女性も使えるスリムなスマートフォン Dual Diamond(S22HT) 【ケータイ・ラボ】


スマートフォンというとiPhone 3Gに代表されるタッチ操作を思い浮かべる人も多いが、タッチ操作だけがスマートフォンではない。非タッチパネルを搭載して一般のケータイと同じようにハードキーで操作できるスマートフォンもあるのだ。

今回レポートするイー・モバイルのDual Diamond(S22HT)は、そうしたケータイライクのスマートフォン。
OSにWindowes Mobile 6.1 Standard Editionを搭載しており、2.4インチ(320×240ドット)で、幅43.4×高さ116.3×厚さ17.0mm、重さ 約140gとスリムな端末だ。

Dual Diamondは、ケータイから移行する際の違和感も少なく、幅43.4mmと女性でも楽に持てるスリムボディと10キー+QWERTYキーのデュアルキーボード搭載が特徴だ。また、背面のダイヤモンドカットは持ちやすさを向上させるだけでなく、デザインの特徴ともなっている。
Dual Diamondのフロントフェイス背面は320万画素カメラを搭載したダイヤモンドカットデザイン


■女性でもおしゃれに扱えるDual Diamond
Dual Diamondは、ケータイと同じ10キーボードを本体前面に搭載するだけでなく、パソコンと同じ配列のQWERTYキーを内蔵している。10キーは縦画面で使用し、QWERTYキーは横画面で使用できる。
内蔵のスライドキーボードは、軽くプッシュするだけでオープンできるので女性でも簡単に片手で開いてオープンスタイルに持ち替えができる。また、画面は傾きセンサーにより自動で縦横の変更される。
クローズスタイルQWERTYキーを引き出す傾きセンサーで横画面に自動転換オープンスタイル


●押しやすいQWERTYキーボード
QWERTYキーボードは角形で広いキートップを採用しており、爪を伸ばした女性でも確実にキーを打てる。また、キーサイズも揃っているので、一部のキーが押しにくいということもない。
キーは、白文字が通常のままで入力でき、青文字は[FN]キーを押しながら入力する。
開いてもスリムなQWERTYキーボード女性も打ちやすいQWERTYキーボード


フロント操作部は、ケータイ感覚で使える10キーに、電話キーを含むWindows Mobile操作キーというデザインになっている。フラットパネル化されたWindows Mobile操作キーから電話キーが突出してるため電話利用がしやすい。
ケータイライクな10キー


■女性にうれしい薄さ
デュアルキーボード端末は薄くしにくいため、女性には敬遠されがちだが、Dual Diamondは17mmとさほど厚みを感じないサイズに収まっている。
左側面右側面



■バッテリーとSIM
バッテリーは背面カバーを外して交換する。スライドの裏側にSIMスロットを搭載。
SIMスロット背面パネルを外してバッテリー交換


■操作画面とアプリケーションインストール
Dual Diamondの画面とアプリケーションをみてみよう。

Dual Diamondのトップメニューは、タッチシリーズと同じデザインが採用されているが、操作は十字キーとその両側のソフトキー、ダイレクトキーで行う。
トップメニュー縦画面トップメニュー横画面


天気画面ブラウザ画面


Windows Mobile Standardでアプリケーションをインストールするのは、タッチパネル対応のWindows Mobile professionalと同様に、PCと同期してPCからインストールする方法、.cabのプログラムを転送してファイルエクスプローラーで実行してインストールする方法がある。また、EMnetメールで.cabプログラムを添付して送り、メールから添付ファイルを開くでインストールする方法がある。

ファイルエクスプローラー 


●主なスペック
・OS: Microsoft Windows Mobile 6.1 Standard Edition
・CPU: Qualcomm MSM7225 528MHz
・ディスプレイ:約2.4インチ、ディスプレイ解像度 320(H)×240(W)ドット
・内部メモリ:(最大容量) ROM:256MB/RAM:256MB
・外部メモリ:(対応カード最大容量) microSD (2GB)/ microSDHC (8GB)
・カメラ:約320万画素(CMOS)
・通信方式: HSDPA /W-CDMA(1.7*3/2.1GHz)、GSM(900/1800/1900MHz)
・日本語入力機能:Advanced Wnn
・Bluetooth:2.0+EDR
・カラー ブラック/パールホワイト
・サイズ: 約43.4(W)×116.3(H)×17.0(D)mm、重さ 約140g(電池パック装着時)

■これもオススメ!ケータイ最新ニュース
ウォークマンとケータイ 2つの顔とカラーのWalkman Phone Xmin
ドコモ反撃ののろし PROシリーズ「HT-01A(Touch Pro)」
ウエアラブルへ AQUOSケータイ FULLTOUCH SoftBank 931SH
スマートフォンからケータイへ ソフトバンク OMNIA(930SC)
【ケータイラボ】記事バックナンバー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

日本全国が無線LANスポットに!「どこでもWi-Fi」【ケータイラボ】

最近は、無線LAN機能を搭載するデジタルグッズが増えてきた。ニンテンドーDSiやプレイステーションポータブル(PSP)は無線LANで対戦型ゲームを遊べるし、iPod touchは無線LANを利用してネットサーフィンも楽しめる。無線LANは携帯型デ…

ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線【最新ハイテク講座】

最近の携帯電話は、メール機能や音楽再生機能、デジカメ機能など多機能化が進んでいるが、そんな携帯電話に新たな展開が見え始めている。総務省は2009年1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針…

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…