【カオス通信】激動の″NHK″ヲタ解禁の記録!″腐女子・ハルヒ・ヲタ芸″の三拍子に全国が沸いた!


2007年5月、アキバ系のネタがNHKで短期間に連続投下されました。ヲタ芸の生き様紹介、ハルヒののど自慢、腐女子な中学生日記という内容は、そのどれもが新しいNHKの夜明け(?)を感じさせるものばかりでした。今回はそのトピック&エッセンスを記録していきたいと思います。

■『一期一会キミにききたい!』(NHK教育)

サブタイトル:「趣味を生きがいにする話 @東京."ヲタ芸"ライフ」
放送日時:2007年5月12日(土)22時25分〜22時50分

この番組は悩める「イチゴくん」が、様々な現場で頑張っている「イチエくん」に出会うことで、悩みを解決する糸口を見つけるというもの。オープニング曲がサンボマスターだったり、ナレーションが原田泰造だったりするせいか、妙に男臭い感じがします(こういう感じは嫌いじゃありませんが……)。

今回のイチゴくんは20歳の大学生。ラジオを聞くことが趣味で、将来はラジオ局への就職を希望しています。彼は充実した人生を送るためには、自分が好きなことを仕事にするべきだという考えの持ち主。趣味と仕事を分けて考え、仕事のストレスを趣味で発散するというのは間違いだと思っています。

対するイチエくんは23歳。高校の文化祭をきっかけに仲間と踊る快感を知り、やがて松浦亜弥のライブで"ヲタ芸"と出会い、ハマってしまいます。その後、大学に入学したものの、自分には勉強よりも大切なもの(ヲタ芸)があると感じ、2年で大学を辞めてフリーター生活へと突入。週末のライブに行くために、平日にバイトをする生活を送るようになります。現在はIT系企業でサーバーの運用&保守等を担当する会社員。彼女もいます。

最初イチゴくんは「自分の好きな分野が分かっているんなら、その分野に関係する仕事にどうして就かなかったんですかって聞いてみたいです」とコメント。一方のイチエくんは、趣味に生きる楽しさを伝えたいと思って"イチエくん"役を引き受けた模様。そして番組はイチエくんが情熱を燃やす"ヲタ芸"にスポットを当てていきます。

両者の出会いは、東京・六本木での待ち合わせからスタート。合流後、一緒にライブ会場へ向かいます。歩きながら2人の間で以下のような会話が交わされました。
「ヲタ芸って見たことは?」
「TVでなんか、ちょっとだけ見た時あって…」
「あー(納得)。で、どう思った?」
「これは偏見かも知れないけど……。気持ち悪いなって…」
「ハハハハハ」
「…っていうのが直感」
「あー、やっぱ最初はそう思うなあ(ニコニコ)」

やがてライブ会場に到着して、ヲタ芸仲間達と合流。会場に入るとメイドさんがお出迎えをしてくれました。こういう場所が初めてのイチゴくんは、思いっきりとまどい気味。カメラに向かい「完全アウェーですね」とポツリ。アキバ系空間がホームとして扱われるケースは普段あまり見られないだけに、そのコメントは実に新鮮に感じられました。

イチエくんは、真っ赤なヲタ芸用ユニフォームに着替えて準備万端。いよいよ地下アイドルのライブがスタートです。メイドさん×2名構成の地下アイドルが披露するのは、アニソンの名曲の数々。いきなり「スクランブル(※1)」が始まると、ヲタ芸師の面々は絶叫しながら大盛り上がり。さらに「DANZEN! ふたりはプリキュア(※2)」「ハッピー☆マテリアル(※3)」と、今見ている放送局がNHKだとは思えない曲が次々に流れ、視聴者的にも大興奮!(アキバ系限定)

その光景を前にして、"非ヲタ"のイチゴくんはドン引きです。カメラの前で「ここであれだけ発散しているってことは、仕事場とか別のところで絶対何か我慢してると思うんです。じゃなきゃ、あんなにはしゃがないっすよ。絶対何かうっぷんとかたまってると思うんですよ」とコメントしたりします。

ライブ終了後、ヲタ芸仲間の人達と対談。ここでイチゴくんは「人生の大半を仕事に費やすわけじゃないですか。その時間を自分の好きなことに費やせたら、人生楽しいと思うんですよ」と発言。それを聞いたイチエくんのヲタ芸仲間は「単純に時間で比較しなくていいんじゃないかなあ。ヲタ芸は好きだけどそれで食っていけるかっていったら、そういうわけではないから。一概に好きだからこれで食っていこう=じゃあどういう仕事があるのって言われたら、それが結びつかないから、なかなかそこが難しいんだよね」と至極真っ当な意見を述べます。

(※1)「スクランブル」:TVアニメ『スクールランブル』のOPテーマ。アーティストは"堀江由衣 with UNSCANDAL"。

(※2)「DANZEN! ふたりはプリキュア」:TVアニメ『ふたりはプリキュア』のOPテーマ。アーティストは五條真由美 。

(※3)「ハッピー☆マテリアル」:TVアニメ『魔法先生ネギま!』のOPテーマ。通称ハピマテ。バージョン違いが多数存在することでも知られる。

番組後半、イチエくんは地下アイドルのライブの主催もしていることが明かされます。それを知ったイチゴくんは、ライブ運営を仕事にすればと問うのですが、イチエくんは「お金を取るようになったら、最初に思ってた(アイドルを)輝かせるためのステージを作りたい、お客の喜ぶ顔が見たいって気持ちがなくなっちゃうと思うんだよね。お金を稼ぐのに夢中になって」という考えを告白。その後イチゴくんは、ライブ運営の現場にも立ち会い、最終的には自分もヲタ芸を体験していました。

そして最後に「今まで人に認められるだとか、価値観がある・ないとか、そういうものばっかりこだわってたけど、単に自分が楽しいなって直感的に思えることをやり通す。ただそれだけのことでいいんだなって、そういう考えに変わった」とコメント。イチゴくんの中の価値観の変化が、今後の人生に活かされるように願うばかりです。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】アイドル雑誌で萌えあがれ!

いまアイドルの形態は「グラビアアイドル」「女優」「モデル」「声優」「女子アナ」「スポーツ選手」と様々。基本的に萌えられればなんでもありの状態です。個々が持つカリスマ性は、特定層に向けて発揮されることが多くなり、大衆性は…

【カオス通信】萌えキャラと駆け抜ける!″痛(いた)車″の新たなるヲタク伝説

愛車を自分好みにカスタム(改造)したいという気持ちは、カーオーナーならば誰しもが持つ普遍的な感情です。普通はクルマをより「格好よく」するために、ホイールを換えたり、車高を低くしたり、エアロを装着したり、車体の色を塗り替…

【カオス通信】狂喜乱舞のアイドル声優顔出し!ダウンタウンとガチンコ勝負

先日、声優の堀江由衣さんが音楽バラエティ「HEY!HEY!HEY!」出演を果たしました。最初その話を聞いた私は「いったい"ほっちゃん"の心境にどんな変化が?」と非常に驚いたものです。実は私は、彼女が以前同番組からのオファーを断った…

【アキバ物欲】アイドルから語学まで!ラジオ番組をPCで録音して通勤電車で聞ける「USB AM/FM RADIO」

ラジオと聞くと、今だと何を想像するだろうか? 人気パーソナリティやアイドルのトーク番組、英会話等の語学番組など、デジタル時代の現在でも楽しみに視聴されている人が意外と多いのをご存じだろうか?ラジオでは、語学学習やタレント…