知らないと流行に乗り遅れる? テレビからゲーム機まで繋がる「DLNA」【最新ハイテク講座】


最近、見かけることが多くなった「DLNA」という言葉をご存じだろうか?

この「DLNA」、パソコンとPS3を接続すると、パソコン内の動画や写真、音楽などをPS3上からも利用することができるというものなのだ。

今年になって浮上してきたDLNAがメーカーも本腰で取り組みはじめ、にわかに活気づいているのだ。「DLNA」は、パソコンやゲーム機だけなく、液晶テレビ、ブルーレイ・レコーダーなどのAV機器にも対応製品が増え始めている。
アクトビラの“おでかけ転送”に初対応--ソニーBlu-rayレコーダー「BDZ-A950/A750」 - CNET Japan

そこで今回は、そろそろ知っておかないと乗り遅れそうな「DLNA」を見てみよう。

■そもそもDLNAってなに?基礎知識を知っておこう
DLNAとは、Digital Living Network Allianceの略称。家電やパソコン、モバイル機器などをネットワーク接続して相互にデータを利用するために、2003年6月に結成された業界団体だ。結成当初は「Digital Home Working Group(DHWG)」であったが、2004年6月に現在の名称「DLNA」に変更されている。


■DLNAはどこがスゴイの? 便利なのか?
DLNAの最大の特徴は、対応の機器同士であれば、メーカーが異なっていても接続できてしまうことだ。これまで同じ家電メーカー製品であれば機器同士を接続してデータを利用することができたが、メーカーが違うと利用できないという状況だった。

ところがDLNAは、加盟メーカー間での互換性を保持することを目的としているので、DLNA対応の機器であれば、メーカーが違う製品でも機器同士を接続できるのだ。


■DLNA何ができるのか?
もっともわかりやすい例をあげれば、テレビ番組の視聴だろう。

たとえば、DLNA対応ブルーレイレコーダー(HDDレコーダー)でテレビ番組を録画したとしよう。録画した番組はふつうにテレビで見られるが、ブルーレイレコーダーのホームサーバー機能を利用すれば、別室のDLNA対応機器(テレビやパソコン)から録画番組を見られるのだ。

逆にパソコンをWindows Media Player 11でDLNAサーバーにすれば、別室のDLNA対応大画面テレビでパソコンの中の動画や静止画、音楽を楽しむこともできるわけだ。


■DLNAの仕組み
DLNA対応の機器は、デジタルコンテンツを配信する「サーバー」と、コンテンツを再生する「プレイヤー(クライアント)」の2種類に大別できる。

・サーバー
サーバーは、デジタルコンテンツを保存し、配信する役割を担う。代表的な機器としては、パソコンやブルーレイレコーダー(ハードディスクレコーダー)があげられるが、最近はネットワーク型ハードディスクのようなパソコンの周辺機器にもDLNAサーバーに使える製品が登場している。

・プレイヤー(クライアント)
プレイヤーは、サーバーから配信されたデジタルコンテンツを再生するための機器。サーバーにアクセスする機器なので、「クライアント」と呼ばれることもある。代表的なプレイヤーとしては、テレビやパソコン、ネットワークメディアプレーヤー、オーディオシステムなどがある。


■DLNAのある未来は、生活が変わる?
現在は、家電製品を中心に普及しはじめたDLNAだが、DLNAの規格自体はモバイル機器への対応もうたっている。

今後、DLNA対応のモバイルプレイヤーがいつ登場してもおかしくないし、すでに登場しているかもしれない。ワンセグが携帯電話に搭載されたように、DLNA対応の携帯電話が登場する可能性もあるのだ。

DLNA機器が増えると、映像や音楽を好きなときに好きなものを見たり、聴いたりできるようになる。家庭内のAVライフが、今より便利で楽しくなるというわけだ。

参考
簡単快適ホームネットワークを実現するDLNA - Digital Living Network Alliance
Digital Living Network Alliance


■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース
空気の見えない汚れも分解する!現代の浄化魔法「プラズマクラスター」技術
お部屋で森林浴も楽しめる!「空気清浄機」の最新事情
屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み
ハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」の省エネ技術をさぐる
ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線
【最新ハイテク講座】記事バックナンバー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【アキバ物欲】ショップブランドに魅力あり!Vista搭載パソコン特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。Vistaは、同社が5年ぶりにパソコン市場へ投入するOSであるので、パソコンユーザーの中には、Vistaの登場を待ち望んでいた人も多いであ…