実体験で笑いを取るレポートマンガの芸人魂【カオス通信】


作者の実体験が元ネタのマンガにも様々な種類があります。中でも多いのが積極的に「笑い」を取りに行くエッセイマンガ・レポートマンガの類。このジャンルのマンガが面白くなるかどうかは、作品に登場する作者自身のサービス精神が重要なポイント。それはまさにお笑い芸人の姿勢そのものです。ネタになるなら作品内で素っ裸にもなるし、場合によっては変態と誤解されても構わないといった覚悟が必要になってきます。

勿論、マンガとして成立させるためには画力も必要です。つまり作者には芸人的なサービス精神とマンガ家としての画力という、一見すると矛盾する資質が同時に備わっていることが求められるというわけであります。この条件を満たした作品というのはそれほど多くはありませんが、それを“発掘”した時の喜びはまた格別であったりもするのです。今回はそんな作品をいくつかご紹介してみたいと思います。

■『とりあえずそれで』
著者:金平守人
発行:オークス
ひたすらピンクで文字もなんだか読みづらい表紙ですが、中身はかなり面白いです。読んでるこっちが心配になるくらい作者の本音が出まくりなのでまさに必見。

共有する

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【アキバ物欲】春休みゲーム特集/PS3・Xbox360が10倍面白くなるグッズ特集

前回の「物欲上昇!アキバ情報」では、任天堂の次世代ゲーム機「Wii」で使えるアクセサリーを紹介した。そこで今回は「Wii」の対抗馬である、ソニーの「PLAYSTATION 3」とマイクロソフトの「Xbox 360」で使える便利なアクセサリーを紹介…

【気になるトレンド用語】誰のためのデジタル著作権!″DRM″は本当に必要なのか?

アップルの世界最大の音楽配信サービス"iTunes Store"が、DRMを適用していないEMIの音楽コンテンツ販売を開始するといったニュースが報じられるなど、"DRM"という用語がにわかに話題となっています。DRMは、デジタルデータ化した音楽や…

【世界のモバイル】国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流

普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できる、そんな便利なサービスが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えてきているが、海外の多くの国では何年も前から一般的なサービスであり、海外渡航時に携…

【世界のモバイル】びっくりケータイ集合!こんなものまであるのか?中国面白携帯事情

世界の工場「中国」は、携帯電話の生産でも今や世界一を誇っている。Nokia、Motorola、Samsungなど大手メーカーも中国各地に工場を持っており、世界中に製品を輸出している。その一方、中国の国内端末メーカーは最近元気がない。BirdとS…