【電脳遊戯X】電脳遊戯的「Wii」が輝く周辺アイテム大紹介


今までは時代の流れに逆行した世代遅れのゲーム機や怪しいグッズを中心に紹介してきた「電脳遊戯X」だが、今回は人気No.1のゲームマシン「Wii」の便利&オモシロ周辺機器を中心に紹介していくぞ。これらのアイテムを使えばキミのWiiライフもさらに充実すること間違いなし! だたし、いつも通り、ご利用は自己責任でお願いいたします。

【注意】
本記事内で使用する怪しげな周辺機器はすべてメーカーの保証対象外です。これらの機器を使用してゲーム機本体などが破損してもメーカー保証を受けることはできません。また、機器によっては、使い方を間違えると違法行為になります。これらを試したい場合はすべて自己責任でお願い致します。


■さらば単3電池! Wiiリモコンを充電式に

最初の機器は「Wii DOUBLE REMOTE CONTROLLER POWER PACK WITH CHARGER STAND」。やたらと長い商品名だけど、要するにWiiリモコンを充電式にして単3電池とオサラバしようというアイテムだ。
Wiiリモコンに充電式の電池をセット。ちなみにお値段2,000円ほどステーションにセットして充電。本体のUSBが使えるので、コンセントが増えないのがうれしい
Wiiリモコンに充電式の電池をセット。ちなみにお値段2,000円ほどステーションにセットして充電。本体のUSBが使えるので、コンセントが増えないのがうれしい

この手の商品は多数存在しているが、これは「2台分のバッテリーが付属」、「2台同時の充電が可能」、「Wii本体のUSBポートで充電可能」という点において他の商品よりも抜きに出ている。また、これを2台用意すれば、4台同時充電も可能なのだ。大人数でプレイするご家庭や、長時間のプレイ用に予備リモコンが必要なユーザーにオススメだ!

■ガンアクションの臨場感を十二分に盛り上げろ!

お次は「Wii BLASTER」。ショットガン型のケースにWiiリモコンとヌンチャクコントローラをセットし、ガンアクションゲームの臨場感を演出するというものだ。先ほどの充電器と同様に、この手の機器も多数あり、「Wiiザッパー」というメーカーオフィシャルのアタッチメントも存在している。しかし、「Wiiザッパー」を含んだほとんどの商品がハンドガン型なのに対し、この「Wii BLASTER」はショットガン型。
リモコンとヌンチャク装着状態ですべてのキー操作が可能。ちなみにお値段1,800円ほどコントローラの装着は、実際のショットガンのように銃身を中折して行う。カッコイイ!
リモコンとヌンチャク装着状態ですべてのキー操作が可能。ちなみにお値段1,800円ほどコントローラの装着は、実際のショットガンのように銃身を中折して行う。カッコイイ!

ゲーム内で使用されている銃がハンドガンなら「Wiiザッパー」をはじめとしたアタッチメントの方が、雰囲気が出てよいが、ゲーム内の銃が大型の銃なら「Wii BLASTER」の方が断然よい。さらに、この商品は銃身が大きくて狙いが定めやいというメリットもあるのだ。ただし、ヌンチャクのZボタンがトリガーとなるため、ゲームのデフォルト設定でZボタンがトリガーでない場合は、キーコンフィグでの変更が必要になる。

■Wii専用のゲーム以外はプレステコントローラでプレイ

Wiiでゲームキューブやバーチャルコンソールのソフトをプレイする際には、ゲームキューブ用コントローラやクラシックコントローラが必要になる。すでにそれらを持っていればよいが、新規に購入するとなると出費がかさんでしまう。また、複数でプレイするなら人数分のコントローラが必要だし、未使用時の保管場所もとられてしまう。ところが「マジカルウィー」さえあれば、手持ちのプレステコントローラをWiiに接続することが可能だ。
とってもマジカルな感じのロゴが特徴。ちなみにゲームキューブでも使用可能装着するとこんな感じ。使い慣れているコントローラで遊べるという点も見逃せない
とってもマジカルな感じのロゴが特徴。ちなみにゲームキューブでも使用可能装着するとこんな感じ。使い慣れているコントローラで遊べるという点も見逃せない

この機器のお値段は800円。純正のクラシックコントローラが1,800円だから、なんと1,000円もお得。2個買ったとしてもお釣りがくる計算だ。さらに、もともと所有しているコントローラを使う(まあ、プレステのコントローラを持っていない人には無用の長物だけどネ。)ので、これ以上ゲーム機のコントローラを増やさずに済むのだ。

次のページでは、パソコンを使ってWiiをトコトン楽しむツールと、見た目で友達のWiiに圧倒的な差をつける話だ。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…

【デジカメ調査室】光学3倍ズーム搭載で乾電池駆動のコンパクトデジカメ「LS75」

「LS75」は、720万画素CCDと「トリプルブレ補正」を搭載し、乾電池駆動のコンパクトデジタルカメラ。2月9日より発売を開始し、カラーバリエーションはシルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、2万5,000円前後の見込…

【アキバ物欲】パソコンの高速化からテレビ化まで!Vista対応周辺機器特集

2007年1月31日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)が発売された。同社が販売するコンシューマー向けのOSとしては、Windows XPの発売以来5年ぶりのOSとなるだけあり、パソコンユーザーの反響も大きく、パソコ…

【ゲームの穴】 Wii Sportsを10倍楽しもう!もっとリアルにプレイするアクセサリーで遊ぼう

家庭向けゲーム機の中で、迫力の体感ゲームを満喫できるのが任天堂の「Wii」だ。Wiiの魅力は、体を使って付属のWiiリモコンを動かすことで、誰でも簡単にゲームを楽しめる点だ。Wiiリモコンは、バイブレーションにも対応しており、振動…