【最新ハイテク講座】10万馬力どころじゃない! 小型ノートパソコンを超安くした「Atom」


一昔前まではノートパソコンといえばデスクトップパソコンに比べて価格が高く、10万円を切る製品も少なかったが、最近では実売価格3万円台からノートパソコンが購入できるようになった。

こうした小型のモバイルノートパソコンへの動きは加速しており、データ通信カードとセットで100円で購入できるといったミニノートまであらわれている。
100円「EeePC」よりもお買い得?「EeePC901」を格安で買う方法100円「EeePC」よりもお買い得?「EeePC901」を格安で買う方法 - GIGAZINE
あの低価格「Eee PC」が100円に?--イー・モバイルとのセットで購入可能に - CNET Japan

話題の低価格なミニノートパソコンで注目を集めているのがそれらに搭載されている「Atom(アトム)」という新型のプロセッサー(CPU)だ。パソコンショップや家電量販店のパソコンスペック表やキャッチコピーで、「Atom」という言葉を見たり聞いたりした人も多いだろう。

実は「Atom」があったからこそ今日のように低価格なノートパソコンが登場したと言っても過言ではないのだ。

今回は、小型ノートパソコンを安くした「Atom」についてじっくりとみてみよう。

■Atomとそれを支える技術
Atomはどのようにして生まれたのだろうか。またどのような特徴を持っているのだろうか。Atomの歴史とそれを支える技術を簡単にまとめてみた。

●Atomって、鉄腕アトムのように凄いの?
Atomとは、ノートパソコンやモバイル端末向けに開発されたインテル社のプロセッサーブランド名だ。開発コード名は「Silverthorne」および「Diamondville」と呼ばれていた。Atomは同社が業界をリードする Hi-k メタル・ゲート採用の 45nm プロセス技術によって製造されている。

●バッテリーが長持ち
最大の特徴はこれまでのノートパソコン向けプロセッサーに比べて圧倒的に優れた低消費電力だ。現在主流のノートパソコン向けプロセッサーであるCore 2 Duo プロセッサーの熱設計電力(TDP)は最大35W(ワット)だが、AtomのTDPは0.6〜2.5W程度と1/14以下で消費電力が極端に低い。

その結果、プロセッサーをCore 2 DuoからAtomに変更するだけでもバッテリーの駆動時間はのびるし、本体の小型化のためにバッテリーの容量を減らした場合でも、プロセッサーを変更する前と同程度かそれ以上の駆動時間が得られる。

●小さいので搭載しやすい
Atomは約24平方ミニメートルとダイサイズが非常に小さいことも特徴の一つ。しかもそのダイに4,700万個ものトランジスターが集積されているのだ。

プロセッサーが小さければ、ノートパソコンにも搭載しやすい。Ultra Mobile PC(UMPC)端末などの本体が非常に小型のマシンでも搭載できるというわけだ。

●Atomで性能アップ
Atomは単に低消費電力なプロセッサーではない。プロセッサーとしての性能も高く、インテルのCore 2 Duo プロセッサーの命令セットと互換性も維持している。さらに新しいアーキテクチャーがマルチスレッドに対応したことで、パフォーマンスを向上すると同時にシステムの応答性を高めている。つまり、小型なのに速いのだ。


■ミニノートの低価格化にも貢献する作りやすさ
AtomはCore 2 Duo プロセッサーに比べて低価格で製造できる。当然、Atomは、Core 2 Duo プロセッサーより価格を安く抑えられるのでパソコンメーカーはAtomを採用することで、パソコン本体の製造コストを削減できるのだ。今までより低価格なミニノートパソコンであっても採算がとれるのは、Atomのおかげと言っても過言ではないだろう。

最新のモバイル端末「WILLCOM D4」は、プロセッサーにインテル Centrino Atomを採用している。Centrino Atomはプロセッサーの機能に加え、これまで別のチップで処理していたグラフィックスや無線などの機能を1つのパッケージにまとめたものだ。

Atomはモバイル向けのプロセッサーだが、Centrino Atomが登場したことで、今後登場するノートパソコンやモバイル端末にも加速度的に広まる可能性を秘めているプロセッサーなのだ。

マンガの鉄腕アトムはロボットと人の社会を変えたが、インテルのAtomは人とパソコンの関係を大きく変えるかもしれない。


参考:
インテル 最新の低消費電力プロセッサー・ファミリー向け「インテル Atom」ブランドを発表
インテル - 企業サイト


■こちらもオススメ!最新ハイテク講座 最新ニュース
失敗しないPC選びは「GPU」? 最新パソコン購入対策に「GPU」を知ろう
宮崎哲弥氏もお世話になってる「RSS」ってどんな技術?
航空機からガンダムまで!「ジェットエンジン」と「ロケットエンジン」
未来を大予言!気象や天災を予測するハイテク技術
悪者じゃない!Winnyやメッセで使われてる「P2P」は優れた技術
【最新ハイテク講座】記事バックナンバー


Copyright 2008 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…