シンプルだから使いやすい!デジタルメモ「ポメラ」の魅力を開発担当者に聞く


株式会社キングジムが発売した「ポメラ」はキーボードによるメモや文章が書ける新ジャンルのデジタル端末だ。手軽に持ち運べる文庫本サイズの本体に折りたたみ式のキーボードと4インチの液晶ディスプレイを搭載する。キーボードを開くだけですぐに文字入力が可能となり、入力したテキストはパソコンに転送して自由に編集することができる。

「ポメラ」はテキストを入力する機能に特化した端末だけに起動時間はわずか2秒。電池の持ちもよく、単4アルカリ乾電池2本で約20時間の使用が可能だ。テキスト専用端末と割り切ってしまえば、ノートパソコンよりも携帯性に優れているほかに、すぐ起動して使えるできる点など使い勝手がよい。

今までにありそうでなかった「ポメラ」は、どのようにして誕生したのだろうか。

■「ポメラ」は、あくまで文具として
「ポメラ」誕生のコンセプトをの開発担当者である株式会社キングジム 立石幸士氏にお話しをうかがってみよう。

編集部:どうして「ポメラ」を開発しようと思ったのですか。
立石氏:「ポメラ」を作る前までは、私はB5版のモバイルノートパソコンを使っていました。たとえば、出張や外出のときには必ずノートパソコンを持ち歩いています。

開発という仕事柄、データを出先で使う場合にはノートパソコンでよい訳ですが、軽いミーティングとなるとノートパソコンはカバンの中でかさばりますし、電源も気になります。ノートパソコンが小さくても、ACアダプタも必要なので、持ち運びには不満がありました。

世の中には折りたたみ式キーボードがありましたので、「これに液晶だけ付けばコンパクトでいいのになぁ」と思ったのが、そもそもの企画の発端となります。

編集部:開発にはどれぐらいの期間がかかったのですか
立石氏:去年の7月から構想を考え、だいたい12月ぐらいまで構想を練っていました。その後開発着手の承認が降りて発売が今年の11月ですから実質の開発期間は10ヶ月ぐらいです。

編集部:企画はおひとりで発案されたということでしょうか。
立石氏:企画自体は私が最初に発案させていただきましたが、「デジタルメモ」というコンセプトのブラッシュアップですとか、細かい仕様や製造工程などの調整に関してはチーム一丸となって取り組んでいます。

編集部:最初から現在の仕様でしたか。
立石氏:「ポメラ」の仕様ですが、
・4インチのモノクロディスプレイ
・B5版ノートパソコン並みのキーピッチがあるキーボード
・乾電池で動作
・駆動時間は数十時間以上
……
といった具合に、まず自分の欲求を1枚の用紙にまとめていったので、もともとの仕様から大きくぶれることはありませんでした。ただ、こういったキーボード付きのデジタルデバイスとなると、何でもできるような気がしてきますよね。

たとえば、メールができないか、ネットができないかなど、いろいろな欲求が出てきましたが、あくまで文房具であると割り切って企画から大きくぶれないように作り上げたものとなっています。

編集部:ターゲット層を教えていただけますか。
立石氏:我々のような出張や会議のあるビジネスマンですが、作っていくうちにもうひとつ見えてきたのが、文章を書くのが好きな人です。ブロガーやモノを書かれる人も、もうひとつのターゲット層になるのではないかと考えています。
写真1「ポメラ」開発の経緯を語る、株式会社キングジム 立石幸士氏


●キーボードと日本語変換へのコダワリ
編集部:キーボードのギミックが非常にユニークですが、これは先ほどおっしゃっていた折りたたみ式キーボードからの発想でしょうか。
立石氏:そうです。折りたたみ式キーボードが各社から発売されておりましたので、あらゆる折りたたみ式キーボードを参考商品として購入して社内で検証して現在のキーボードになりました。

それに加えて、携帯電話の周辺機器を一時期開発しておりまして、携帯電話でシッカリと打ち込める折りたためるキーボードを企画していたこともあり、最初から折りたたみ式キーボードは意識していました。

編集部:キーボードを支える引き出し式の脚はユニークですね。
立石氏:キーボードを開いていただけるとわかるのですが、左側の脚は何もしなくても出ています。ところが、この機構だと、右側のキーボードの下に脚がないと、Enterキーや電源キーを押したときにガタツキが出てしまうので、スライド式の脚を付けました。
写真2 デジタルメモ「ポメラ」写真3 キーボードを支える引き出し式の脚

編集部:日本語変換にATOKを採用した理由は?
立石氏:実は「テプラ」の上位機種はジャストシステムさんの「ATOK」を使用しています。「ATOK」は日本語変換がしっかりとしていますので、自然と「ATOK」に決まりました。

編集部:昔のシグマリオンIIIを使っていた人は「ポメラ」を見てグッときたと思うのですが……。
立石氏:実はこの企画が持ち上がったときに、開発の部長がモバイルギアのコアなユーザーでして複数台持っているのです。ほかにもシグマリオンのユーザー、Palm系の好きなユーザーもおりましたので、その辺の土壌は揃っていました。

開発の段階で部長のモバイルギアをかなり参考にしています。
写真4 左がモバイルギア、右がポメラ写真5 キーボードの試作品

編集部:マニアックな話ですが、CAPSロックとCTRLの入れ替えなどのキーバインドの変更ができると良いという意見もあるようですが。
立石氏:そうですね。発表当初からネット上ではキーバインドの変更ができないのかとか、いろいろご意見をいただいています。ノートパソコンを使い慣れた方々に違和感なく使っていただけるようにと考えておりましたので、キーバインドは考えていなかったですね。

デジタルメモというひとつのジャンルを作りたいと考えているので、いろいろなご意見を次の製品に生かしていけたらと思っています。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【アキバ物欲】″弘法は筆を選ぶ?″できるユーザーこそ、キーボードとマウスにこだわる

パソコンの一番身近な周辺機器といえば、キーボードとマウス。日常的に使うデバイスということもあり、こだわりを持っている人も多い。キーボードやマウスを購入する人は、製品のどこを見て購入を決めているのだろうか。また、キーボー…

【デジカメ調査室】生まれ変わった斬新タテ型″ボディ″!写真で見る「PowerShot TX1」

キヤノンから2007年4月下旬に発売予定の「PowerShot TX1」は、今までのPowerShotシリーズからデザインを一新し、斬新かつ洗練された"タテ型ボディ"に変身した。有効画素数は710万、コンパクトなボディに新開発の光学10倍ズームレンズを…

【アキバ物欲】ストップ・ザ・熱暴走!「ノートパソコン用クーラー」

本格的な夏が到来した。夏の暑さは、人間だけでなく、パソコンにも過酷なものだ。とくにノートパソコンは、デスクトップパソコンに比べ、内部に空間的な余裕が少ないため、熱がこもりやすい。エアコンが効いている部屋で使っていてもか…

【知っ得!虎の巻】デジカメの写真が見られなくなってしまった

ファイルを開く方法には、ソフトウェアを起動してから対象のファイルを開く方法と、ファイルのアイコンを直接ダブルクリックして開く方法がある。後者の場合は、ファイルに関連付けされたソフトウェアが自動的に起動して開くわけだ。パ…