使ってるウインドウ状態までわかる「タスクバー」【いまから知っ得 Windows 7】


Windows 7は、Vistaから進させたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」によってデザインと操作性を劇的に向上させたが、実はAero以外にも操作性に改善を加えたものがある。それは「タスクバー」だ。

今回はWindows 7から新たに導入され、デザインと操作性が向上した新しいタスクバーについて見てみよう。

■見やすく使いやすく進化 - タスクバー
タスクバーは、起動したアプリケーションを表示するエリア。複数のアプリケーションを起動すると、タスクボタンが棒状に並ぶので、「タスクバー」というわけだ。

Windows Vistaまでは、タスクバーはアプリケーションのアイコンとともにアプリケーション名が表示されていたが、Windows 7ではアイコンのみでアプリケーション名が表示されないデザインが採用されている。

タスクバーは起動中のアプリケーションを素早く切り換えるのに便利な機能だが、これまでのタスクバーはアクティブなアプリケーションであるのか(ウィンドウでデスクトップ上に表示しているアプリケーションであるのか)、そうでないのかがひとめで区別することができなかった。

Windows 7のタスクバーは、アクティブなアプリケーションは明るく表示されるので、タスクバーを見ただけでアプリケーションのウィンドウ状態を把握することができる。

Windows Vistaと同様にアプリケーションをタスクバーに登録するランチャーとしての機能(クイック起動ボタン)も備えているが、その場合は枠なしのタスクボタンで表示され、起動中のアプリケーションとの違いがひとめでわかるようになった。
画面1 Windows 7のタスクバー画面2 Windows XPのタスクバー

以上のように、タスクバーもOSとともに進化したわけだが、タスクバー上で表示されるサムネイルにも大きな違いが見られる。次回はその辺の話をしよう。


参考:
Windows 7 ホームページ

■こちらもオススメ!PC 最新ニュース
窓を振るとデスクトップが片付く「Aero Shake」
便利に使えるウィンドウの自動変更「Aero Snap」
「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、マイクロソフトがWindows Vistaの後継OSとして提供を予定している次世代OSだ。正式リリースの予定は未だにアナウンスされていないが、一般のテストユーザー向けβ版が既に配布されたことで、インターネットや雑誌で既にご覧…

イライラ解消!隠れるウィンドウ防止で効率アップ【知っ得!虎の巻】

ウィンドウの大きさを変えたり移動したりしていると、ウィンドウ同士が重なってしまったり、微妙に隙間が空いてしまったりする。こんな風にウィンドウがごちゃごちゃしている画面は見にくいものだ。ネットブックのように画面サイズの小…

便利に使えるウィンドウの自動変更「Aero Snap」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、Windows Vistaで採用されたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」が、マウスの動かし方(ジェスチャー)でウィンドウを操作できるなど、さらに使いやすく進化している。この新しいAeroによりWindows 7は…

窓を振るとデスクトップが片付く「Aero Shake」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7の数ある新機能の中でもっとも特徴的な機能は、Vistaでも採用されていたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」の進化と言っても過言ではないだろう。前回はウィンドウの再配置機能を提供する「Aero Snap」を…