【アキバ物欲】 Vistaを快適に!メモリー不足はレディブースト対応メモリーで解決


マイクロソフトが満を持した次世代OS「Windows Vista」(以下、Vista)の発売から3ヶ月が経ち、Vista環境の導入も一段落したユーザーも多いだろう。

パソコンの快適な動作には、メモリーが重要となる。メモリーを増やすことが一番効果的なわけだが、大容量のメモリーは高価だ。また、手頃な価格なメモリーを複数増設したくても、メモリースロット数が限られた機種の場合は、そう都合よく割安なメモリーだけで増設できないケースも多い。特にノートパソコンの場合には、デスクトップパソコンよりも問題は深刻だ。"本体に増設可能なメモリーは専用モジュールで、最大512Mバイトまで"などというように、メモリー増設の上限が極端に低い機種もある。

これまでのWindows XPだと、ここであきらめるしか無かったが、Vistaでは、内蔵メモリーのかわりに外部メモリーで補う「Windows ReadyBoost」(以下、レディーブースト)と呼ばれる機能で改善することができのだ。

レディ ブーストは、内蔵メモリーのキャッシュの一部を外部メモリーに置くことで、パソコンのパフォーマンスを向上させる便利な機能。同機能を利用できる外部メモリーとしては、高速タイプのUSBフラッシュメモリーやExpansionスロット対応メモリーがある。

そこで今回は、Vista時代のお助けメモリーともいえるレディーブースト対応メモリーを調べてみた。

●オススメはこれだ - クレバリーインターネット館
スタッフが一押しのメモリーは、Trancend 1Gバイト USBフラッシュメモリー「TS1GJF160」だ。実売価格は2,068円(税込み)と購入しやすい価格だが、パソコンユーザーにも名前を知られたメモリーメーカーであり、信頼性が高く、安心してオススメできるそうだ。永久保証付き。
写真:Trancend 1Gバイト USBフラッシュメモリー「TS1GJF160」2,068円(税込み)

メモリー購入のツボは1:1
レディブーストは、USBフラッシュメモリーなどの高速な外部メモリーに最小230Mバイト〜最大4Gバイトまでのメモリー容量を割り当てられる。どれぐらいのメモリー容量をレディブーストに割り当てればよいのか? スタッフによると、パソコンの内蔵メモリーとUSBフラッシュメモリーの比率は、推奨値が1:1で、最高のパフォーマンスを実現するには1;3に設定すればよいそうだ。

たとえば、1Gバイトの内蔵メモリーを搭載したパソコンであれば、4GバイトのUSBフラッシュメモリーを購入して、3Gバイトをレディブーストに割り当てると、最高のパフォーマンスを引き出せるということになる。
写真:安価で信頼性が高いUSBフラッシュメモリー「TS1GJF160」を手に持つ、クレバリー 羽成 氏

●オススメはこれだ - パソコンハウス東映
スタッフが一押しのメモリーは、ADATA 2Gバイト USBフラッシュメモリー「PD7-2GB(200X)」だ。取材時で最高速の200倍速※のUSBフラッシュメモリーで、高速メモリーとしては安価である点がオススメの理由だ。アルミボディのオシャレなデザインで、6ヶ月の店頭保証に加え、一生涯のメーカー保証が付いている。
※読み込み速度
写真:ADATA 2Gバイト USBフラッシュメモリー「PD7-2GB(200X)」3,780円(税込み)

古いノートパソコンでは効果絶大!
ノートパソコンは、デスクトップパソコンに比べて携帯性に優れている反面、拡張性に乏しい機種が多い。特に、古いノートパソコンは、本体に増設できるメモリー容量が最大で1Gバイト未満の製品も存在する。そういった機種でVistaを使う場合には、レディブーストを使用することで、体感速度に劇的な違いが生じるという。レディーブーストは、キャッシュ技術であるので、日々の作業で起動するアプリケーションが同じ人であれば、パフォーマンスが格段に向上するそうだ。
写真:ADATA 2Gバイト USBフラッシュメモリー「PD7-2GB(200X)」を手に持つ、パソコンハウス東映 中村 氏

