「乗り換え」「追加」でユーザーが注目するlivedoor プロバイダの理由【新時代のプロバイダ選び】


大学や企業のメール利用から一般への普及がはじまったインターネットも、ネット通販やブログ・SNSが登場して一般家庭でもすっかりお馴染みのサービスとなった。今日では、さまざまな企業がインターネット環境を利用でするプロバイダサービスに参入しているが、誰しもが一度は悩む問題がある。

今使っているプロバイダは、自分に適しているのか?

ということだ。
誰しもプロバイダ選びに迷った経験はあるだろうが、とりあえずパソコンに入っていたプロバイダ登録ツールなどで契約してそのまま使っているというケースも多いだろう。
一回契約してしまうとプロバイダを変えるのが面倒で、ついつい使わない機能のサービスや高い料金のまま使っているという人も多い。

今回は、今のプロバイダからの「乗り換え」や「追加」で好評だというlivedoor プロバイダの担当者にお話をうかがってみた。

■魅力はどこにある? livedoor プロバイダ - 月々1,575円で高速ネット環境を提供
livedoor プロバイダの最大の特徴は、月々1,575円(税込み)の定額制で最大100Mbpsの高速なインターネット環境を提供している点だ。なぜ、高速回線でありながら低価格化を実現できたのだろうか。
担当者にその辺のところをうかがってみると、

「メールアカウント機能、電話サポート機能などを省いたからです。プロバイダに登録するとlivedoorメールが無料で使えますし、サポートはlivedoorのサポート部門のメールサポートがあるからです。」
との単刀直入な答えが返ってきた。

メールアカウント機能がないと聞くと不便では? と思うのだが、ポータルサービスを展開するlivedoorでは、無料のlivedoor メールを利用できるだけでなく、メールによるサポートも保証されているので、あえてプロバイダサービスでメールカウントを用意する必要はないということだ。
写真1「livedoor プロバイダー」の公式サイト

livedoor プロバイダのもう一つの魅力は、初心者だけでなく中・上級者にも好評な固定IPアドレスが使えるからだという。
担当者によると、

「外部からアクセスすることを想定されている方、サイト構築等のためにご自身でサーバを設置したいと思っている方に欠かせません。」
との答えが返ってきた。

通常、IPアドレスはインターネットに接続するたびに割り振られることが多い。つまり、住所がわからなければ手紙や宅急便が届かないのと同じように、外出先などの外部から自宅パソコンを利用するためには、IPアドレスが毎回違うとパソコンの設定やアクセスが面倒となるのだ。

自宅に自分用のサーバなどを設置して、外部から自分専用のデータを共有したり、自分専用のブログを使ったり、仕事のテスト環境としてつかったりしたい人には、固定IPアドレスは便利なのだ。

■「速い」「安い」「うまい」の三拍子
初心者から上級者まで便利そうなlivedoor プロバイダとは、どういうプロバイダなのだろうか。
担当者曰く、
「実は、私たちは『速い』『安い』『うまい』というファストフードみたいなキャッチコピーで言い表しています。」

『速い』のキーワードについて担当は、次のように説明する。
「法人を対象として自社構築の光ファイバー網を利用した高品質インターネット接続サービスを提供してため、高品質のインターネット接続を実現できるのです。また、NTT東日本・西日本のフレッツ光(Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ光ネクスト)にも対応していますので、最近人気のYouTubeやニコニコ動画などの動画共有サービスでもストレスなく利用できる最大100Mbpsの高速インターネット接続が使えるんですよ。」

『安い』のキーワードについても、
「価格は月々1,575円(税込み)の定額制です。従量制とは違い、いくらつかっても価格が固定ですので、通信時間を気にしないでインターネットを楽しめます。」という。

最後に気になる『うまい』というのは、どういうことなのかを聞いてみた。
「livedoor プロバイダは、世界中で提供されている草の根無線LANサービス『FON』と正式に業務提携しているので、安心してFONを導入できるのです。自宅の『FON』を利用した安価な無線LAN環境を使うこともできます。
さらに固定IPアドレスが1つ付与されるので、自宅のパソコンをサーバーにすることだってできるのです。これ、かなり好評なんですよ。」とのことだ。

livedoorプロバイダは、他社とはちょっと違うサービスを数多く展開しているライブドアらしいサービスになっているようだ。

次回は、固定IPアドレスの魅力についてもみてみよう。

表1.「livedoor プロバイダ」サービス内容
月額利用料1,575円(税込み)※1
サポートメールサポート ※2 電話でのサポート窓口はなし
IPアドレス動的グローバルIPアドレス(DHCP)、固定IPアドレス×1
メールアドレスなし
その他申し込み前にlivedoor IDとlivedoor ウォレット※2の取得(登録無料)が必要

※1 NTT東日本・西日本の回線費用は別途必要
※2 livedoor提供の有料コンテンツ利用の際、クレジットカードや請求先などの情報を都度入力する手間を省き、情報を安全に保管するシステム

livedoor プロバイダ


■関連サイト
livedoorIDについて
livedoorウォレットについて
フォン・ジャパン株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ゲームの穴】 Wiiが広げるインターネット!「インターネットチャンネル お試し版」を使おう

任天堂の家庭向けゲーム機「Wii」は、次世代ゲーム機といわれるだけあり、今までの家庭向けゲーム機にない特長を持っている。そのひとつとして、前回は「【Wii特集】-3 感動を再び!懐かしのゲームをWiiで遊んでみよう」で、過去に発売…

【ゲームの穴】YouTube閲覧から世界救済まで!インターネットでのPS3活用術をフォトレポート

ソニーの次世代ゲーム機「PLAYSTATION3」(以下、PS3)は、インターネットへの接続を標準でサポートしているのが大きな特徴にもなっている。本体の発売と同時に開始されたネットサービス「PLAYSTATION@Network」を利用すれば、ゲームだ…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…