便利に使えるウィンドウの自動変更「Aero Snap」【いまから知っ得 Windows 7】


Windows 7は、Windows Vistaで採用されたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」が、マウスの動かし方(ジェスチャー)でウィンドウを操作できるなど、さらに使いやすく進化している。

この新しいAeroによりWindows 7は、従来のVistaに比べて操作性を格段に向上させたのだ。
そこで今回は、Windows 7から新たに追加された「Aero Snap」をみてみよう。

■エアロが劇的に進化 - Aero Snap
Windowsでは、アプリケーションはウィンドウ(窓)の中で実行される。複数のアプリケーションを同時に実行できる(マルチタスクをサポートした)Windowsには便利な機能といえるが、ウィンドウの開閉、サイズ変更、配置の変更などは、ウィンドウの右上にあるオブジェクト(ボタン)や特定の操作を行う必要があった。

Windows 7では、これらのウィンドウの操作が改善され、より直感的な操作ができるようになっている。

ウィンドウの端でマウスの右ボタンを押しながらデスクトップの上端に持っていくと、ウィンドウは自動的に全画面表示となるのだ。また、そのまま画面の中央に持っていくと元のサイズで表示される。

次にウインドウを画面の左または右端に移動させると、半透明のフレームが表示される。この状態でマウスボタンから指を離すと、ウィンドウがデスクトップ画面の半分の表示に切り替わるのだ。この機能を使えば、左右に2つのウィンドウを表示させて、2つのウィンドウを比較しながらファイルコピーなどの作業できるというわけだ。
画面1 2つのウィンドウを比較しながらファイルをコピーできる

ガジェットがウィンドウなどで隠れてしまっている状態で、デスクトップに表示しているガジェットを確認したい場合場合は、マウスカーソルをデスクトップの右下の角へドラッグしよう。すると開いているウィンドウがすべて透明になり、デスクトップ上のガジェットがすぐに見えるようになる。
画面2 複数のアプリケーションが開いた状態画面3 ウィンドウが半透明になり、デスクトップが見える

Aero Snapは、マウスの操作を補助する機能だが、これらの機能が新たに追加されたことで、Windows 7の操作性はVistaに比べて格段に使いやすいものとなっているわけだ。

次回は、もうひとつの追加されたAeroの機能「Aero Shake」を紹介しよう。


Windows 7 ホームページ

■こちらもオススメ!PC 最新ニュース
『Windows 7』は秋にも発売可能? - トレビアンニュース
「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い - ITライフハック

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

KDDI、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」を開設

KDDIは、走った距離だけ画面が広がる「世界一横に長いTOPページ」開設した。この「世界一横に長いTOPページ」は、「au Smart Sports」のエコキャンペーン「Green Road Project」の一環として提供される。auは、携帯とPCを連携した新サー…

「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、マイクロソフトがWindows Vistaの後継OSとして提供を予定している次世代OSだ。正式リリースの予定は未だにアナウンスされていないが、一般のテストユーザー向けβ版が既に配布されたことで、インターネットや雑誌で既にご覧…

イライラ解消!隠れるウィンドウ防止で効率アップ【知っ得!虎の巻】

ウィンドウの大きさを変えたり移動したりしていると、ウィンドウ同士が重なってしまったり、微妙に隙間が空いてしまったりする。こんな風にウィンドウがごちゃごちゃしている画面は見にくいものだ。ネットブックのように画面サイズの小…

窓を振るとデスクトップが片付く「Aero Shake」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7の数ある新機能の中でもっとも特徴的な機能は、Vistaでも採用されていたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」の進化と言っても過言ではないだろう。前回はウィンドウの再配置機能を提供する「Aero Snap」を…