ハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」の省エネ技術をさぐる【最新ハイテク講座】


地上デジタル放送の完全移行まであと2年あるはずが、なんと1年早まる可能性がでてきている。地上デジタル放送の特徴は美しいハイビジョン映像を楽しめる点であるが、そのためにはハイビジョン対応のテレビが必要なる。

こうしたこともあり、地上デジタル放送の完全移行まで、家電メーカーの液晶テレビの販売競争にも激しさを増している。当初は高価格であった液晶テレビもここにきて低価格が進んでいるが、まだ手が出せない人も多いようだ。

地上デジタル放送への完全移行が1年前倒しか、対応テレビ購入者には支援金支給も検討 - GIGAZINE

地上デジタル放送への移行を背景に、ソニーは業界最高の低消費電力を実現した大型フルHDパネル搭載の液晶テレビ「ブラビア」V5シリーズを発売した。V5シリーズは、画面は高画質でありながら電力消費を今までより抑えたエコロジーにも配慮されているのだ。

そこで今回は、最新のハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」の省エネ技術をみてみよう。


■「ブラビア」の省エネ技術
液晶テレビ「ブラビア」は、どのようにして高画質を実現したまま消費電力を低く抑えられたのだろうか。「ブラビア」の技術をまとめてみた。

●より明るく低電力に - 外径4mmのHCFLバックライト
「ブラビア」V5シリーズで高輝度ながら低消費電力という相反する特徴を両立させたのが、新開発の外径約4mmのHCFLバックライトだ。

HCFLはその電極構造から管径を細くすることが難しく、細管型HCFLの液晶テレビのバックライトへの応用は実現されていなかった。ソニーはトリニトロン(カラーテレビ)の部品製造の開発で培った技術を活用し、またHCFL用に二重らせん構造の電極を開発することで、外径約4mmという従来は難しかった細管化を可能とした。

「ブラビア」V5シリーズは、このHCFLの採用により高い発光効率を保ちながら、従来使用していたCCFLと比べて大幅な消費電力の削減を実現した。メーカーの公式な資料によると、V5シリーズの消費電力はCCFLを採用した同機と同等の従来機種であるV1シリーズと比べて約40%削減されている(表1)。

液晶テレビ「ブラビア」体験イベント「消費電力&画質」のコーナー では、 液晶テレビ「ブラビア」V5(2009年2月発売)と液晶テレビ「ブラビア」V1(2008年4月発売)、ブラウン管テレビ(1997年7月発売)の画面と消費電力をその場で見比べることができた。

写真1 上が従来のCCFL、中央が新開発のHCFL、下が従来のHCFL写真2 「消費電力&画質」のコーナー


●画面を自動でオン・オン - 人感センサー
「ブラビア」V5シリーズには、赤外線センサーが画面下の中央に配置され、特定範囲内で人の動きを検知して、テレビの画面を自動でオン・オフする「人感センサー」を備えている。

具体的には、通常の視聴状態において人感センサーが一定の時間に人の動きがないことを感知すると、映像が自動的に消画状態(画面がオフ)に切り替わり、さらにその後30分間人の動きがないと認識した場合には、自動的にスタンバイ状態へと切り替わる。

リビングルームでテレビを観ている人が、家事のためにわずかな時間だけキッチンに立ったりする時など、思いがけない用事でテレビの前から離れる時でも、「人感センサー」がこまめに節電し、テレビの消し忘れを防止することができる。

メーカーによると、通常の視聴状態と消画状態を比較した場合、消費電力は約50%削減(ダイナミックモード時)されるそうだ。


●ほぼ0Wを実現 - 省エネスイッチ
コンセントに接続された電化製品は、電源を切っている状態(待機時)でも微弱な電流がながれている。これは「待機電力」と呼ばれるもので、家庭で使われる電力消費量の約1割に相当するとの話もある。

待機電力とは? 年間一万円の節約も?! - All About

とはいえ、待機電力を消すにはコンセントから電源コードを引き抜く必要があるのだが、こまめに実行するのは面倒だ。そこで「ブラビア」V5シリーズは、「省エネスイッチ」を側面に設置した。「省エネスイッチ」ひとつで電源オフ時の電力をほぼ0Wに抑えることができる。


●どれぐらいエコなのか? - 消費電力と電気代
ソニーの資料によると、2000年に発売された36V型のトリニトロンカラーテレビ「KD-36HD700」では275Wあった消費電力が、「KDL-46V5」では153Wまで低減されている。同等の従来機種「ブラビア」の「KDL-46V1」と比較しても、約40%の大幅な削減が実現されている。

2000年発売のトリニトロンカラーテレビ「KD-36HD700」の年間消費電力量は、356kWh/年だったが、「KDL-46V5」では157kWh/年となり、約半分に低減されている。この結果、トリニトロンカラーテレビでは7,832円かかっていた年間電気代が、「KDL-46V5」では年間3,454円となり、1年間で4,378円の節約ができることになる。

表1.テレビの消費電力
 液晶テレビ「ブラビア」
「kdl-46v5」
2009年2月発売予定
液晶テレビ「ブラビア」
「kdl-46v1」
2008年3月発売
液晶テレビ「ブラビア」
「kdl-46w5000」
2007年11月発売
「トリニトロン」カラーテレビ
「kd-36hd700」
2000年11月発売
消費電力(w)153w263w285w275w
年間消費電力量(kwh/年)※17157kwh/年213kwh/年264kwh/年356kwh/年
年間電気代(円)3,454円4,686円5,808円7,832円




■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース
ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線
ベールを脱いだWindows 7!期待が高まる次世代 Windowsの最新事情
デジカメ付きもあり!ギフトカードの最前線
外出先でネットを楽しもう!モバイル通信の最前線
記憶メディアから周辺機器へ!「SDカード」の最前線
【最新ハイテク講座】記事バックナンバー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ワンセグ放送が見れる!BRAVIAケータイ「SO903iTV」

「SO903iTV」は、ワンセグ放送を視聴できるBRAVIAケータイ。ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した高画質技術「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載し、コントラストが高く、メリハリのある映像を表現できる。液晶画面は、携帯電話で最…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…