だけでなく、ユーザーのためのサポートのニーズが非常に高まってきており、サポートできる人が各所に必要になってきたと説明した。
ヴイストン株式会社 代表取締役 大和信夫 氏

ロボットセンターには、同社の技術者が常駐し、技術な相談や活用方法の提案など、きめ細かなサポートを行うという。また、ロボットは人材育成として良い教材となることから、ロボットを通して人材育成の場としての役割も担っているという。

大和氏は、
「空中店舗ではありますが、何とか早くロボットユーザーや科学技術を学ぶ人たちに(場所を)知っていただいて、いろいろな人材や商品がここから出てきてもらえるように頑張っていきたい」と、ロボットセンターが目指す未来を語った。

内覧会には、ロボットアイドルとして活躍中の一之瀬まゆさんも応援に駆けつけた。一之瀬まゆさんは、
「ROBO ONEに行くと親子で参加されているかたもいらっしゃるので、ロボットは親子の会話の架け橋になると思います。ロボットセンターが出来たことでますますロボットを身近に感じられるようにできたら良いなと思います。今日は本当におめでとうございます。」と、ロボットアイドルらしく、ロボットをアピールしながら祝辞を述べた。
ロボットアイドルの一之瀬まゆさんが応援に駆けつけた「ロボットセンター」の店内

同社は今後、ロボットの販売だけでなく、人材育成という意味合いを込めてロボット工作教室や教育関係者向けの研修会などのワークショップを積極的に開催し、身近にロボット体験できる場を提供していきたいとしている。

ヴイストンロボットセンター
一之瀬まゆさんのブログ
ヴイストン株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【大人の物欲 工作】電脳ブロックでロボットを作る!「レゴ・マインドストーム NXT」

工作特集も今回で3回目。子供から大人まで楽しめる電脳ブロック「レゴ・マインドストーム NXT」を紹介しよう。■"レゴ・マインドストーム NXT"はレゴじゃないの?"レゴ・マインドストーム NXT"は、コンピューターが内蔵されたレゴ・ブロ…

【大人の物欲 工作】アクロバットプレイを制御せよ!トリッキーなアクションロボット「トルネーダー」

第4回となる今回は、赤外線でリモコン操作できるアクロバットロボット"トルネーダー"を紹介しよう。■"トルネーダー"って、なに?"トルネーダー"は、赤外線リモコンで動きを操作するロボットキット。 高速でのスピン・ターン、片輪走行…

【アキバ物欲】多彩なロボットに出会える2日間!「アキバ・ロボット運動会2007」

2007年10月20日(土)・21日(日)の2日間、秋葉原ダイビルにおいて、NPO法人産学連携推進機構の主催による「アキバ・ロボット運動会」が開催される。入場料は、一般が500円、小中高生・65歳以上が300円、未就学児が無料。■ロボットと人…

【アキバ物欲】最先端ロボットが大集合!「アキバ・ロボット運動会2007」

2007年10月20日(土)・21日(日)の2日間、誰もが参加できる"ロボット体験"をテーマに「アキバ・ロボット運動会」が開催された。今回は、各ブースの模様をフォトレポートしよう。株式会社アフレルのブースでは、アキバ物欲でも紹介し…