【世界のモバイル】ブランド携帯をもてない日本人!海外で約10万円の″PRADA Phone″が売れる理由


最近、総務省が中心となり、携帯電話の「SIMロック」や「販売奨励金」について、ユーザーに選択肢を与える販売方式に移行しようという動きが見られるようになっている。

"1円ケータイ"などの格安な携帯電話が売られるのもこの販売奨励金モデルがあるためだが、海外で採用している国は少なく、日本のビジネスモデルは海外に比べて特殊だといわれることが多い。そこで、日本国内からはなかなか気づくことができない、日本と海外の"ケータイ事情"の違いを見ていこう。

"ブランド品"ケータイをもてない日本人! "PRADA Phone"にみるブランド電話の魅力
LG電子製のPRADAブランド携帯「The PRADA Phone by LG」が海外市場にお目見えした。約10万円の価格もさることながら、PRADAそのもののデザインはPRADAファンのみならず携帯電話市場でも大きな話題となっている。携帯電話方式がGSMのため日本では利用できないが、日本で発売される可能性はあるのだろうか?


びっくりケータイ集合!こんなものまであるのか?中国面白携帯事情
びっくりケータイ集合!こんなものまであるのか?中国面白携帯事情世界の工場「中国」は、携帯電話の生産でも今や世界一を誇っている。Nokia、Motorola、Samsungなどの大手メーカーも中国各地に工場を持っており、世界中に製品を輸出している。一方、生き残り競争が激しい中小メーカーは生存をかけ、様々な製品を発売しており、「こんなものまで」と思える面白い製品も多数登場している。


日本のケータイビジネスはぬるい?激烈な海外の新製品発表競争と格差
日本のケータイビジネスはぬるい?激烈な海外の新製品発表競争と格差今年5月、auとソフトバンクから2007年夏モデルが発表された。海外でも携帯電話の新機種は毎月のように発表されているが、日本のようにキャリアから新機種が発表されることはほとんどなく、ほとんどがメーカーからの発表だ。日本と海外ではなぜこのように違いがあるのだろうか。


世界で勝つケータイメーカー!PRADA携帯をしかけた"LG電子"躍進の秘密
世界で勝つケータイメーカー!PRADA携帯をしかけたフランス人デザイナーの手による「SIMPURE L2」の発売に引き続き、NTTドコモの704シリーズに世界的なヒットとなった"チョコレートフォン"デザインのL704iが投入されるなど、ここにきて"LG電子"の日本市場へのプレゼンスが高まりつつある。日本ではまだマイナーな存在ではあるが、ここ数年で世界シェア5位まで上りつめた同社の秘密はどこにあるのだろうか。


SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情
SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようという動きが見えてきている。では海外の状況はどうなっているのだろうか? 今回はSIMロックの面からヨーロッパや香港の状況を見てみよう。


海外の市場の強さは"中古ケータイ市場"! 日本は、もう追いつけないのか?
海外の市場の強さは海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と考えられがちな中古市場だが、実は携帯電話市場を活性化させる大きな役割を担っているのだ。


売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本
売れる海外ケータイの秘密!ユーザーニーズに対応できない日本携帯電話の全世界マーケットにおける日本メーカーのシェアは「その他」に入れられてしまうほど低く、海外の調査会社によるマーケットシェアの結果に、単独メーカーの数字が出てくることもここ数年は無くなってしまった。それではなぜ日本メーカーが海外でシェアを伸ばせないのだろうか?


ドコモは世界に反撃できるか? 海外でiモードは普及するのか?
ドコモは世界に反撃できるか? 海外でiモードは普及するのか?今年5月30日から香港でもiモードサービスが始まり、これでiモードは日本を含む世界18の国と地域でサービスが展開されることになった。着々と海外でも導入されるiモードだが、果たして今後のさらなる普及と展開はどうなるのだろう。国内で話題のドコモ2.0のように、海外でも"ドコモの反撃"は成功するのだろうか?


国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流
国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流普段自分が使っている携帯電話をそのまま海外に持ち出して利用できるのが"国際ローミングサービス"だ。日本でも利用者が増えて、非常に便利なサービスなのだが、海外利用時には国内料金より割高になるなど請求額が頭痛の種になることもあるだろう。一方、国を越えた通信キャリア間の連携により国際ローミングの費用を低減化させ、さらに便利なものにするサービスも海外ではいくつか開始されている。今回はその1つを紹介しよう。


世界はモバイルインターネットの時代へ
世界はモバイルインターネットの時代へ今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階にある。そんな中、これまでの携帯電話コンテンツビジネスとは180度概念の異なる新サービスが開始された。それがHutchison(3)のX-Seriesだ。


Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】驚異的な薄さ!折りたたみ型で11.4mmのスリムケータイ「N703iμ」

「N703iμ」は、折りたたみ型で11.4mmの薄さを実現したNEC製のFOMA端末。11.4mmという驚きの薄さに1メガピクセルの高性能カメラ、microSDカードスロットを搭載している。液晶画面は、照度センサーの搭載により、周囲の明るさに合わせて…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…