【デジカメ調査室】光学3倍ズーム搭載で乾電池駆動のコンパクトデジカメ「LS75」


「LS75」は、720万画素CCDと「トリプルブレ補正」を搭載し、乾電池駆動のコンパクトデジタルカメラ。2月9日より発売を開始し、カラーバリエーションはシルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、2万5,000円前後の見込み。

「LS75」は、720万画素CCDとF2.8 LUMIX DC バリオレンズを搭載しながらも、パナソニック独自の非球面レンズ技術により、持ち運びしやすい軽量コンパクトボディを実現している。

画質劣化のない最大4.5倍※のEX光学ズーム(EZ)を搭載し、デジタルズームと合わせて最大18倍の望遠撮影が可能。これまで光学3倍ズームでは撮れなかった子供のしぐさ、表情などをアップでとらえたり、身近な風景を新しい視点でとらえるなど、また望遠を活かした背景のキレイなボケ味の表現など、一般的な光学3倍ズームのカメラでは味わえない撮影ができる。
※3M (300万画素) 以下の時。

背面の液晶モニターには、コンパクトデジタルカメラとしては大きめの2.5型で、撮影時のフレーミングやメニュー操作、撮影した写真を画面で確認できる。さらに、頭上にカメラを構えたハイアングル撮影時にも、画面を見やすくするハイアングルモードを搭載している。

乾電池は、単3形オキシライド乾電池、単3形アルカリ乾電池、および単3形ニッケル水素電池に対応。電池寿命は、付属オキシライド乾電池で約250枚、別売のニッケル水素電池「HHR-3XPS」で約460枚(CIPA規格)。記憶メディアは、約27Mバイトの内蔵メモリーに加え、 市販のSDHCメモリーカードやSDメモリーカード、マルチメディアカード(静止画のみ対応)を使用できる。

本体サイズは、幅93.7×高さ62.0×奥行き29.7mm(突起部を除く)、重さは、約184g(メモリーカード、電池含む)。

デジタルカメラ「LUMIX」
松下電器産業株式会社

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…