これであなたも節約上手! なにもしなくても節電できる液晶テレビ「ブラビア」体験イベント


ソニーは、人気の液晶テレビ「ブラビア」の省電力モデル V5シリーズの体験イベントを開催した。
このイベントは、2009年2月17日(火)より東京・銀座ソニービルで開催された。ブラビア V5シリーズはソニービルのほか、大阪・梅田ハービスエント内 ソニースタイル 大阪、東京・お台場のメディアージュ内 ソニースタイル ショールームでも展示される。

今回の体験イベントは、画像の美しさは従来のままに、省エネ性能の向上を達成した液晶テレビ「ブラビア」V5シリーズに搭載された最新の省エネ機能を実際に体験してもらうことを目的としている。

■液晶テレビ「ブラビア」V5の省エネ機能体験ツアー
液晶テレビ「ブラビア」V5シリーズ(以下V5)は2009年2月20日(金)より発売する液晶テレビ。人感センサーをはじめ、新開発の低消費電力バックライトや省エネスイッチを備え、「ブラビア」の伝統である高画質の画面はそのままに大幅な低消費電力を実現させている。

今回の体験イベントでは、映像の美しさを高めながら消費電力を低く抑えた「ブラビア」V5シリーズを展示し、「省エネ機能体験ツアー」では、高画質な映像体験とともに消費電力メーターで実際の消費電力を確認しながら、
V5の省エネ機能をその場で体感できる。

ツアーの参加費は無料。所要時間は約10分ほどだ。
写真1 液晶テレビ「ブラビア」V5写真2 液晶テレビ「ブラビア」V5体験イベントの会場

●人がいないと画面を自動でオフに - 人感センサー
「ブラビア」V5は、テレビの前から人が離れると「人感センサー」が人がいなくなったことを検知して自動的に画面をオフにし、再び人が近づくと画面をオンにしてくれるのだ。

たとえば、料理を作るために台所へ行ったり、突然の来客でリビングから離れてしまったりした場合に、省エネを意識せずとも「ブラビア」がこまめに節電してくれるわけだ。

「人感センサー」のコーナーでは、液晶テレビ「ブラビア」の前にあるソファーに座ってからその場を離れると省電力モードに入り、画面がオフになる。
実際、家庭生活では、テレビをみているときに来客があり、玄関に出向くことが多いが、その際の電気を自動で節約してくれるのは、実際に体験してみるとかなり便利だ。

イベントでは、このときの消費電力はいくつになるか?という「人感センサー」体験クイズも用意されていて、楽しみながら節電効果も理解できた。
写真3「人感センサー」のコーナー

写真4 通常視聴時の消費電力はテレビの上に書かれている(約153W)写真5 ダストボックスを開けると、消画モードの消費電力がわかる(約51W)


●自分の目で見比べられる - 消費電力&画質
「ブラビア」V5はソニー独自の技術により発光効率の高い世界初のHCFLバックライトの細管化に成功。消費電力は、ブラウン管テレビ(32型)に比べて約半分。従来モデルの液晶テレビ「ブラビア」V1よりも低消費電力でありながら高画質を実現している。
写真6 液晶テレビ「ブラビア」V5(2009年2月発売)

写真7 ブラウン管テレビ(1997年7月発売)写真8 液晶テレビ「ブラビア」V1(2008年4月発売)

ブラウン管テレビ(32型)から液晶テレビ「ブラビア」V5に買い替えた場合、年間で約4,400円の電気代が節約となる。これは、うるち米(国内産 複数原料米 袋入り5kg)を東京都区部で購入した際の約2袋分(10kg)となる計算だ。

これだけ節約できるとなれば、地デジ対応のためだけでなく、液晶テレビに買い換えようかと思えてくる。
写真9 年間で約4,400円の節約ぶんで、うるち米を購入した場合写真10「消費電力&画質」のコーナー

●電源コードを外す手間なし - 省エネスイッチ
V5の右側面には、「省エネスイッチ」と呼ばれる省電力のためのスイッチが備えられた。このスイッチで電源を切れば、電源コードを家庭用コンセントから抜いた場合とほぼ同じ状態(消費電力がほぼゼロ)にすることができる。

つまり、V5は、節電のために、腰をかがめて電源コードを引き抜かなくて見よいというわけだ。
これは楽ができそうだ。
写真11 省エネスイッチで電源を切ると、消費電力はほぼ0Wになる写真12 V5の右側面にある「省エネスイッチ」


ソニーは、今回のイベントのほかにも、WEBサイト「ソニー製品情報」(sony.jp/)にて「ブラビア」の省エネ性能スペシャルサイトを開設する予定(3月上旬)だ。また、全国約500店のソニー特約店店頭でも「省エネ性能体感フェア」を実施するという。


●これであなたも節約上手!「ブラビア」V5シリーズ誕生 体験イベント
開催期間:2009年2月17日(火)〜4月下旬予定
開催時間:11時〜19時

ソニーショールーム
東京都中央区銀座5-3-1 東京・銀座 ソニービル(ソニーショールーム・1Dフロア)地図
ソニーショールームの連絡先: 03-3573-2563

「ソニーショールーム」 - 公式サイト
ソニー製品情報
ソニー株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【デジカメ調査室】強力二重奏!新「LUMIX」シリーズ6機種発表

松下電器産業は2007年1月31日(水)、パナソニックセンター東京において、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズ新製品6機種の記者発表会を行った。今回発表された製品は、世界最薄※1・広角28mm※2ズームレンズ搭載の「FX30」、世界最小※…