日本未発売の話題の海外ケータイがクリスマス商戦で激突【世界のモバイル】


1年で最も携帯電話が売れるクリスマスシーズン。海外市場では各社が多くの新製品を市場に投入している。それらの製品を見てみると、今年のトレンドの一つは大型ディスプレイとタッチパネル搭載だ。ではどんな製品が話題になっているのか?話題の3製品を見てみよう。

今年のクリスマスは世界的な不況の影響があるものの、各社から出揃ったタッチパネル搭載端末は意欲的な製品が揃っている。iPhoneで市民権を得たタッチパネルインターフェースは、今ではどのメーカーも採用する携帯電話UIの一つの姿になっている。

■国内撤退が惜しまれる Nokia 5800 XpressMusic
Nokiaの全画面タッチパネル端末は実に数年ぶりだ。この5800 XpressMusic(以下5800XM)はOS/UIにSymbian/S60を採用したスマートフォン。しかしXpressMusicの名前からわかるように「音楽携帯」としての機能を前面に出している。例えば3.5mmのヘッドフォンジャックは本体上部に備えられており、音楽プレイヤーライクなスタイルで利用できる。画面右上にある「XpressMusic」ボタンをタッチすればメディアプレイヤーへのワンタッチアクセスも可能だ。もちろん各操作は指先か付属のスタイラスペンで操作できる。スタイラスペンもギターのピック形をしたユニークな形状のものも付属しているなど、遊び心にも溢れている。

本体サイズも111×51.7×15.5mmとコンパクトであり、比較されるであろうiPhone 3Gよりもはるかに小さく一般的な携帯電話と変わらない。iPhone 3Gはそのサイズや質感からケースに入れて利用されることが多いだろうが、5800XMは素のままでカジュアルに使うことができそうである。タッチパネル操作の反応も悪くなく、片手だけでサクサク操作ができる。そしてスマートフォンであるためWEBサービスの利用やビジネス用途にまでも対応できるのだ。HSDPAやWi-Fiの搭載はもちろん、手書き文字入力では簡易的に日本語が書けるなど、Nokiaの日本市場撤退が無ければ日本でも発売される可能性があったかもしれない端末である。
Nokia 5800 XpressMusic

共有する

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】3G携帯電話で世界最薄!薄さ約8.4mmのケータイ「708SC」

「708SC」は、ストレートタイプの3G携帯電話機として世界最薄※の約8.4mmを実現したSamsung電子製のケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「708SC」は、単に薄いだけではなく、重さが約73gという軽量設計…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…