【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」


「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。

価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラーバリエーションは、クールで知的な輝きを放つシルバー(S)、アルマイトの輝きを最大限に引き出した情熱的なレッド(R)、上質な大人の落ち着きをもったブラック(K)の3色。

「WX320K」は、リアパネルにアルミ素材を採用することで、メタル特有のクールな質感と上質感あふれるリアルメタルフェイスのデザインを採用している。「ウィルコム定額プラン」で通話やメールを中心に利用でき、あらゆる年代をターゲットとし、電波の状態に応じて、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したことが大きな特長となる。

「W-OAM」対応エリア内では、屋内や高層ビルの間など電波が届きにくいエリアでも電波の到達度がアップするため、より安定した通話が可能となる上、従来機種に比べて最大約1.6倍のデータ通信速度となる204Kbpsを実現。高速データ通信によって、情報量が多いサイトでもストレスなく、快適に閲覧することができる。

アプリケーションは、パソコン向けサイトを閲覧できるOperaブラウザを従来機種より引き続いて搭載している。また、RSSリーダーに対応し、ニュースサイトやブログの新着情報を自動的収集して確認できる。

カメラ部は、有効画素数約130万画素の高画質カメラを搭載。最大でSXGAサイズの美しい静止画を撮影できるほか、マクロ撮影やデジタルズーム撮影などのカメラ機能も充実している。

本体サイズは、幅49×高さ98×奥行き21mm、重さは、約105g。バッテリー駆動時間は、連続待受時間が約450時間、連続通話時間が約5時間の長時間駆動を実現している。

ウィルコム

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…