【デジカメ調査室】1,020万画素になった超お得デジ一眼!性能アップした小型・軽量のエントリーモデルD40Xレビュー


ニコンは、一眼レフデジカメのエントリーモデルに1,020万画素のCCDを搭載する「D40X」を投入した。実売価格は、本体のみが80,000円前後、ダブルズームキットが120,000円前後(写真はダブルズームキット)。
小型・軽量で初心者にも使いやすいD40の上位機の位置づけとなり、CCD画素数が610万画素から1,020万画素に上がった以外の基本仕様は、ほぼ共通となっている。
写真:1,020万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D40X」

■外観・操作性はD40と共通

ボディの外観は、D40と共通だ。サイズも、約126(横)×94(縦)×64(奥)mmと、同様にコンパクト。重量は495gで、D40の475gよりも20gだけ増している。
ボタンの配置、被写体に応じて切り替えるモードダイヤルの設定内容も共通だ。背面には、広視野角の2.5型液晶モニタを搭載し、各種設定はすべてこの液晶モニタを見ながら行う。モードなどを表示する表示パネルは、搭載していない。
機能を絞り込んだシンプルな操作系が特徴で、設定の確認時には液晶モニタの表示が必要となるため、一眼レフカメラを使い込んだユーザーにとっては不便さを感じる場面もありそうだ。

ほこり対策として、ローパスフィルターは帯電防止設計になっているほか、CCDとの距離を充分にとり、ゴミの写り込みを軽減している。オートフォーカスは、モーター内蔵のAF-S、AF-Iレンズ装着時のみ使用可能。
液晶モニタには、モードや設定内容などがわかりやすく表示される。画面のデザインは「クラシック」「グラフィック」「壁紙」から好みで選択できる。
モードダイヤルの内容は、D40と同様。「こどもスナップ」など、家庭用途に向けて特徴的なモードが用意されている。
写真:ほこり対策として、ローパスフィルターは帯電防止設計になっている
写真:液晶モニタには、モードや設定内容などがわかりやすく表示される
写真:「こどもスナップ」など、家庭用途に向けて特徴的なモードが用意されている

■約0.18秒の高速起動など快適な操作性

起動時間は約0.18秒と高速。1/4000秒のシャッタースピードなど高速な動作により、操作性は快適で、シャッターチャンスを逃さない。連続撮影は約3コマ/秒となり、D40の約2.5コマ/秒から向上している。
D40との基本性能の違いには、以下のようなものがある。

表1.D40XとD40との基本性能の違い
機種名D40D40X
画素数610万1020万
連続撮影約2.5コマ/秒約3コマ/秒
ISO200〜1600100〜1600
シンクロ(フラッシュ)1/500秒以下1/200秒以下
重量475g495g


■撮影例

●桜
写真:桜 1/250 F8 ISO100

●花壇
1020万画素の高精細で、細かい枝や小さい花まで再現される。
写真:花壇 1/320 F8 ISO100
写真:花壇 1/250 F8 ISO100

●人物
「こどもスナップ」モードでやや逆光気味で撮影しているが、内蔵フラッシュと自動調光の機能により、自然な質感で撮影できている。
写真:人物 1/125 F4.2 ISO250

●夜景
ISOを1600に固定して撮影。高感度の設定にしても、ノイズは軽減されている。
写真:夜景 1/13 F5.6 ISO1600

●小物
「クローズアップ」モードで撮影。細部まで再現性が高い。
写真:小物 1/20 F5.6 ISO400

●ビル
ダブルズームキットのAF-S DX VR ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G(IF)を使用して撮影。カメラを手持ちし、約1km離れたビルを撮影しているが、VRの機能により手ぶれが軽減されている。
写真:ビル 1/1250 F5.6 ISO200

■D40XとD40選択のポイントは?

本体価格は8万円前後とお手頃、小型・軽量で簡略化された操作もエントリーモデルとして最適の一台であることは、D40と同様だ。
今後、D40も継続して販売されることから、同一メーカー内ならこの2台の選択で迷うところだ。D40本体の実売価格は55,000円前後。価格と画素数を天秤にかけた選択になるだろう。

スナップ写真を撮るのであれば、610万画素のD40でもまったく不都合はない。けれども、現在ではコンパクトデジカメも1,000万画素を搭載する時代となり、将来的に画素数の不足が不満になるかもしれない。予算に余裕があって、少しでも長く使いたいなら、2万5,000円の価格差を乗り越えてD40Xを選択してはいかがだろう。

■これもオススメ!デジカメニュース
小型・軽量で1,020万画素のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D40X」フォトレポート
極上の色再現性!RGB3層構造1,406万画素搭載 撮るためのカメラ"シグマ SD14"レビュー
デジカメだって小粋に使いたい!生まれ変わった斬新タテ型"ボディ"の「PowerShot TX1」
超高倍率ズーム搭載!遠くの被写体もバッチリ撮影「CAMEDIA SP-550UZ」
地球をまるごと撮る!アウトドア派デジカメ「Optio W30」

D40X
ニコン

編集部:池田利夫(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【デジカメ調査室】買うならどっち?初めてのデジタル一眼

昨年9月に発売されたCanonのEOS Kiss Digital Xと、同年12月に発売されたNikonのD40と、現在人気の2台のエントリーモデルを比較してみた。キヤノンのEOS Kiss Digital Xは、デジタル一眼レフブームの火付け役になったEOS Kiss Digital…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…