使ってるウインドウ状態までわかる「タスクバー」【いまから知っ得 Windows 7】


Windows 7は、Vistaから進させたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」によってデザインと操作性を劇的に向上させたが、実はAero以外にも操作性に改善を加えたものがある。それは「タスクバー」だ。

今回はWindows 7から新たに導入され、デザインと操作性が向上した新しいタスクバーについて見てみよう。

■見やすく使いやすく進化 - タスクバー
タスクバーは、起動したアプリケーションを表示するエリア。複数のアプリケーションを起動すると、タスクボタンが棒状に並ぶので、「タスクバー」というわけだ。

Windows Vistaまでは、タスクバーはアプリケーションのアイコンとともにアプリケーション名が表示されていたが、Windows 7ではアイコンのみでアプリケーション名が表示されないデザインが採用されている。

タスクバーは起動中のアプリケーションを素早く切り換えるのに便利な機能だが、これまでのタスクバーはアクティブなアプリケーションであるのか(ウィンドウでデスクトップ上に表示しているアプリケーションであるのか)、そうでないのかがひとめで区別することができなかった。

Windows 7のタスクバーは、アクティブなアプリケーションは明るく表示されるので、タスクバーを見ただけでアプリケーションのウィンドウ状態を把握することができる。

Windows Vistaと同様にアプリケーションをタスクバーに登録するランチャーとしての機能(クイック起動ボタン)も備えているが、その場合は枠なしのタスクボタンで表示され、起動中のアプリケーションとの違いがひとめでわかるようになった。
画面1 Windows 7のタスクバー画面2 Windows XPのタスクバー

以上のように、タスクバーもOSとともに進化したわけだが、タスクバー上で表示されるサムネイルにも大きな違いが見られる。次回はその辺の話をしよう。


参考:
Windows 7 ホームページ

■こちらもオススメ!PC 最新ニュース
窓を振るとデスクトップが片付く「Aero Shake」
便利に使えるウィンドウの自動変更「Aero Snap」
「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ハーフメタリックデザインのスリムケータイ「SH703i」

「SH703i」は、背面上部にメタリック調のパネルを採用したシャープ製のスリムケータイ。異なる素材で背面を上下に分割した特長的なデザインで、横96ドット×縦39ドットのサブディスプレイに表示された文字が、メタリックパネルに美しく浮…

【ケータイラボ】香りもデザインも着せ替えられる!アロマケータイ「SO703i」

「SO703i」は、香りもデザインも着せ替えられるアロマケータイ。光沢感のある9種類の「Style-Upパネル」は、それぞれのテーマにあわせたアロマシートが同梱されており、本体に貼り付けることでデザインだけでなく、香りも楽しむことが…

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows …

【アキバ物欲】ショップブランドに魅力あり!Vista搭載パソコン特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。Vistaは、同社が5年ぶりにパソコン市場へ投入するOSであるので、パソコンユーザーの中には、Vistaの登場を待ち望んでいた人も多いであ…

【アキバ物欲】パソコンの高速化からテレビ化まで!Vista対応周辺機器特集

2007年1月31日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)が発売された。同社が販売するコンシューマー向けのOSとしては、Windows XPの発売以来5年ぶりのOSとなるだけあり、パソコンユーザーの反響も大きく、パソコ…