グーグル携帯(Android)が目指す世界 パソコンなしでもネットを活用へ【気になるトレンド用語】


ドコモやソニー・エリクソンからグーグル携帯が来年(2009年)に発売されるという発表が続いています。
グーグル携帯と呼ばれてもいるケータイ(スマートフォン)は、Android(アンドロイド)と呼ばれるグーグルが提唱する携帯電話用のプラットフォームです。

今後、ケータイ市場で大きな勢力となりそうな、このAndroidですが、普通ののケータイやスマートフォンとはちょっと違うようです。

今回は、このAndroidについてみてみましょう。


■Androidは、OSじゃない
2007年11月、米グーグル社(Google Inc.)が発表した無償で利用できる携帯電話用のプラットフォームです。

プラットフォームとは、私たちがパソコン上で使っているアプリケーションソフトを動作させるOSや環境、設定のことを指します。よくOSと同意と思われがちですが、プラットフォームはOSも含む動作環境のことです。

携帯電話用のプラットフォームとしたは、マイクロソフトのWindows MobileやシンビアンのSymbian OSなどがあります。

Linuxをベースとして、無償で利用できることが大きな特徴です。

■Androidは次世代のケータイ?
Androidは、Android社をグーグルが買収した後、発表されています。

2003年10月:米Android社 発足
2005年08月:米グーグル社がAndroid社を買収
2007年11月:Open Handset Alliance(以下OHA)からAndroidプラットフォームが発表とSDK(開発環境)提供開始
2008年02月:Android SDKの新バージョン公開

OHAは、グーグル、クアルコム、T-モバイルなどで設立されて規格団体で、2007年11月に発足され、グーグル、HTC、Intel、KDDI、Motorola、NTTドコモ、Sprint Nextel、T-Mobileなど34社が参加してスタートしています。
2008年12月には、新たに、ソフトバンクモバイル (Softbank Mobile)、ソニー・エリクソン、東芝 (Toshiba)、Vodafoneなど、14の企業が参加を発表しています。

ソフトバンク、ソニエリ、東芝、Androidを推進するOHAに参加 - マイコミ
Google Android用携帯アプリ作成のための基礎知識 - @IT


■Android端末が登場
世界初のAndroid搭載端末は2008年10月22日、「T-Mobile G1」(HTC製)が全米向けに発売さています。
また、ソニー・エリクソンが2009年夏にリリースする計画が進行しているほか、日本国内キャリアへのスマートフォン端末の提供でもしられるHTC社も2009年夏のリリースに向けてAndroid端末の製品化を計画しているそうです。
こうした海外での動向をうけ、日本国内でもNTTドコモが2009年にAndroid搭載端末を発売すると発表しています。

ソニー・エリクソンとHTC、2009年のAndroidフォンを準備中 - 毎日新聞
NTTドコモ、2009年に「グーグル携帯」発売 - AFPBB News


■グーグルが根ざすモバイルの世界
Androidは、グーグルのインターネットサービスをモバイル環境でも提供するためのプラットフォームともみられています。現在のスマートフォンもインターネットとの親和性が既存ケータイより高いのですが、グーグルをはじめとするインターネット企業が提供するすべてのサービスが利用できる訳でありません。つまり、まだモバイル(ケータイ)環境ではインターネットを十分に活用できる環境が整っていないといえます。

グーグルはAndroidによりモバイル環境でもインターネットを介して、「情報の取得」、「コミュニケーションやコラボレーション」、「安心できるビジネスや商取引」を実現させようとしています。

■こちらもオススメ!気になるトレンド用語
どちらも苦渋か 「内定取消し」は解雇と同じゆえに…
招待制を棄てオープン化に向かう「mixi」 これまでの問題と今後の課題
アキバPC伝説の黄昏 老舗PCショップ九十九電機が倒れる
アナログなんて知らないよ! デジタルネイティブが開く時代
違法、合法どっちなの? 遂に逮捕者もでた「マジコン」
気になるトレンド用語 バックナンバー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】驚異的な薄さ!折りたたみ型で11.4mmのスリムケータイ「N703iμ」

「N703iμ」は、折りたたみ型で11.4mmの薄さを実現したNEC製のFOMA端末。11.4mmという驚きの薄さに1メガピクセルの高性能カメラ、microSDカードスロットを搭載している。液晶画面は、照度センサーの搭載により、周囲の明るさに合わせて…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…