【ケータイラボ】音楽だけでなくムービーが楽しめる映像ケータイ!「P903iX HIGH-SPEED」


映像ケータイ。また新しい名称が与えられたケータイが発売になった。ドコモから発売されたパナソニック製の携帯電話「P903iX HIGH-SPEED」(以降P903iX)がそれだ。FOMAではじめてWindows Media Video対応プレーヤーを搭載した端末である。

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高103mm×幅51mm×厚25mm。重さは126g。連続待ち受け時間が静止時で640時間、移動時で420時間、連続通話時間が音声電話時で180分、テレビ電話時で110分である。

正面から見たP903iX。左右非対称のアシンメトリーデザインが特長だ。

メインディスプレイはTFTで2.4インチのQVGA表示(横240ドット×縦320ドット)、最大26万2,144色表示が可能だ。サブディスプレイは有機ELで0.8インチ(横96ドット×縦25ドット)、白色一色表示である。メインカメラは、有効画素数320万画素のνMaicoviconで、最大記録サイズが2,048×1,536ピクセルだ。サブカメラは有効画素数11万画素のCMOSカメラである。

開くとこんな感じ。液晶画面はヨコ240ドット×タテ320ドットの2.4インチサイズだ。

データフォルダ容量は公表されていない。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーはプラチナとクリムゾンの2色が準備されている。筆者はクリムゾンを購入した。

本体左側面。左より、プッシュトークボタン、サイド上ボタン、サイド下ボタンが配置されている。本体右側面。左にイヤホンマイク/AV出力端子、右側下がmicroSDメモリカードスロットだ。本体下部。上側に赤外線ポート、下側に外部接続端子がある。

■ワンセグはなくとも"Windows Media Video"に対応!

何度も書くが、このP903iXにはWindows Media Video(WMV)形式のムービーが再生できるプレーヤーが搭載されている。なので、インターネット上の動画サイトで配信されているムービーを見ることができるのだ。フルブラウザを搭載しているので、PC向けに作られたサイトにあるムービーが見られるっていうのはかなり魅力を感じるはずだ。

このP903iXの発売に伴い、パナソニックモバイルでは映像を楽しめるサイト「P-Theater」を立ち上げた。まだ用意されているムービーは少ないが無料で楽しめるムービーがあるので楽しめることは間違いない。もちろんこれからムービーの数も増えていくであろうし…。また、この端末の発売と同時ぐらいに、無料で動画を配信している「GyaO」もこの端末向けに動画の配信をはじめた。「P-Theater」「GyaO」、ともに見てみたのだが、コマ落ちしたり、カクカクすることなく(時間帯によっては動画が止まることもあるが)見ることができる。いやいやすごい時代になったものだ。

パナソニックモバイルが提供している「P-Theater」。GyaOでは長時間映画の配信も行っている。

もちろん「P-Theater」や「GyaO」以外にもWMV形式の動画を配信しているサイトの動画を見ることが可能。ただ、問題もある。WMV形式で配信されているサイトはけっこうInternetExplorerと一緒に使わないと見られないっていうサイトも多いのである。たとえばMSNビデオ。こちらはInternetExplorerで見ないと見ることができないので、この端末ではムービーを見ることができなかった。もちろん現在大人気の「YouTube」もWMV形式の動画ではないので見ることはできなかった(YouTubeはflash形式)。

MSNビデオにアクセスすると、このような表示が出てビデオを見ることはできない。

このP903iXは、サイトで見られるストリーミングタイプのムービーだけでなくダウンロードタイプのムービーも見ることができる。…ということは、こちらで作成したムービーも見ることができるってこと。さっそくパソコンで録画したテレビをWMV形式に変換してmicroSDカードに保存して見てみた。ばっちりである。WMV形式に変換しないといけないという面倒臭さはあるものの、ケータイにムービーを保存して持ち歩けるっていうのはけっこう便利。

ただし、MPEG-4形式(FOMAで再生できるMPEG-4形式に限る)ならこれまでのFOMAでもムービーを見ることができたので、パソコンで動画をケータイ向けに変換するっていうような技量のあるユーザーにとってはそれほどのメリットではないのかもしれないが…。

microSDカードにWMV形式のムービーを保存しておく際に気をつけることは、決まったフォルダ内しかP903iXから見つけることができないということ。[PRIVATE] - [DOCOMO] フォルダ内に「MOVIE」フォルダを作成し、その中に保存しなければいけない。取扱説明書には「MOVIE」というフォルダ内にさらに「MVUD□□□」(□□□は001〜999の3桁の半角数字)というフォルダを作成してその中に…と書いてあったが、「MOVIE」というフォルダ内なら大丈夫なようだ。また、ムービーのファイル名も「MOVIE□□□.WMV」(□□□は001〜999の3桁の半角数字、拡張子はWMV以外にWMA、WVX、WAX、ASF、ASXなど形式によって違っても可)ということであったが、適当な名前でも認識されるようであった(拡張子は適当では不可)。

次のページでは、P903iXが対応している高速通信"HSDPA"について紹介していこう。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】驚異的な薄さ!折りたたみ型で11.4mmのスリムケータイ「N703iμ」

「N703iμ」は、折りたたみ型で11.4mmの薄さを実現したNEC製のFOMA端末。11.4mmという驚きの薄さに1メガピクセルの高性能カメラ、microSDカードスロットを搭載している。液晶画面は、照度センサーの搭載により、周囲の明るさに合わせて…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】ステンレスボディで薄さ11.4mm!薄型ケータイ「P703iμ」

「P703iμ」は、折り畳み時11.4mmの薄さを実現した松下電器製のFOMA端末。ボディに、ステンレス素材や基板を樹脂で固めて強度を上げる新工法を採用することで、薄さと強度の両立を実現している。「P703iμ」は、薄型形状ながら、エンター…