■速度よりも大容量 - レディーブーストはUSBフラッシュメモリー

USBフラッシュメモリーは、高速であることに越したことはないが、よほど過酷な作業をしなければ体感できないレベルなので、速度よりもメモリー容量を重視した方がよいという。メモリー容量が大きければ、レディブーストに使用しないメモリー領域を、今までのUSBフラッシュメモリーと同じように、ファイルやデータを記録する記憶領域としても使用できる。

USBフラッシュメモリー以外の外部メモリーでも、高速タイプであれば、レディブーストの機能を使用できる。ただ、現状では、USBフラッシュメモリーでレディブーストを利用する方法がベストだ。SDメモリーカードやCFメモリーカードをレディブーストで使うためには、メモリーカードが高速タイプで、別途高速なUSB接続のカードリーダーを用意する必要がある。また、Expansionスロット対応メモリーは、USBフラッシュメモリーに比べ、まだ高価で8Gバイトモデルが約3万5,000円。同じ容量のUSBフラッシュメモリーであれば、最速の200倍速タイプでも、1万2,000円で入手できる。

レディーブースト対応のUSBフラッシュメモリーは、非対応のメモリーに比べて若干高価だが、両者の価格差は数百円程度。Vista搭載のパソコンをまだ所有していない人でも、これからUSBフラッシュメモリーを購入するのであれば、レディブースト対応のUSBメモリーを購入しておいた方がよいだろう。

以上のように、「高速よりも大容量」「USBフラッシュメモリー」が、レディブースト対応メモリーを購入するポイントとなりそうだ。

●そのほかの注目商品
商品名:東芝 1バイトUSBフラッシュメモリー「U2H-001G」
価格:1,974円(税込み)
特徴:高い信頼性を持つ東芝製のUSBフラッシュメモリー。パソコンに情報を残さないで個人情報を持ち運べる「U3プラットフォーム」に対応。海外パッケージだが、1ヶ月の保証付き。
写真:東芝 1バイトUSBフラッシュメモリー「U2H-001G」1,974円(税込み)

商品名:アイ・オー・データ機器 2GバイトUSBフラッシュメモリー「TB-BH2G/K」
価格:7,873円(税込み)
特徴:高速タイプのUSBメモリーで、書き込み/読み込み時間が従来製品の約半分。ダウンロードで提供されるファイル暗号化ソフト「QuickSecure」対応により、外部への情報漏洩を未然に防げる。
写真:アイ・オー・データ機器 2GバイトUSBフラッシュメモリー「TB-BH2G/K」

商品名:Trancend 4Gバイト USBフラッシュメモリー「TS4GJF160」
価格:6,981円(税込み)
特徴:パソコンをロックする鍵に設定できる「PCロック機能」や、圧縮&AES暗号化ファイルとして保存できる「シークレットZip機能」、登録アカウントを持つWebサイトに自動でログインできる「自動ログイン機能」を備える。永久保証付き。
写真:Trancend 4Gバイト USBフラッシュメモリー「TS4GJF160」

■こちらもオススメ!Vista関連ニュース
Vistaを快適に動かそう!レディブースト対応メモリー フォトレポート
【特集:これがVistaだ】Step 2:USBメモリーでパソコンを高速化 - レディ ブースト
ワンセグも楽しめるWindows Vista搭載のコンパクトなタブレットPC「LOOX P70U/V」レビュー
物欲上昇!アキバ情報 - 驚愕のカスタマイズ!ショップブランド Vista搭載ノートPC特集 -
物欲上昇!アキバ情報 - パソコンの高速化からテレビ化まで!Vista対応周辺機器特集 -

クレバリー
パソコンハウス東映

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows …

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…